子供と英語絵本のある暮らし

英語絵本がいっぱいの子供英語教室 Kashiwagi English Roomから~

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

パピーのこれまでの英語子育て~語りかけ 

 

ここを読んだ方から、
「私は留学していた時から子どもがうまれたら絶対にバイリンガルに育てたい!!と思っていました。だから妊娠が分かった時から・・・」というメールを頂きました。
ああー私もそうだったなあ、と懐かしく思い出しました。
妊娠中からいろんな本を読みましたが、「ヒロシ、君に英語とスペイン語をあげるよ」という本を読んですっかりその気に。ヒロシくんは、日本人の両親に日本で育てられたけれど、お父さんとは英語でお母さんとはスペイン語でずーっと生活し、トリリンガルの大人になりました、という本です。(いえ、もっと深いです。)
そのときの私のイメージとしては―
とにかく私は彼に英語しか話しかけないで幼少期は育てよう。幼稚園や小学校に行けば、日本語は間違いなく話せるだろうから、心配せずとりあえず日本語の読書はたくさんさせよう。
しかし一旦家に入れば、私とは常に英語で会話。能ある鷹は爪隠す、外へ出れば、彼が英語を話していることなど誰も知らない・・・ふふふ・・・。

この綿密な計画を夫に話したら、あっさり
「好きにしたら。」
そして、私の英語での育児が始まりました。ところが、TOEICを何点取ろうが、ビジネス英語をこなそうが、「よだれかけ」「おしゃぶり」なんて単語に出逢うことはなく、何も口からでてきません。
慌ててアルクの「起きてから寝るまで子育て表現550」を1冊丸覚えしました。これはとても楽しかったです。
「ずいぶん静かに寝てるわねえ。ちゃんと息してるの?」
「あれ?ここにあったボタンがない!やだ、まさか。飲み込んだ?」
「あ~、湯船におっことしそうで怖いわ~。(あ、落ちた)」
「タイヘン! 出生届、明日までに出さなきゃいけないんだ!」
ねー、私の使えそうなフレーズがたくさんある。
(本当に大慌てで、締切日ぎりぎりに出生届をだした私たち。つかいました、このフレーズ)
そんなこんなで、家の中では英語で通し、2歳ぐらいまでは8~9割英語だったと思います。

結局、息子は言葉がでるのがとても遅く、幼稚園に入るまで日本語も英語もあまり話しませんでした。
かと言って、英語であっても日本語であっても、こちらの言うことは理解していたので、心配はしていませんでした。
それから、母語より先に英語を入れ過ぎると日本語がおかしくなる、とか、そういう話も耳にしたけれど、脳関係の過多な情報に振り回されることに疲れていました。
何語でもいい、子どもとともに過ごす時間は、この先少なくなる一方なのだから、大事にして楽しまなくっちゃ、と。
息子からの発語は、英語でも日本語でもなんでも嬉しかった。

生活の8割が英語、というとすごい!と思われるかもしれませんが、赤ちゃんにかける言葉というのは、挨拶、「~しなさい」「だめよ」という指示文、褒め言葉など、本当に限られていました。さっきの1冊でほとんどカバーできるくらいなのです。
「こんなとき、何て言ったらいいの?」と思うことも多かったけど、ヘンリーおじさんがつきっきりで傍にいてくれるわけでなし、ほとんどはそのまま言葉を濁しただけでした。
私は、子どもが自分から英語を吸収することを、段々不安に思い始めました。

そうこうしている頃、
「(英語の話しかけによる英語環境について―)絵本100冊分の情報をすべて口頭で伝えようとしたら、かなり大変です。しかも、英語を母語としない日本人には、微妙な英語センスまでをきちんと伝えるのは荷が重いことでしょう」
(中村敦孔・著「赤ちゃんからの英語レッスン」より)
という文を読みました。私は本当に肩の荷が下りる思いがしたのです。この先の英語は、もう絵本に託そう、と。
歩き始めた頃からなかなか落ち着いてできなかった絵本の読み聞かせが、1年半ぐらい経ってようやく定着してきたので、私は「英語での会話」に執着しなくなりました。

で、今3歳10ヶ月のパピーは、スーパーキッズでもなく、バイリンガルでもありません。
赤ちゃん期の英語による話しかけは、彼にとって益だったのか悪だったのか?
私の結論「どっちでもない。たいした意味はなかった。」

息子の言葉のくだらない話をいろいろお届けしていますが、何語であれ、自分の思いを一生懸命伝えようとする、その姿をずっと応援したいと思います。
そして、子どもが言葉を吸収し、それを使おうとする力、本当に凄いな、と毎日感心するのです。

そんなパピーの日常から。

みかんが食べたいと言うので、差し出したら、
「ほんとうは、ボクねこぽんが食べたいなあ。」
ねこぽん?
「そう、おっぱいのついてるねこぽん。
セフィーロのgrandmaがかってくれたねこぽん。」
【訳】
セフィーロの車に乗っているおばあちゃん(彼は両方のじじばばを車種で区別する)が、お正月前に八百屋で買ってくれた、おっぱいのようなコブが出ている、みかんのような色と大きさの、『でこぽん』が食べたい。

幼稚園の帰り。
「きょうね、おじさんつくったよ。」
「おじさん?」
「そう、おじさんのお面」
電球 この時期ですからね、ぴんと来ました。おじさんのお面は作るはずがない。
「色は何色塗ったの?赤?青?」
「ぼくはピンクにぬったの」
ふーん・・・で、隣を歩いていた子にちょっと確認。
「今日、鬼さん作った?」
「うん。」
やっぱりねー。

常滑焼の、小さな小さなお雛様をかざりました。
「これ何?」
「おひなさま」
「あ~あ~あ~。セフィーロのgrandmaがちーんしてたね。ぼくもcandle・・・」
それは、ほとけさま!

相変わらずこんな調子です。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: 息子のこと(英語編)

tb: --   cm: 2

△top

英語教室体験レッスン―お金のトリックを学ぶ 

 

「子ども英語教室の体験レッスン受けてみませんか?ご自宅まで講師が出張します!」

―とある英語教室のセールスマンならぬ、セールスガール(?)が、先週飛び込みでやってきました。
私はセールスでも宗教でも、インターホンで追い返さず、時間があればしっかり話を聞き、家に上げてお茶までいれてしまったりします。それで、最後には平気で「いらない」というので、セールスマンにとっては、嫌なタイプかも。―ってこと、前も書いたことありましたっけ。

それはそうと、英語教室の体験レッスン、興味があるのは嘘じゃない。ホント、ホント。
うちで教室をやっていることなんてわざわざ言わず、お茶を出して話を聞いた挙句、ちゃっかり、出張レッスンの予約をしました。
このとき、お月謝を聞いたけれど、「教材費込みで10000円ちょっとぐらい、かなっ?」とニコニコ言ってました。

3日後、キレイ系お姉さん先生がたくさんの教材を抱えてやってきました。

体験レッスン、パピーは楽しそうでした。
カードリピーターで遊んだり、息子と先生と私の3人でお遊戯やったり(結構気恥ずかしかった)、カルタ取りをやったり。
実際のお教室でもこんな風に遊び、その他お絵かきをしたり、ハサミチョキチョキのクラフトをやったりしながら、英語に親しむのだ、と言ってました。
使う教材は、そのカード機とカード1100枚(某社の2倍ですよ!と自慢してました)、ワークブックやアクティビティブック、CDなどで、DVDやビデオはない、とのことでした。

お姉さん先生のファイルには、他社の家庭用セット英語教材のパンフレットや、金額の書いた一覧が入っていました。
どれも耳なじみのある(実は半分以上が、自宅で説明してもらったり、長時間の電話セールスを受けたりしていたものでした。それは隠さずお話しましたけど)教材の数々。
安いものでも40~50万。一番高いのは100万近くしましたっけ。もうびっくりしませんが。
「でもうちはキャラクターを使っていない分、30万に抑えられているんです。」
やっぱり、このお教室は30万の教材費が必要だったのね。

「でも家庭教材って、お母さんだけでは全部使いこなせないじゃないですか。それにせっかく英語やらせるなら、家で聞いてるだけじゃなくて、ネイティブの人と喋らせたいですよね」

次に取り出したるは、NOVA,AEON,ECC,ヤマハなどの有名どころ英語スクールのお月謝・入会金・教材費一覧。
お安いところでお月謝6000円ぐらい、高いところで20000円弱だったかな。でも、これは年齢があがると、必ずアップするんですよ。と言ってました。
「で、週に一回ではどうしても効果が見えないんですよ。それで・・・」

つまり家庭用教材を買ってしまった人も結局英語スクールへ、英語スクールに行っている人も家庭用教材を購入してしまう。
教材のローンと、スクールの月謝を合計すると、ほら、皆さん毎月英語にこんな金額をかけていらっしゃる。
その点うちは、家庭教材とレッスンが連動していて以下のようなお値段なんですよっていうウリだったのです。
30万の教材は、5年ローンにすると月々3000円弱。(ボーナスの負担は結構あったみたいだけど、あまり触れず。)それにお月謝8000円を足して、月々11000円で、完全な英語環境が作れる。5年後ローンがなくなったら、お月謝8000円だけで続けられる。これだけで中学3年までの英語がカバーされるんですから、お得な話でしょう!と。

そのあと、そのお教室に入られた生徒さんのアンケート用紙を何枚かみせてくれました。
先ほど出てきた有名教材や有名スクールからの乗りかえてこられた方がたくさんいました。

理にかなった話のようにキコエル、と思いました。
でもやっぱりこれは、お金のトリックです。
これまでに英語教育にたくさんのお金をつぎ込んできて、さほどの成果も見られず、でも今更後に引けず困っている人につけこんでいるように思えました。
私ははっきり言ってしまいました。

「私、まずローンは組みません。やるなら、30万のお教材は一括でお支払いします。
でもこの教材全部で、中学3年まで持つとはとても思えない。
(多分、中3の文法事項に則った例文のカードが数枚まじっているだけでしょう)
子どもの教育に30万を惜しむわけじゃないけど、30万の価値あるかなあ、って思う。」
払うつもりがないので、30万に対してイヤに強気な私。

あー、ホント意地悪な客かなあ?
でも、この日の体験レッスン代はちゃんと払ったんだから、いいよね。

「でも息子はとっても楽しかったみたい。わざわざご足労頂いたのに、ごめんなさい。
ありがとうございました~」
と息子と2人手を振って、にこやかに別れたのでした。
きれいなおねえさんと遊べて、嬉しかったパピー。
-- 続きを読む --

category: 英語講師として思うこと

tb: --   cm: 0

△top

究極の少人数グループレッスン 

 

来年度のクラススケジュールを考えていました。
今年中さん年少さん合わせて5人、というクラスがあるのですが、
全員合うスケジュールが作れず、二つに分けることを検討し始めました。

年少3人のクラスと、年中二人のクラスです。
3人はともかく、2人はあまりにも寂しいだろうか。と勿論考えました。
お友達の絵本を聞くのも、レッスンのうち。2人では刺激も少ないし、知らない絵本に出逢うことも少なくなってしまう・・・?

でも息子と一緒に夜、絵本を開いているときにふっと思いつきました。
ああ、こんな形でレッスンもいいんじゃないか、と。
普通は先生が前に出て、子ども達に向かって絵本を開くけれど、
親子の読み聞かせのように、私の両端に子どもを座らせて絵本を開く、なんてことが、
生徒が2人なら出来るじゃない? と。
そんな雰囲気が出来れば、きっと子ども達も私もリラックスできて、またいつもとは違った形で、絵本の英語を吸収してくれるんじゃないだろうか、と。

そう考え出すと、この「ふたり」という人数を活かした、レッスンのイメージが湧いてきました。
今、なんだかとても楽しみです。

category: お教室日記

tb: --   cm: 0

△top

Cat and Dog その3 

 

先日のクリスマス発表会で、Cat and Dog シリーズは2冊読まれました。
そのうちの1冊はCTP レベル?Social StudiesのGood Choices for Cat and Dogでした。
読んだのは、年中サンの男の子。
彼がこれを選んだ理由は、
"M-m-m-m! Yummy!"とか"Ah! Fresh water!"などの科白が、大好きだったからだそうです。
大好きなだけあって、実感こめてとっても上手に言えましたよ。
うん、そして可愛かった!

そういえば、Cat and Dogシリーズは感嘆詞がよく出てきます。
Wow!やAh! Cool! Hooray!などは勿論ですが、Yes!なんて言うのも、感嘆詞。
そういう言葉って、会話を勉強して身につけるものではないですよね。
絵本の中にでてくるCatと気持ちが同化している子ども達。
きっと、こういった感嘆詞も、自然と頭の中へ入っていることでしょう。

お勉強で身につけた私の例。たとえば、Cool。
「Cool=すてきな,すばらしい,いかす」と辞書で覚えた私には、この言葉、なかなか使えませんでした。
アメリカにいるとき、子ども達の目の前で日本語をさらさらと書いたら、
"Wow! Cool!" と目を丸くして言われ、そのとき初めて、ピンときました。
それから、「Yes=肯定するときに使う言葉」と思い込んでいました。
でも、ゲームで点をとって狂喜したとき、両手でこぶしを作って"Yeeeeees!"と叫ぶ子ども達を見て、ああ、そういうふうに使うんだ、と気づきました。
子ども達の気持ちがわかって初めて、その単語の意味が理解できたということです。
単語の意味を、辞書を引くのではなくこうやって身につけていくことを薦めているのが、
SSS多読三原則の一つ「辞書をひかない」なのだな、と、思いました。

それから、複雑な動詞の話。
"I want the most!"という一つの科白につく、said という動詞が、状況に伴い yelled, screamed, begged, demandedなどに変ります。
(「Lunch with Cat and Dog」より)

普通子どもに教える英語としては、容赦ない単語の数々。
だけど、「それ、欲しいな」と言うとき、
「きゃーっ、それちょーーーーだぁーーーいっ」
「おねがぁい、ねっ、く・だ・さ・い・なハート
「(偉そうに)えへん、私が、もらう。」
なんて、いろんなパターンで、おねだりするCat。
saidより、断然、どんぴしゃ!な表現です。
こんな、とっても微妙なニュアンスの違いも、絵を見りゃ分かるわけです。
demand=要求する、という単語の知識を積み重ねることより、
絵本の中でCatと同じ気持ちになれることの方が、ずっと大切だと思います。

ああー、「お惣菜売り場で焼き鳥をねだるパピー」のことを思い出しました。
彼もCat同様、焼き鳥ほしさに、screamし、begし、demandし・・・。
こないだ、ちょっと褒めてあげたいことがあったので、
ご褒美に、焼き鳥のねぎまを買ってあげました。
うちへ帰ってきて、晩御飯のときに一本。
食後、パピーのほっぺたには、真横に一本の筋が。
串のあとでした。

パピー、3歳10ヶ月。なんで、焼き鳥なんだ。
-- 続きを読む --

category: 英語の絵本

tb: --   cm: 0

△top

Cat and Dogの話 その2 

 

昨日に引き続き、Cat and Dogにまつわる話です。

昨年4月のある日。
ぴかぴかの1年生と、ぴかの2年生がクラスに混じっていました。
その日読んだのは、CTP Mathのレベル?"Lunch with Cat and Dog"でした。
みんな、表紙を見せただけでニヤリ。
そしてぴかぴか1年生が
「ぼく、知ってる。これっておもしろいんだよね。」
私「・・・(ただニコニコ。何がおもしろいんだか、わかっているのかな?)」
「ネコばっかり、いっぱい食べちゃうの。ずるいんだよね」

最初のページ。大きなピッツァがひとつ。
"A Pizza! I want the most!" said Cat.
"OK,"said Dog. "Two pieces for you and one piece for me."
"Yes!" said Cat.
あとは、いろんな美味しそうなものがどんどんでてきて、
欲張るCatに、その都度数多く分けてあげるDog・・・

こうやって聞くと、Dogって心が広そうに思われるでしょうが、
挿絵を見ると、Dogはどれでもまず二等分して、Catの分を二等分なり三等分なりしてあげているだけなのです。
つまり、Dogの分のone pieceはCatの two pieces分と同じ。
Catは自分の方がたくさんもらえた!と勘違いして満足しているけれど、実はきっちり平等にされている、というカラクリ。
この本のおもしろさはここなのですが・・・。

さっきの1年生、鋭い発言をした、と得意げな顔をしています。
そこで2年生が
「ええー?Dogの方が、ズルしてんじゃん。いっつもでっかい方取ってるだろ。」
1年「そんなことないよ。Catの方がいっぱいの数、もらってる。」
2年「Dogの方が多いんじゃないの。」
別の2年「ちゃんと見てよ。おんなじなんじゃない?」

そんな真剣な議論がしばし続く。
黙って聞いている私は、おかしくて涙が出そう。

1年生と2年生って、こんなに違うんだ、と思いました。
あの1年生の彼も、今ならDogの小細工に気づくかもしれません。

ところでパピーはおやつの時間、このOne piece for you, and two pieces for meの文句を
よく使います。
Two pieces for Mom and four pieces for me.と数を変えたり、
This one(小さいほう) is for Mom and this one(勿論大きいほう )is for me.
とまでバリエーションを変えて言えるので、使い方は分かっているようです。

そこで実験をしました。
ドラ焼きがひとつありました。パピーの目の前で
これを半分にして、うちひとつをまた半分にしました。
「どっちがほしい?」
こっち、と大きなドラ焼きを指差します。
「よく見て。こっちはひとつ。こっちはふたつ。どっちよ?」
「大きいのがいい!ぜったい大きいの!」
数を数える理性など失い、ただただ大きいのを欲しがるパピー。
彼に、このCat and Dogの面白さがわかるのは、いつ?
-- 続きを読む --

category: 英語の絵本

tb: --   cm: 0

△top

CAT AND DOGというキャラクター その1 

 

CTPのレベル?と?、CharacterBuilders、Reading for Fluency Readersというシリーズに、CAT AND DOGという二人組みのキャラクターの出てくる本が10冊以上あります。(私の知っている限りでは12冊かな)
私も、息子も、生徒達も、みんなが大好きなキャラクターです。

私が最初に読んだのは、Fun & Fantasyレベル?の"Cat and Dog"でした。

Cat took out the paints.(ネコ、箱にぐちゃぐちゃに突っ込んだ絵の具セットを取り出す。口に筆。)
Dog took out the paints,too.(イヌ、整然とした絵の具セット一式の箱を取り出す。)
Cat painted a sun.(ネコ、筆を振り回して、大胆なおひさまの絵をキャンパスに描く)
Dog painted a sun,too.(イヌ、形の綺麗な黄色いおひさまの絵をキャンパスに。)
・・・この繰り返しで最後の最後までぐちゃぐちゃなネコと、整然としたイヌ。
でも出来上がりは、どっちの絵も素敵だね。
そして二人は仲良し。(肩組んで)ちゃんちゃん♪

―てな具合です。
「おもしろいよ」と夫に見せたら、
「このネコ、由里子そっくりー。」と言われてしまいました。
ああー、この大雑把なところはそうかも!
正確さを問われるエンジニアの夫は
「こういうヤツって、一緒に飲みに行くなら楽しいけど、仕事は一緒にしたくないタイプだよね。」
ふん、悪かったわね。
(夫は、ディズニーのGoofyを見ても、同じことを言います)
「でも、Catの描く絵のほうが大胆でいいよね。
フリーハンドが許せない俺には、こういう絵は描けない。」
とフォロー????

夫は、確かに私よりはるかにきちんとした人で、
だから、正確さが必要な木工なんかが出来るのでしょう。
あれをフリーハンドでやってたら、使えるものは出来ないですもんね。
ふむ。彼はDogのような人だわ。

パピーは、Catのような母とDogのような父を持つってわけか。
その彼は今日、今年初めての幼稚園。
誰にあげるんだか、昨日誰かに書いた手紙を手にして登園していきました。

そういえば、昨日聞いてきたな。
「『じ』ってどう書くの?」
「『し』に点々、だよ。」
「あ~あ~あ~、『にじます』の『じ』ね」
(なんで「にじます」なんてマイナーな生き物がでてくるんだ?)
『じ』のつくおともだち?

あ~あ~あ~、じゅんなちゃんね。

この「あ~あ~あ~」はパピーの口癖です。

話がすっかりずれてしまいました、ごめんなさい。

category: 英語の絵本

tb: --   cm: 0

△top

2006年初めてのレッスン 

 

早速、今週からレッスンスタートです。
冬休み中だったので、どのクラスも午前中にレッスンをしたのですが、
「ボクなんか、さっき起きたとこだよ・・・ZZZ
「ワタシなんか10時に起きたよ」
「ボクは10時5分だよ・・・」
と、口々に朝寝坊自慢。ま、お正月明けだもんね笑顔

さて、そのレッスンの様子をご報告します。
●水曜園児クラス
レベルアップした新しいシリーズのCTPに挑戦したYoくん&Aちゃんと、ついにCharacter Buildersシリーズを完結し特大シールをゲットしたYuくん。正月の間読み倒した本を(また)発表したパピー。皆元気で楽しそうでした。
私がどんな話をしても、絵本のどのページを開いても、「せんせい、きいて」が飛び出します。勿論日本語なのですが、構わない、と思います。レッスンに対する反応が良さが何より大事だと思う。

●木曜園児クラス
このクラスの3人はとても集中力が高いです。「~ごっこ」が好きな女の子、最近おうちでのマイブームは「えいごきょうしつごっこ」だそうで、おうちで小さな弟相手に先生の真似をして絵本を開いてあげてます、というお話をお母様から聞いて嬉しかったです。
驚いた発表がありました。男の子がIt's Melting!という本を読んだのですが、
Snow melts.
Butter melts.
Candles melt.
Crayons melt.。。。
これをとても正確に読んだのです。つまり、複数形のs、三単現のsを。文法のからくりは勿論、sを無理に強調したりして教えたわけではないのです。こうやって、理屈抜きにぐんぐん溜め込んでいく生の英語。
先が楽しみでしょ?

●水曜小2クラス
前のクラスとの入替え時間、私が準備を整えるまでMaisy's Winter Funのビデオを少し見せてあげました。やっぱりテレビは好きですね。4人とも夢中。
多分おうちでビデオを見せて、それが英語だったりすると、きっと「わからん!」と文句を言うと思うのです。それが英語教室なら(諦めて?)当たり前のように見て、普通に楽しんでいます。
このクラスは、皆持っている本がばらばらなので、自分の知らない本を読んでくれるお友達の発表も楽しみみたい。
又、簡単な本をがんがん読んでくる子と、お気に入りの1冊に数週間をかける子が混ざっているクラスなので、自分のペースを守りながらお互いに大いに刺激しあってもらいたいな、と思います。

●木曜小1・年長クラス
この日は、新春スペシャルで、ORTのStage5から「The Village in the Snow」を読み聞かせしました。2年生クラスのビデオと同じで、英語でも何一つ文句言わずに集中して最後まで聞きます。
またレッスンの最後にも時間の余裕があったので、偶々手元にあった「Goldlocks and the Three Bears」の絵本も読んであげました。正月ボケでちょっとだれ気味だったレッスンも急に雰囲気が変り、真剣に耳を傾けます。最後は、GoldilocksがTime to go!と言って逃げていく、という結末が納得いかない、という顔をしていましたが、そのままこの日のレッスンはお開きになりました。

SSSの酒井先生が言われる「語りの世界に浸る」って、こういうことなのですね。
単語をばらばらにしたら、意味を知っているのはとても少ないはずなのに、絵本全体の意味はわかるのです。
大人のほうがむしろ、知らない単語に躓くと、そこが気になって全体像をつかむことが難しくなるかもしれません。

さあ、今年もみんなに、
たくさんの英語の本との、素敵な出逢いがありますように。

category: お教室日記

tb: --   cm: 0

△top

あけましておめでとうございます 

 

2006年が明けました。
今年もどうぞよろしくお願いします。

HPのイラストが年末に完成しました。ついに本格的にHP運営を始めます。
イラストを描いて下さったのは、ブログのスキンを使わせていただいている、オカモトチアキさんです。
完成までの1ヵ月半、たくさんのメールを交わし、毎日毎日出来上がりがとても楽しみでした。
そして、出来上がってみたら予想以上。
かわいらしく、あったかいイメージに仕上がっていて、
嬉しくて仕方がありません。
私のお教室もずっと、子供たちにとってこんなあったかい場所であり続けたいと思います。

ところで、お教室で絵本を読むときに使っている、小さな木の椅子。
これは主人が作ってくれたもので、
背もたれのところに、木の形がくり貫いてあります。
その椅子を、オカモトさんがイラストの一箇所にいれて下さいました。
どこだかおわかりになりますか?

category:

tb: --   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。