子供と英語絵本のある暮らし

英語絵本がいっぱいの子供英語教室 Kashiwagi English Roomから~

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

ホームステイ 

 

22歳のとき、初めての海外旅行をしました。1ヶ月のニュージーランド。
英語なんて、まったくままならなかった頃。
最初の1週間は、牧場経営をする家庭にお世話になりました。
牛の乳搾りをし、馬に乗り、羊の毛刈りをし、大家族のためのキッチンの手伝いをしてお料理を習い、ピクニックやら海水浴やらに連れて行ってもらい・・・ウルルン滞在記のようでした。
ホストファミリーはとても優しい若い夫婦で、「なんで言葉の不自由なこんなビンボー学生を、家族として受け容れることができるんだろう」と不思議にすら思っていました。

20代後半、アメリカで1年過ごしましたが、それもずっとホームステイでした。
最初の3ヶ月は仕事をしていた小学校の校長先生宅に、その後はPTAから「日本人教師受け入れ」のオファーのあった全ての家族のお宅を転々としました。
2泊ほどのお宅もあれば、4ヶ月のお宅もあり、合計10家族にお世話になりました。
どこの家庭のことを思い起こしても、温かく迎えてくれた笑顔が浮かんできます。

実は新婚旅行も、ニュージーランドの牧場でした。
到着した夜、ホストの老夫婦は「私たち今からちょっと結婚式に行って来るから、好きにしていてね」と、笑顔で家に私たちを置き去りにしていきました。
私たちが悪いやつだったらどうするんだ、何か盗まれるぞ、と心配しました。
翌日から夫は、シープドッグと一緒にトラックの背に乗り、羊を追っかけたり、干草を束ねるのを手伝ったりしていました。
(手伝わされるのではないですよ!やりたい、と言ってさせてもらうだけ)

市民派遣団としてカナダの一都市を訪れたことがあります。
そのとき私をホストしてくれたのはアパートで一人暮らしをしているおばあさんでした。
帰国後まもなく、赤ちゃんが出来た事を知らせると、真っ白のちいちゃな手編みのソックスとおくるみを送ってくれました。まもなく、おばあさんは天国へ行ってしまいました。

ここまで書いて、私は何回「お世話になった」と記したのでしょう?
そう、本当にどこへ行っても、いろんな人のお世話になっているのです。
その恩は、その方へ直接返すことが出来ないくらい大きい。

だから私はずっと、自分自身がホストファミリーをして、その滞在者を温かく迎えることで、今までであった人達に恩を返そう、と思っていたのです。
それが実現したのが、この夏の「ジェフくんのホストファミリーをする」という経験でした。

ホストファミリーになる条件は、「家族全員が留学生を迎えることに賛成してくれること」だけです。そういう意味で、ホストファミリーをするという夢を叶えてくれたのは、私の家族でした。
どうもありがとう。

で、皆さんもホストファミリー、やってみませんか?

正直、ホームステイは、ステイさせてもらう側もホストする側も楽しいことばかりではなく、いろんな意味でたいへんです。気楽に「そうね。やってみよっと」とお答えいただけるものではありませんが、得るものがどれだけ大きいか、それはおいおいお話していこうと思います。
私が受け入れをしたプログラムはこちら、AFSです。興味のある方は是非。
スポンサーサイト

category: 英語講師として思うこと

tb: --   cm: 0

△top

アウトプットがなくても 

 

息子はとても英語のアウトプットが少ない。
でも、それが彼の中に溜め込んでいる英語の量とは比例しないんではないかと思っている。
親ばかだろうか?

昨日、クルマで黙々と一人遊びをしていた。
その日は私の気まぐれで、キャロリン・グレアムのChildren's Jazz Chants Old and NewというCDがかかっていた。
歌詞の絵本も持っていないし、歌詞をしっかり教えたことも無いCD。今まで数えるほどしか聞いていない。

寝転がってクルマを動かしながら、一人ぼそっとつぶやいた。
「ぼく、ひじついてないもん。」
ひじ? 肘??? elbowのひじ?

そして私はBGMに気がついた。キャロリンの"The Elbows Song"だ。

♪Take your elbows
♪Off the table
♪If you're hungry
♪Ask for more

「お行儀」の歌だった。 Take your elbows off the tableという文の意味を理解していたのだ。
食事時、「肘はテーブルについちゃだめー」と時々叱られる。
そこまで連想して、いきなり言い訳が口に出たのだろうか。

「英語に対する反応」が垣間見られたようで、
ちょっと嬉しかった母でした。

category: 息子のこと(英語編)

tb: --   cm: 0

△top

ぬっただっく 

 

「ぼくのぬっただっくは?」と息子が聞いてきた。
ぬっただっく????
「そう!ぐるぐるってしたぬっただっく!」と言いながら、
右手を石臼をひくみたいにぐるぐる回す。
ますます分からない。
「Orange(英語の発音だった)のぐるぐるのぬっ・た・だっ・く!」
ぬっただっく・・・何語?
「ぼくの・・・ぬっただっく・・・」
私にわかってもらえず半べそをかきはじめた。

やっとわかった。
訳すと
「ぼくがオレンジのクレヨンでぐるぐる色を塗ったDuckの絵はどこですか?」
だった。
そういえば、今朝必死の顔してアヒルの塗り絵をしていた。

ぬっただっく=塗ったDuck
そうだったのかー。

category: 息子のこと(iroiro)

tb: --   cm: 0

△top

友達の本も楽しい! 

 

お教室で絵本を発表したら、各自の「絵本リスト」にシールをあげます。
シールには4種類あって、
?発表したらとりあえずもらえるシール
?おうちでよく読んできたなと思われる本にもらえるシール
?完全に暗誦した本(CDをつけずに読める)にもらえるシール
?リストに載っている本(5,6冊)すべてに?のシールが揃ったらもらえる特大シール
というルールになっています。

?のシールは無理して集める必要はありません。

これらのシールは、厳密に進捗度を管理するものではなく、子ども達のモチベーションを高めるための一つの道具です。
おうちで開きもしていない絵本をとりあえずお教室で開いて、どんどんシールを稼ごうとしたら、?のシールをストップして「もうちょっと頑張って読んでおいで」と声をかけます。
どうもここのところ絵本に興味がわかなくて、停滞気味、というときはさらっと?のシールをあげて、どんどん新しい絵本に目を向けさせるようにします。
?のシールも、もごもごしていたり私の助けで何とか読んだような様子のときでも、本人が「読めた読めた♪」と気分よくしていれば簡単にあげちゃいます。
?や?のシールに関しては、絶対的な基準がないわけです。

このいい加減なシールのあげかたに、子ども達は全然文句を言いません。
たとえば「僕はダメなのに、○○くんは、そんな発表でもシールがもらえるの?」というようなほかの子と比較するようなことや、指摘すること言いません。
これには、感心します。

それどころか、逆の出来事が先週ありました。
2年生のクラスで、ひとりCTPのレベル?に挑戦している子がいました。
彼が発表したのはI Spy!のような「探し物ゲーム」の絵本で、みんな大いに盛り上がりました。
でもさすがにちょっと難しかったのか、完全に暗誦は出来なかったので、
「来週ももう一回おうちで読んでくる??のシールは来週にしようか?」と彼に言うと、
素直にうなずいて「今度は頑張って読んでくる」と言いました。
そしたら他の子ども達が
「おもしろい本見せてくれたから、○○(発表した子)に?のシールのかわりに?のシールあげてね」と言うのです。

全員が2年生の男の子、という腕白クラス。
ときどき喧嘩もするけれど、こんなふうにお互いを認め合う関係が築けているんだ、と、
小さな感動を味わいました。

と同時に、各自バラバラの好きな本を選んでお互いを刺激しあう、
この私の目論見がちゃんと生きていることを、嬉しく思いました。

category: お教室日記

tb: --   cm: 0

△top

ジーノに乗ってどこ行こう? 

 

もう1年ほど前のことだろうか。パピー、3歳前だった。
CTPのOn the Goという絵本が彼のマイブームだった。

A bus takes me to school.
A car takes me to the market.
・・・

こうして、「何の乗り物に乗ってどこへ行く。」という文がスウィングのリズムに乗って続く。
飛行機でおじいちゃんのところへ行き、
最後は、歩いておじいちゃんとアイスクリームショップへ。
というオチ。

この本を彼なりに理解しているんだ!
と気づいたのは、私の新車に乗せたときだった。
"Gino takes me to the hospital."
とチャイルドシートでつぶやいたのだ。
「ジーノで今から病院に行くんだね。」と言いたかったのだ。

「ジーノに乗って病院へ行く。」これを英語に直そうとすると、
I go to the hospital・・・まず、こんな文が出てこないだろうか?
私はそうだ。いや、頭の中で「乗り物を主語にした方がカッコいい表現だな。動詞はtakeを使って・・・」を高速で考え、わざと口にしたりする。
結局、わざと、なのだ。
息子の中に蓄積されている、ナチュラルな英語、
そして、絵本の力を再認識した出来事だった。

category: 息子のこと(英語編)

tb: --   cm: 0

△top

息子のニックネーム 

 

私は本名を公表しているけれど、とりあえず息子のは黙っておいてやろう、
と、ニックネームをつけることにした。

子犬のようにうるさいので、「パピー」です。
どうぞよろしくお願いします。

category: 息子のこと(iroiro)

tb: --   cm: 0

△top

5分間レッスン―昨日の続き 

 

ペースの速い子のために、5分間レッスンを思いついた。
それから、5分という時間で子ども達と一対一で向き合えたら、どんなことができるだろう?と思った。

発表会前(うちのお教室ではクリスマスに生徒全員親御さんもみんな集まって発表会をする。メインは子ども達一人ずつによる、絵本の暗誦)、なかなか自分の読みに自信が出来ないとき、個人レッスンで指導してあげられる。
最近英語絵本飽きちゃったーと言う子には、おしゃべりがてら目新しい本を紹介したり出来る。
どうにも英語に向かうのが辛いときは、とりあえずお教室に足を運ぶだけでもいいよ、と言ってあげたいし、子どもの話も聞いてあげたい。
私自身に不満のある子もいるかもしれない。それも聞いてあげよう。

そう思うと、この5分レッスンはとても素敵な時間のような気がしてきた。
一対一の時間が少しでも欲しいのは、実は私かもしれない。

かと言って、個人面談のようになると、またイヤかもしれないから、あくまで、お母さんから依頼のあった子だけ、ということにしよう。

―なんて、いろいろ自分ひとりで考えて盛り上がってしまったけど、
皆さんが、自由にその5分間の使い道を考えて、
私に子どもさんをその時間預けてくだされば、嬉しいなと思う。

category: お教室日記

tb: --   cm: 0

△top

ペースの速い子 

 

週に1冊、ときには1冊の暗誦に数週間かける子もいるし、週に2,3冊暗誦してくる子もいる。
これは、難易度と関係してくるので、どちらがいいという訳ではない。
どんなペースでも良い、といつも思っていたし、そう皆さんにお伝えしているつもりだったけど、私自身が子ども達のペースを乱していることに気づいた。
「焦らなくていい」を強調しすぎて、どんどん先へ進みたい子の足かせを作っていたかもしれない。

ここのところ、お教室で発表してもらう絵本は、小学生以上のクラスだと一人1冊、というペースになっている。
そのペースで読んでいる子は良い。
それより遅いペースの子も、何週か同じ本を発表すれば良い。
問題は、もっと早いペースの子。
「ボク、今日はこれとこれとこれ、みんなの前で読んで、合格シールをもらおう!」と思って、お教室に来てくれているのに、「ごめんね。時間がないから、一人1冊しか読んでもらえないわ。」ということになってしまう。
レッスンで聞いてもらいたい、という気持ちは子ども達皆同じだから、限られたレッスン内の発表時間は平等にしてあげないといけない。
せっかく用意していたのに発表できなかった本を持ち帰った子は、来週、再来週へ持ち越す。どんどん滞ってしまう。新しい本へ進む気も萎えてしまう。
とにかく、読めている本は次から次へと合格にしてあげなければ。
うーん。どうしたもんかな。

それでちょっと考えて、「5分間個人レッスン」の時間を設けることにした。
ご要望があれば「5分レッスン」を予約し、読める本をどんどん私に読み聞かせて合格シールをもらっていくのだ。
5分ほどであれば、追加レッスン料など気にならない。
読めている本にシールがもらえて、新たな気分でどんどん次の本に取組める。
―と、うまくいけばよいな、と思う。

それにしても、3年間で100冊を暗誦、という目標だったのに、それより遥かに速いスピードで進んでいる。
やっぱり、すごいぞ。子ども達。

category: お教室日記

tb: --   cm: 0

△top

絵本の読み聞かせに譜面台、お勧めです 

 

fumen.jpg絵本を子ども達に見せながら読んでいると、「見える・見えない」で揉めることはしょっちゅう。
「ここならOK?」と了解をとっても、私自身もじっとして読むわけではないから、また「みえなーい」を繰り返す。

それに絵本は固定されていないといけないな、と思ったのは、ORTのケヴィン先生のDVDを見たとき。
ケヴィン先生の読み聞かせは学ぶものがすごく多かったけど、読み聞かせのテクニック以前に、子ども達に気を使ってあげなくてはいけないことがたくさんあるのだと、あらためて感じた。「絵本をきちんと固定」もその一つ。絵本が動いては見難い。当たり前のことだったけど、今まであまり気づかなかった。

話は飛ぶが、私は、町の吹奏楽団でフルートを吹かせてもらっている。
(こんなところで公表するのは恥ずかしいくらいの、劣等生団員。それでもこんな私でもやっぱり必要だったので)先日、譜面台を購入した。3000円ぐらいだった。
で、電球ひらめいたんですね、絵本を固定するのにいいじゃない、と。
(吹奏楽やフルートの練習より出番は多い・・・)

読み聞かせをされる方、ちょっと便利ですよ、譜面台。
お勧めです。

category: お教室日記

tb: --   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。