子供と英語絵本のある暮らし

英語絵本がいっぱいの子供英語教室 Kashiwagi English Roomから~

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

なぜ絵本を読んであげるのか? 

 

私は実を言うと、絵本の読み方に関して、きちんとカリキュラムに沿った指導を受けたことはありません。
お教室で絵本を読み始めて5年。子どもの反応や目の輝きを頼りにやってきました。
小学校での読み聞かせボランティア(こちらは日本語)は、2年目を迎えたところです。

きちんと読み聞かせのやり方を学びたいなと、思っていたところ、お隣の小学校のPTAの方が、友人を通じて
「私で良ければ、今まで学んできた読み聞かせについてのいろいろについて、お伝えしましょうか」
とお申し出くださいました。
私は「お願いしますっっっ」と飛びつきました。

学校や塾や英語教室の先生ではなく、普通のお母さんでいらっしゃるその方が開いてくださった、小さな「よみきかせ講座」。
どれほど心地よく、充実した時間だったことでしょう!
畳の上に広げられた、たくさんの絵本、絵本、絵本。我が家でお馴染みの本も多かったですが、どれも「教育的」であるというより、心をどきゅん!と射抜かれるような素敵な本ばかりでした。もうそれだけで、ワクワク♪
(良書であっても)読み聞かせに向かない絵本。
読みの「間」の必要性と、取り方。
いろんなことを教えてくださいました。
お話はすとん、すとん、すとん、と私の中に入ってきました。

一番心に残っていたお話は、これです。
なぜ読み聞かせをするか、という問の答え。

「国語力向上、情操教育のため、賢い子に育てるためではないんです。
子どもに幸せな時間を作ってあげるため、なんです。」

私は「子ども達に本を」と思いながらも、ずっと前者たち―つまり国語力向上、情操教育云々が、子どもの読書の目的だといわれることになぜか違和感を抱いていましたから、「!」。
とてもすっきりしました。

素敵な講座をありがとうございました。
この場を借りて、その方にお礼を申し上げたいと思います。

で、反対のお話をします。

パピーは、小さい頃から私と一緒に本をいっぱい読んでいるけど、
7歳の今、
国語の成績が、特別よくはありません。(算数もよくはありません。)
漢字や難しい言葉を、とてもよく知っているわけでもありません。
残念ながら先生の言うことを、ぐんぐん吸い込む子でもありません。
理解度が高いとは、お世辞にも言えません。
特別落ち着きのある子でもありません。適当にやんちゃ。普通です。
本さえあればおとなしい、という子でもありません。図書館に行ったら、本を開くより図書館前の公園で遊ぶ方が好きです。
もっと言えば。
頭の回転の速さや集中力は、ゲームをたくさんやっている子に敵わない。
新しい言葉や知識は、テレビをたくさん観ている子の方が多いでしょう。

もし、絵本をいっぱい読むことで優秀な子にしようと期待していたら、
こんな例を示してがっかりされるでしょうか? ごめんなさい。

それでも
――子どもさんに、本を読んであげて下さいますか?

それでも
読んであげて欲しい。

のです。
ゲームやテレビの時間を削ってでも。

昨日の夜は、偶々借りていた「もりのなか」を一緒に読みました。
「読んであげるなら2歳から」の但し書きがついている、本当に小さい子向けの本です。
動物達と一緒にお茶のテーブルを囲む少年を、パピーはとても羨ましがりました。
最後の場面では、動物達がふと消えてしまって森の中、パパと二人になる。
私は、ちょっぴり寂しい気がしたけれど、パピーは「また会えるかなあ」と優しい顔をしていました。
白黒の地味な挿絵なのに、パピーの中では生き生きと色鮮やかに映ったようです。
彼の瞳がそれを物語っていました。

7歳なら、もう少し文字の多い児童書を一人で読んで欲しい、と思われるでしょうか。でも「幸せな時間」を作るのが目的だったら、「文字の多い児童書を一人で」読ませる必要はありませんよね。
うちでは、寺村輝夫さんの「わかったさん」や「こまったさん」シリーズ、「かいぞくポケット」シリーズなども読みますが、やっぱり「読んで」は変わりません。
文字を追うのに疲れて、本の世界を楽しめないよりは、読んであげるほうがずっといいと思います。

「子どもに幸せな時間を作ってあげるため。」
に、子どもと一緒に本を開くのだと、あらためて思いました。
そして、本をいう友達を、彼の人生の中に持たせてあげたいと思います。

前にも私、こんな記事を書いていました。
子どもにとって本当に幸せな時間ってどんな時間か、もう一度考えてみませんか…?
息子がまだ7歳であることを忘れて完璧を求め、叱り、子どもに悲しい思いをさせては、深く反省する。
そんなことを繰り返している、情けない私からの、提案です。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: こどもと絵本

tb: --   cm: 4

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。