子供と英語絵本のある暮らし

英語絵本がいっぱいの子供英語教室 Kashiwagi English Roomから~

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

絵本を読むペース 

 

毎週、すごい勢いで何冊も暗誦してくる子が何人かいます。
発表を聞いても、かなり正確で堂々としている。何より本人が、とても楽しそう。
私にとって、こんなに嬉しいことはありません。

ところが、そんな子のひとりのお母さんが
「次々と新しいのばかり読みたがって、一度シールをもらっちゃった絵本には見向きもしない。
もっと1冊ずつをじっくりしっかり取り組んだほうが良いのでは?」
という疑問をもたれたようでした。

私はそれを聞いたとき、別のお母さんの悩みを思い出しました。
「うちの子はお気に入りの1冊にいつまでも執着して、なかなかほかのを読もうとしない。」

私は、どちらの気持ちもすごく良くわかりました。
親としてどちらの気持ちにもなったことがあるからです。
パピーがさっささっさと新しい本にばかり手を出すときは、「もったいない!じっくり読んでよー」と思ったし、いつまでたっても同じ本ばかり読ませられるときは「ねー、他にもいっぱいあるんだからさー。この本は卒業しようよー」と思いました。
いいえ、見てほしいビデオ、遊んでほしいおもちゃ。どれも決してこちらが思うようには、飛びついてくれなかった。そして飛びついたはいいが、今度はそれに執着し始めると、もっとほかのを・・・と欲張ってしまう。でも欲張っているのは、本人ではなく私なのでした。
つまり、見たい・やりたいと言ってくるものがあると必ず「それじゃなくて、こっちね」といつも意地悪している自分に気づきました。

さ、親がコントロールするのは、きっぱりと諦めましょう!(笑)

最初にでてきた「どんどん進む派」の子も「執着派」の子も、どちらも本に対する愛情をすごく感じませんか?
どっちもすごく素敵な「本との関係」が築けているのです。
どちらが良いとか、悪いとかではなく、こどもの自由にさせてあげるのが一番だと思います。

どんどん進む派の子。
いいぞいいぞー。そのまんま行っちゃえー!です。1年もたった頃、ふっと以前読んだ絵本をだしてあげると「なつかし~い!」(幼い子どもが使うのは変なんですが、実際結構使います。それがかわいい♪)と言って、飛び付くかも知れません。ちなみにパピーは今、赤ちゃんの頃読んだ日本語の絵本にはまっています。「なんて進歩のないやつ」と思いますが、まあそれはおいといて・・・。
執着派の子。
どんなに好きな本でも、当たり前ですが一生これしか読まないということはありませんので、そのままにしておいてあげましょう。他の本は、さりげなくそこらに置いておいて。(決して、「これもどーお?」なんて押し付けちゃだめですよ。―押し付けて何度も失敗している母より)

そう、「絵本は絵本。『教材』ではない」と考えたほうがよいと思います。
こういうやり方でなくてはいけない、こういうペースで進めるべき、ということはないのです。
以前、SSS式の多読指導をされているある先生が、
「多読の方法は、10人の生徒がいたら10通りあるもの」
と言っていたことを、私はいつも思い出すようにしています。

先日も、1歳の赤ちゃんとCTP絵本を楽しんでいらっしゃるお母様から、「…こういうペースでは早過ぎますか?暗誦するまでに至らずどんどん進んでいるのですが」という内容のご相談を受けました。
私の思うところを書いてお返事を差し上げたら、
「・・・和書と同じように楽しく読めることが大事なのですね。
和書の絵本では何も思わず楽しく読み進めているのに対し
英語の絵本となると、つい これでいいのかな???という疑問がでてきていました。」
というお返事とともに、Buttons, ButtonsやI See Colorsなどの絵本の内容についてお嬢さんと楽しんでいらっしゃる様子をたくさんお知らせくださいました。
本当に心温まるお便りでした。
この方は日本語の絵本を既に子供さんと楽しんでいらっしゃったので、「ああ!なんだ、そうか!」とすぐに気づかれたのでしょう。

SSSの合言葉です。
Happy reading!
スポンサーサイト

category: お教室日記

tb: --   cm: 0

△top

言葉の意味づけ 

 

言葉を覚え始めのこどもは、辞書を使わずにどうやって言葉の意味を知るのだろう?
前から疑問に思っていたけれど、パピーもいつのまにか日本語を使えるようになりました。
ちゃんと記録に残しておけば良かったけれど、筆不精の私には記録はとても追いつきませんでした。本当に成長が早くて毎日びっくりして、昨日びっくりしたことが今日は当たり前になっていたりして、1年2年が過ぎていきます。

さて、未知の単語に出会ったパピーはどうやって意味づけをするのか?
きちんと観察をする機会を狙っていました。

ある日、私に抱っこされていたパピーは、懐かしいおっぱいを触ってきました。
それを見て、お友達のYuくんのママが
「やだー、パピーくんったら、エロおやじぃー」
と冗談で言いました。
「えろーやじー?」
あ、パピーの知らない単語だ!
「違う違う、え・ろ・お・や・じ」
私は、まずは正しい発音を教えました。
何度か言い直し。真ん中の「ろ・お・や」の3文字がちょっと難しかったようです。
それ以上は何も聞いてこなかったので、放置しました。

翌朝、パピーは父親に向かって
「あのね、ぼくはえろおやじなの」
といきなり言いました。
(夜は、パピーの就寝後夫が帰宅するので会えない)

おお。とりあえず使ってみて、人の反応をみるのね。
もちろん夫は、「エロおやじ」という言葉がパピーから出てくるとは思いもしないので、咄嗟には把握できず。パピーの発音もまだ、不完全でした。
私は横から、「パピーはエロおやじ」の説明をしました。
夫はくすくす笑って、
「そっかぁ。パピーはエロおやじなんだ」
と言っただけで、そのまま会社に行ってしまいました。

この時点で、パピーはどうやら、エロおやじとは人をびっくりさせる単語、と思ったかもしれません。
困ったことに、あちこちで「ボクってえろおやじなんだよ」を言い始めたので、ほっておけなくなりました。

またパピーが私のおっぱいをさわってくることがあったので、
「パピー、そういうのをエロおやじっていうんだよ」
と初めて説明をしました。

その後、私がパピーの着替えを手伝っているときに胸のあたりを触ったら、パピーが
「ママ、エロおやじ!」
と言いました。やっぱり、正しい使い方ができていません。
「ママみたいなのは、エロおやじとは言わない」ときちんと説明し、
パピーが「ひひひ」という顔をして私に近づいてきたときに、
「そういうのが、エロおやじなの!」と何回か言いました。

現時点で、パピーの中で「エロおやじ」は
「にやーっとした顔でおっぱいをさわる人」
と定義されているようです。
だいぶ、正確になってきました。
こうやって、未知の単語に少しずつ意味づけ、肉付けをしていくのですね。

今頃になって、「なんでもっとまともな言葉で、観察しなかったんだろう?」と我が身を振り返っております。

category: 息子のこと(iroiro)

tb: --   cm: 0

△top

レッドとI see red. 

 

うちに通って下さっているひとりの女の子、よそで英語を教わる機会がありました。
そしてお母さんに「私、英語で色を言えるよ」といって、「赤がレッドでしょ、黄色がイエローで、青がブルー・・・」と説明し始めました。

それを聞いてお母さんはがっかり。
I see red. I see blue.I see green....(CTP"I See Colors"より)
One button. Two buttons. Red buttons, Blue buttons........(CTP"BUTTONS BUTTONS"より)
と、あんなにきれいな発音で絵本を読んだのに。
「今更『レッド』とはなにごと?」ってなご気分だったのでしょう。

でも大丈夫です!

I see red.と絵本の中で読んだときは、間違いなくそのredは英語でしたし、今またあの絵本を読ませても、英語の世界に再びどっぷり浸かるはずです。日本語のレッドはそこにはないはずです。
つまり、その女の子は英語の世界と、日本語の中のレッドを区別しているのです。レッド=redに気づかないぐらいに。

だからこそ、赤=レッド、黄=イエローと、単語レベルで教えてはいけないのだと、あらためて感じました。やっぱり、文の中、本の中にある、そのままの姿の英語(?うーん、うまい表現ができない)を知っていることは、とても大切だと。

だいたい、色の表し方なんてとても微妙で、英語とまったくイコールになる色なんてすごく少ないはずです。
ちなみに、この"I See Colors"という本は、中村敦孔先生のブログにも紹介されていて、「色の感覚の違い」の話もされていました。

さて、うちのパピーも生意気ながら、日本語の中の英語と、英語の中の英語を区別します。

私とパピーが絵本を読んでいて
"How many dogs do you see in this picture?"
と私が尋ねるとパピーが
"Six."
と一言。隣で聞いていた夫が
「なになに?すごいね。パピーは。ハウ メニー?」
と茶々を入れると、
「しっくすだよ、しっ、く、す。」

あまりの発音の違いに、パパショック。
たった一言なんですが、私とは英語モード(たとえたいそうな英語を口にしなくとも)、パパとはどうやっても日本語モードになってしまうのだと、わかりました。

パパはいじけてしまいました。
ありゃりゃ。

category: お教室日記

tb: --   cm: 0

△top

Mちゃんの絵本選び 

 

レッスン開始30分前、1年生のMちゃんのお母さんからお電話がありました。

Mちゃん、その前の週に買った、新しい絵本セット(12冊組)がどうしてもとっつきにくいらしく、読みたい本が見つからないままレッスン日になってしまった。なので今日発表できる本がない。
また別のセットの購入を検討したいので、子供の相談にのってあげてください。
―という内容でした。

新しいセットというのは、CTPの新しいシリーズ"Reading for Fluency"です。
いつものとおり、掛け流して、ときどき絵本を開いてくれれば、そのうち頭に入っていく、と思っていましたが、私がちょっと甘かったことに気づきました。

レッスンで少し耳慣らしをしたほうがよいだろう、と考えました。
レッスンまであと30分間。
大急ぎでレッスンプラン変更です。そのシリーズの中から、1冊でも「あら?この本なら頭に入っていきそう」というのを紹介してあげなくちゃ。

音楽つきの本が大好きな彼女に私が選んだ1冊は、"You Can't Catch Me"という絵本。
アップテンポのウェスタンミュージック(バンジョーがちゃんちゃかちゃんちゃか♪)にのって、

♪The fish catches the duck.
The frog catches the bee.
The pig catches the bear.
But you can't catch me.

この動物の部分が、いろんな動物に入れ替わって何度か繰り返される。ただそれだけのストーリー(?というほどのこともない。)です。動物の種類に意味はなし。挿絵は、この文のとおり。と言うと、「???」と思われるでしょ?ご想像にお任せします。
で、この本のオチは、meが誰かってことなんですが…。
表紙にヒントがあるので、ネタばれOK?
―Gingerbread Manなんです。欧米の子供には良く知られた、「Gingerbread Man」のお話がベースになっていたのですね。「捕まえられるものなら、捕まえてみな!ヘン!」これは、逃げ足の早いジンジャーブレッドマンの名ゼリフなんです。

そこで、この"You Can't Catch Me"とあわせて、Gingerbread Manの絵本もレッスンで紹介することにしました。
さあ、もうレッスン5分前です。

導入として、その日のレッスンで読む何冊かの絵本の表紙を、鼻歌まじりにさらっと見せます。
Mちゃん、すかさず「あー、私それもってるー」
それだけで他の子は「えーっ、いいなあ」(たいして意味のない羨望)
「でもね、こんどの絵本セットにはわたしごのみの絵本がなかったよ」
ばしっと言い切るMちゃん。うっ。ごめんなさい。気軽に薦めた私が悪かったわ。

でもGingerbread Manのお話とあわせて、You Can't Catch Meを読み聞かせ、皆でリズム良く口にして読んでみました。いつものとおり、絵に関しての雑談は盛り上がる、盛り上がる。
Mちゃん、「うん、これなら覚えられるかも。じゃあ、来週はこの本を読んでくるね」

ほっ。とりあえず12冊のうち1冊は、取り組めることになりました。

レッスンが終わり、Mちゃんが残りました。
「さて。また別の絵本セット、注文したいんだよね。先生と選ぼっか。」
今までに、レッスンで読んだ(でもMちゃんはまだ持っていない)本を何冊か挙げ、「これはおもしろかったんじゃない?この本は読みやすかった?こんなの好き?」と私の手持ちの絵本を次から次へと差出して、尋ねます。
Mちゃん「音楽がついてないと駄目なの」
私「じゃあ、いっそ歌の絵本とかにしたら?」(とRhymes and Rhythmsの本を見せる)
「だめだめ。お話の本じゃなきゃ」
「このセット、お話いっぱいだよ」
「ただ読んでて後ろに音楽、っていうんじゃだめだよ。(単なるBGMつき朗読は不可ということ。)お話がリズムにのってなきゃ」
「これは、リズムついてるけど」
「ううん。わたしのリズムにあってないの」

Mちゃん、本選び、真剣なのです。その真剣な横顔を微笑ましく見つめながらも、私も引き込まれました。
ようやく彼女のお眼鏡に適った絵本セットが見つかりました。
「うん、これならきっとどの本も読めると思う!」
嬉しそうで満足げな様子の彼女。私もほっとして、早速注文手配をしました。

手元にあれば、どんな絵本でも柔軟に受け入れる子もいます。ちょっと苦手でも挑戦する姿には感心します。勿論それは、いろんな世界に出逢えて素敵なことだけど、でもMちゃんのように、すごーくこだわるのも同じぐらい素敵かも、と今回思いました。
一人ひとりの個性や好みを大切にした本選びに、私はこれからもとことんつきあいたいと思います。
と同時に、子ども自身が「これは私の好みじゃない」と思いこんでいる本にも、少しずつ目を向けさせる工夫を続けていくのも、私の大切な仕事なのだと思いました。

最後に。
今回買った絵本セットがMちゃんにあわなかったのは、薦めた私の責任です。
でもそんなことには触れず、即座に新しい絵本セットの購入を検討してくださったお母様にも深く感謝、です。ありがとうございます。
-- 続きを読む --

category: お教室日記

tb: --   cm: 0

△top

物件探し 

 

今日レッスンで読んだ本の中に、CTP Social Studies Seriesレベル?の"Houses"がありました。

世界中には、いろんな形の家があります。
レンガのおうち、わらのおうち、木のおうち(三匹のこぶたみたいだ)、動物の皮のテントのおうち、ねんどのおうち、土のおうち、氷のおうち。
それらの特徴ある家が、切り絵のようなユニークなイラストで描かれた絵本です。
ただ、ジンバブエ=茅葺の家、アラスカ=氷の家、ベトナム=水上のわらの家、モンゴル=動物の皮のテントの家、そして日本=金閣寺のような家!
これはヒドイ。ジンバブエに住む人が皆茅葺の家に、日本人が皆金閣寺に住んでいるような誤解を生むじゃない!私たちが今見慣れている、普通の家に住んでいるのは、アメリカ人とイギリス人だけじゃん!と思いました。
子供たちは最初、「こっちがおおむかしのおうちで、こっちがいまのおうちってこと?」と聞いてきましたが、それも無理のない、展開の絵本でした。

そこで、100Eにあった、"BUILDINGS"と"Shelter"もあわせて読んであげました。こちらの2冊は実写です。

ところで私「シェルター」というと「核シェルター」ぐらいしか思いつきませんでした。本来の意味を知らなかったのです。
この100Eの"Shelter"を読んで、初めてわかった。最初のページに、
"A shelter is a place to live."
―そして、上記の家々に加えて灯台やボートハウスも含む、いろんなタイプの家が、ダイナミックな写真で紹介されていて、最後のページに
"A shelter is a home."
と締めくくられていました。
homeという言葉の深さもなんとなく、その写真から伝わってきました。その家はいかにも「おかえり。」と言ってそうな雰囲気を醸し出していました。辞書的にhome=家、と覚えていては、わからなかった感覚。これが絵本の力だなと思いました。

ま、いいや。レッスンの話に戻ります。

私がHousesの最後の方のページの一文を読んだとき、子供たちが一斉に
「これがいい!」「僕はこれに住む!」と絵本を奪い合うかのように、お気に入りの家を選び始めました。
その中で二人、年中さんのYoくんとAちゃんが「ね、どれにする?」「うーん、わたしはこれがいいな」「じゃ、それにしようか」などと話し合っています。

思わず「ふたりでおんなじ家に住むの?」
と私が思わず尋ねると
「ボクたち、けっこんしたらすむいえをさがしてたんだよ」
おお!
園児たちの、「ぼくたちけっこんするの」ぐらいのかわいい台詞は聞いたことがありますが、今日のこの二人は物件選び!
私は「君たち偉いね!」と言いながら、笑いを抑えることができませんでした。
そうすると、それまで「このうちはボクのだから、みんなとるな!」と必死で言ってた年少のYuくん。家は奪い合ってはいけない、誰かとシェアしなければ、と思ったのでしょうか。
すかさずSちゃんに「じゃあ、ぼくはSちゃんといっしょにすむ。Sちゃんはどれがいい?」「あたちはレンガのおうち」「きまりだね」

さて、5人のクラス。パピーが残りました。
「パピーくんは、だれとすむの?」とおともだちに聞かれ「ボク、ママと・・・」
「ママとはおおきくなったら、すめないんだよ」
「じゃあ、まりちゃん(よそのクラス)とすむ」
「どれに?」
「これ・・・」
と指差したのは、エスキモーの氷のおうち、イグルーでした。
3歳年上のまりちゃんは、パピーと一緒に住んでくれるでしょうか?

それにしても改めて、子供の英文理解力に驚きました。
この一文を英語のままちゃんと理解して、一斉に反応したのですから。

"Which kind of house is just right for you?"
-- 続きを読む --

category: お教室日記

tb: --   cm: 1

△top

小さな成長 

 

今日は幼稚園で、3月生まれのお友達のお誕生会。クラッカー
パピーはこの日をずーっと楽しみにしていました。

お祝いをしてもらう子供たち(パピーを含めて3人)が、一旦お教室から出てきました。
先生のピアノに合わせて、子供とお母さんが手をつないでお教室に入場(?)。
なぜか緊張する母3人。
3人の子供たちは、冠を載せました。
「パピーくん、王子様みたい~」と女の子から声がかかり、「ふっ」と照れる南海キャンディーズ

最初にお誕生日の子供たちを、先生が一人ずつ紹介。
先生がマイクを向けて「おなまえはなんですか?」
パピー「かしわぎぱぴーくんです。」
(「くん」は余分よっ)
「なんさいになりましたか?」
パピー「よんさいでっす!」
(この瞬間を待っていたパピー)
「パピー君は大きくなったら、何になりたいですか?」
パピー「・・パトカーかきゅうきゅうしゃ」
先生「それは、お巡りさんか救急車を運転する人ってことかな?」
パピー「・・・・」
(いや、きっと車そのものになりたかったのだろう)

それから今月の歌「そうだったらいいのにな」と、「おたんじょうびおめでとう」の歌を、子供たちが絶唱。というか絶叫。

話はそれますが、「そうだったらいいのにな」、パピーは家でこんな風に歌っていました。
♪うちのごはんが、たこ焼きでー、明日のごはんがてんぷらでー、
そ~だったら、いいのになあ、そ~だったら、いいのになあ♪
「たこ焼きぐらい、今度の土曜にパパが作ってくれます!よそで歌わないように!」

話を元に戻します。
お歌の後、子供たちの輪に入り、一緒にハンカチ落としゲームをしました。
最後にハンカチ落としをしたのは、いつだったかしら・・・?いやはや懐かしい。

30分のお誕生会は、とても楽しかったです。
よその子供たちもみんなかわいくて、このクラスもあと少しで解散なんだなあと思うと、ちょっとさびしい気もしました。

本当の誕生日は、実はまだまだ先、今月下旬です。
誕生日プレゼントプレゼントのリクエストは
「セロテープとガムテープ」
って。はい、はい。

そして、もうすぐ年中さんです。
昨日は大雨で、傘をさして幼稚園へ行ったのですが、(パピーには)大きい傘を両手でしっかり握り締めて肩に乗せて歩く姿を見ていて、入園式の日を思い出しました。
入園式のときも雨降り。
3歳になったばかりのパピーは、傘が上手に持てなくて、20分の登園中ぐずぐずしていました。傘ひとつが小さい子にはこんなに大変なんだ、と、その幼さを再認識。幼稚園への不安が大きくなってしまった母でした。
でも、1年で傘がこんなに上手に持てるようになった。

たったこれだけのことなんですが、
もっといろんなところで大きな成長をしているんですが、
私はこの小さな発見が嬉しかったのでした。

そういえば、最近英語で話しかけると「にほんごでゆって!」と言うようになりました。
この変化は「日本語と英語の区別をし始めた。英語は日常語ではないことを認識し始めた」という成長の現れらしいです。
なんで英語じゃだめなの?と聞くと
「だってぇ、えいごははずかしいんだもーん」
と、にこにこします。
「恥ずかしい」の意味、わかってんのかなあ???
-- 続きを読む --

category: 息子のこと(iroiro)

tb: --   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。