子供と英語絵本のある暮らし

英語絵本がいっぱいの子供英語教室 Kashiwagi English Roomから~

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

本はどれだけ買ってあげるもの? 

 

いつ、どこで読んだのかもう記憶にないのですが、このような記事のことを今でも覚えています。

* 本好きのこどもに育てるためには―?
問・偶々立ち寄った本屋で、子供が1冊の本を欲しがりました。そのとき、つい最近にも本を買ってあげたことを思い出しました。似たような本です。こどもはあの、前買った本を読んでいません。あなたならどうしますか?

1. 今欲しがっている本を無条件に買ってあげる。
2. 「こないだのもちゃんと読むのよ。約束してね」と念を押して買ってあげる。
3. 「こないだのを読んでから買いましょう」と言って、今は我慢させる。
4. 「似たような本を持っているんだから、他のにしたら」と勧める。

こんな選択肢だったように思います。
実際に自分がどうするかはおいといて、模範回答はこれかな?というのは見当が付くことが多いですが、このときは結構考えてしまったのです。どの選択肢にも一理あるような気がして。
でも、模範回答は「1」でした。
欲しがったものが「おもちゃ」であったら、1はありえない選択です。
やりあげてこそなんぼの「教材」だったら、2か3が良いのかもしれない。
でも本はおもちゃや教材と混同してはいけないのですね。
本好きの子にしたいと思ったら、とにかく無条件で本を与えること―なのだそうです。

・ 1冊ずつ丁寧に読ませて、きちんと消化させなきゃ。
・ 簡単には本を与えないで「我慢」というものを教えなくちゃ。
・ この薄さで2,000円、この厚さで500円。どっちがいい?・・・コストパフォーマンスは大事よね。
・ 似たような本なら、買わずに図書館で済ませましょう。
・・・・こんなよこしまな(?)気持ちを抱いて子どもに本を与えていては、「本が好き」という気持ちは伸びていかない、ということなのですね。「我慢」は本を通じて教える必要はないのです

あれ?愛情と似ている!―と思いました。
究極の愛は無条件で与えるものだ!
「本と愛情は無条件で与える母」
―そう、ありたいなあ。いえ、現実的にはお財布との相談なしではありえないのですが。

夏の講座に来ていらっしゃったお母さんで、すごーくたくさんの絵本を持っていらっしゃる方がいます。もしかして私よりたくさんお持ちかもしれません。「おもしろそう!」と思ったら、買わずにはいられないのだそうです。
本に囲まれて暮らしている双子ちゃん達は、なんて幸せなのでしょう。
「せっかく買ったんだから、お願い、CD聞いて。絵本開いて」と、子どもにすがることもなく、「うーん、食いつきがいまいち!」でおしまい。この潔さが素敵です。
何より、お母さんご本人の、絵本への好奇心の強さ!子供が影響受けないわけはないでしょう?

セットで何年分ものDVDやらCDやら本やらをまとめて買うことのデメリット(勿論メリットもたくさんありますよ。連動しているとか、次は何を買おうか当分迷わなくていい、とか)の一つは、
次に何を買おう?という楽しみを奪われてしまうこと。
があると思います。
「これさえあれば」と信じてセットを購入された人は、「これ以上買う必要ないはずよ」と自分に言い聞かせていないでしょうか?購入時にローンを組んだ人は「月々これだけの投資で子どもの力が育つ」という計算を提案されたかもしれません。親が悶々と悩んでいる間に、子どもはどんどん興味のある本から遠のいていくのです。
だから、高額のセット教材などを買う際にローンを組むときは、将来も、本だけは買い続けてあげられる心の余裕を残しておいて下さいね。

さて、おまけのパピーの話です。
先日本屋さんで欲しがったのは、「はしれ たくはいびん」と「へんしんでんしゃ デンデコデーン」の2冊。
いえ、正直言うと私には(また乗り物かいっ!もっと見聞を広げてだね・・・。で、またハードカバー?月刊誌のペーパーバックの方が安いんだけどなあ。)というよこしま~ぁな気持ちがあったのですが、「無条件の愛と本」を思い出し、ぱちんとお財布を開け、2冊2415円也のお買い上げとなりました。
(「はしれ たくはいびん」。おじいちゃんから孫へ届くりんごの箱の荷物の行方をずっと辿るお話。宅配便システムってすごいなあ。といつも思っていたので、私も面白かった。挿絵にはものすごい量の箱がでてきますが、その中に必ず、りんごの箱があるんですよ。
「デンデコデーン」は、パピー、涙を流して大笑いした本です。子どもを爆笑させる絵本、すごい。)

その足で図書館に行くと、今度は、無差別にあれやらこれやら読みたがるパピー。
大好きな長 新太さんの本2冊と、「パンタのパンの木」「はたらくくるまずかん」「モノヅクリ大百科」などを借りました。
ずかんの読み聞かせは、ちょっとやだなー。

英語の本は相変わらず、ORTさえ読んでもらえば、あとはどーぉでも!良いようです。山のようなORTと、私がさりげなく混ぜる何冊かの単品の英語絵本。CTPのレベル?から、1日1冊だけ、私と一緒に音読します。それだけです。
でも、ずーっと続いている夜の儀式(?)です。

*予告編

ここに書かねばと思いつつ、書きそびれている、
・夏の講座、完結編
・新しくできたクラスのこと
次回に書きます。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: 英語講師として思うこと

tb: --   cm: 5

△top

後悔―こないだの続き 

 

先日、「ちょっと落ち込んだ」と書きました。
心配してメールをくださった方、声を掛けてくださった方、本当にありがとうございます。
今日はその続きを書きます。

ごめんなさい、そんなオーバーな話ではないのです。
3年近く通っていた男の子に「もう英語やめます」と電話をもらった。
たったそれだけなんです。
お教室をやっていれば、必ずありうることです。

ただブログでは、みーんながすごーく楽しそうにしている様子ばかり伝えてきて、
でも中には「絵本もうつまんない」とか「つらい」とか思っている子もいたわけで、
なんだか嘘を書いているように思ったので、
そういうことも正直に、きちんと整理して、反省点も・・・
と思ったのです。

彼のやめる理由は、率直に言って「もう英語の絵本に興味を失ったから。毎週1冊読むことが苦痛になってきたから」だと思います。
もうずっと前から、何回か「やめたい」波は押し寄せていたけれど、その都度新しい本を買って、その目新しさに飛びついて、でもすぐにテンションは下がり・・・。
7月、同じクラスの子と一緒にTime-to-DiscoverのWeatherというシリーズを買いました。その1週間はとても盛り上がっていたのですが、他の子が購入した虫のシリーズや動物のシリーズに較べて、ちょっと地味だった。
それが最後の絵本となりました。

どうして絵本が嫌になったか。

1. まず、絵本のレベルが彼に合わなかったこと。
これは私の大きな責任です。彼はいつも、まだ誰も読んでいない本に挑戦するタイプでした。CTPのレベル?や?に初めて手を出したのも彼でしたっけ。レベル?を全て終えることなくレベル?を選んだときは、私が薦めたと思います。
「キミなら出来ると思うよ。16ページだって、楽しいからすぐに読めるよ。」
「キミなら」と言われて、とても嬉しそうでした。
実際、お教室で読めたときは、皆から賞賛を浴びたものです。「○○くん、すっごーい・・・・」
(そして、他の子は彼に刺激され、後を追うようにレベル?を読み始めました。)
でもレベル?になり、息切れしてしまったのかもしれません。彼がレベル?をやってみたい、と言っても、私が彼のプライドを傷つけないよう上手に、もっと簡単な本を薦めてあげればよかったのです。

2. 「分からない」ことを私が安易に放置してしまったこと。
ただ、本の真似をして読んで先生に褒めてもらって、喜べる時期は過ぎていたのです。
彼は「わからない」とは言わなかったけれど、きっと「なんのこっちゃ」と思うことがたくさんあったと思います。もっともっと、私が本の内容を突っ込んでいたら、「へえ~」と思って、興味も刺激されていたでしょう。
英語を英語のまま、絵本から感じるまま。
その考えは、時と場合によっては改めなくてはいけなかったのです。

3. 買ってもらった新しい本は宿題として毎週暗誦しなければならない、とプレッシャーを感じていたのではないか、ということ。
無理しなくてもいいよ、と私はいつもお教室で言うけれど、本当は「だったら絵本なんか開かず、だらだらしていたい。ゲームをしていたい。英語聞くよりテレビが見たい」のがきっと本音ですよね。
今頃英語から解き放たれて、伸び伸びと腕を伸ばしているかも(笑)

先日、お母さんが彼と一緒に最後の挨拶にみえました。
お母さんもなんとか続けて欲しい、と努力してくださったと思います。
ひょんなことから出会って、こうして3年近くのお付き合いがあったことを、今は感謝しています。

さて、4人だったクラスが3人になりました。
彼はもう今月から来ないことを、3人に伝えました。時々喧嘩もしていた彼らだったけど、やっぱりショックだったみたいです。
偶々その日のレッスン中に2度、宅配便のピンポンがなりました。そのたびに
「あ!○○だ!」
「アイツ、やっぱり戻ってきたんじゃない?」
と目を輝かせる子供たち。
ちょっと切なかったです。

あと、私の片思いかもしれないけど(そうでないことを祈ります)、私は、やめてしまったこの子も含めて、お教室に来てくれている子ひとりひとり皆大好きなんだと、今頃気づきました。今回のこと、何がショックって、もう彼は毎週来なくなるんだ。寂しいなあ…。その気持ちが大きかったのです。
その日は、残った3人が私に話しかけてくれる一言一言が、とても大切に響きました。
「ねー先生、あいつ、もう本当にやめちゃったのかなー。」
「先生、恐竜のこと、何にも知らないね。今度ボク恐竜の本持ってくるから、ちゃんと読みなよ」
「先生、おれさー、もう習い事ぜーんぶやなんだー。もう疲れちゃってさあ」
こんな一言すら、いとおしく思えました。

英語の絵本、嫌なら嫌で構わない。
いい格好しないで出来るだけ、素の自分を見せられる、お教室であることも大事だと思いました。
子供たちのすべてを受け入れて、ゆっくりとその成長を見ていきたいです。
-- 続きを読む --

category: お教室日記

tb: --   cm: 1

△top

パピーと英語の微妙な関係 

 

どうも最近、パピーは英語を変に意識し始めたようです。
昨日の夜、何の気はなく英語で指示をしました。

私 「Go get your toothbrush, Puppy. It’s time to brush your teeth.」
パピー 「わからん。日本語でゆってっ。」
私 「Oh, you know. Mommy says, “Go brush your teeth.” That’s it.」
パピー 「わーーかーーらーーんー。英語はだめっ。」
私 (本当にわからないのか?心配になりながらも)「I’m sure you understand what I mean.」
パピー 「わからん。日本語でいわないと、なんにもできない。」
私 (もうカチンときて、にらみを利かせて言った)「Just think what you have to do NOW !!」
パピー 「(びくっ)・・・」

洗面所にすっ飛んでったパピーは、歯ブラシを手に戻ってきました。

思わず、
「英語わかってるくせに。」
と言うと、パピー
「ママ、日本語でいえるくせに。」

うーん、ごもっとも。
と思ってしまった私。パピーの勝ちかな。
でも、そのあと、

「英語ばっかり言ってると、わらわら・・わらら・・・わらわるるよっ」

ですって。
「笑われる」が言えなくておかしかったけど、なんとなく複雑な気持ち。

最近、日本語は少しずつ文章を書くようになりました。夏休み、ほとんど毎日絵日記をつけたせいです。
本当は、パピーが生まれる前後のぺらぺらのバイリンガル育児を夢見ていた頃は、この時期に同じレベルの英文を書くことを期待していました。
でも、今のパピーの成長度合いを見ていて、文字はもっともっと後でいい。絶対に焦らなくていい。まずは耳だから。
と思うようになりました。アルファベットの大文字小文字はパズルで勝手に覚えただけで、それ以上、文字のことは何一つ教えていませんでした。

ところが、英語に難色を示し始めた頃だというのに、今日始めて「英語でどう書くのか、教えてくれ」と尋ねられたのです。
聞かれたのは、自分の名前でした。スペルを言うと、色鉛筆で丁寧に書き留めます。ちょっとびっくり。
その後もいくつかスペルを聞かれました。

LEGACY
MOVE
NOAH
GINO
VOXY

です。
ああ、いかにもパピー。(もっと他のは…知りたくない???)
上手く書けて、満足そうな顔。

調子付いてきたので、嬉しくなって私が
「ワゴンR教えたげようか?ステップワゴンは?スカイラインも書きたい?」
と畳み掛ける様に言うと、
「英語はもういらん」
と冷たく言われました。しゅん。

そうそう、英文は書かなくてもいいけれど、サンタさんだけは英語でないとわからないよ、と小さい頃から言っています。
去年は DEAR SANTAだけ書きました。(HPのGALLERYに掲載しています。)
今年もサンタさんへの手紙だけは必死で、英語で書きそうだな・・・。そのお手伝いはちょっと楽しみ。でもまた車名の綴りばかり尋ねられるのでしょうか。
もしサンタさんに電話したいと言ったら、昨年の夏ホームステイのホストをしたジェフくんにサンタ役をお願いしようと思っています。

もっと書くべきことはあるのに、パピーの無駄話ばかりでごめんなさい。

category: 息子のこと(英語編)

tb: --   cm: 0

△top

夏の教室 第4回-8/23 

 

夏休みの講座も無事5回を終えました。随分前にさかのぼるのですが、まずは4回目のご報告から。
23日。この日は、朝赤ちゃんが熱を出したとのことで、ひとりのお母さんが急に来られなくなりました。(後日、突発性発疹だったことを聞きました)
それで年長、小2の男の子がお休みになったのですが、その代わりに、2~4歳の女の子3人が見学に来られました。

* 導入はその場の雰囲気で・・・

欠席2名、見学3名のため、平均年齢がぐっと若く(?)なりました。
小学生向きに用意してあった英語の「九九の歌」はどうしようかなー。
でも小さい子は4回目にしてやっとカレーの歌を踊りだしたと聞いていたので、もう一回お教室でやってあげたい気もするし、フラッシュカードのあるドレミの歌も、またやりたいし。
―と迷いつつ、みんなの顔をみて決めよう、とスタート。
結局、「カレーダンス」と「Do-Re-Mi」を2曲とも歌いました。

* 第4回目のテーマ

「今日は、英語で算数をお勉強しましょ。
数を数えたり計算したり、形を区別したり、時間を読んだり・・・
そんなことだって、英語で出来ちゃうんだよ!」
(とはいっても、この日は「数」の絵本だけで終わってしまいましたが・・・。)

*第4回目の紹介絵本

「算数」と言っても、2歳児が4人もいるのですから、やっぱり難しい本はできませんでした。
・ One Plus One Is Two(ヘンリーおじさんのやさしいえいごの歌1より) ― 足し算の歌を歌いました。1+1=2、2+1=3.このぐらいなら指を使って計算できます。小さな子にとっては指遊びみたい。 
・ Counting Penguins (100 Englishより)
・ Animal Babies (100 Englishより)
― ペンギンが一匹、ペンギンが二匹・・・、アザラシの赤ちゃんが一頭、クマの赤ちゃんが二頭・・・、どちらも馬鹿みたいに簡単な本ですが、リアルな写真が小学生にも魅力的です。とりあえず、10までの数字を数えてみます。
次は数字「3」のつくお話を集めてみました。
・ What Comes in Threes? (LtR Mathより)
・ Goldilocks and The Three Bears (folktale)
・ The Three Billy Goats Gruff(folktale)
・ The Three Little Kittens(folktale) ― これはAyaさんのブログで教えてもらった本でした。カセットがついていて、♪ニャーニャニャーニャニャーニャ・・・の音楽が耳について離れません。かわいいです。

じゃあ、次は、2とび、5とびで数えてみよう
・ Skip Count Song(LtR Mathより) ― これは、ラップみたいなリズムが楽しくって、レギュラークラスでも人気の本です。

「足し算、引き算、割り算、掛け算なんかはレベル?にあるので、楽しみにしていてね。
じゃあ、小さい子にはちょっと難しいけど 「Multiplication Blues」九九の歌を歌ってみようか。」
そして、「ヘンリーおじさんのやさしい英語のうた2」から
・ ♪Yeah! Baby! 2x11 is Twenty-Two!)
を歌いました。

*この日の発表

順番決めの要領も慣れてきて、前に座って、どんどん読んでくれます
「ボクは発表するためにレッスンに来ている。」といわんばかり。
前半の私のレッスンは彼らにとって「前座」かも(笑)。
子供ってやっぱり聞いてもらいたいんだ。―そうつくづく思います。
もうひとつこの日気づいたのは、お母さん方の様子。ご自分のお子さんのときは、子供さんと一緒になってちょっと緊張しているようで、また終わっときは子供さんと同じぐらい、いえ、それ以上にほっとした表情。頑張って発表できたお子さんを、皆さん誇らしく思ってくださっているようです。たくさんたくさん、褒めてあげてくださいね!

レッスン後に、どきどきご参加くださっているお母様方からメールをいただきます。
おうちでの子供たちの様子が変わったことをたくさん教えてくださいます。「本当に来て良かった」の一言で、天にも昇る気持ちになります。と、同時に、私のこんなやり方(?)にご理解を頂けたことをあらためて感謝です。

いえいえ、やっとスタート地点。これから山あり谷ありの長~~~い英語教育、一緒に楽しくがんばっていけたら、と思います。

さて、最終回のご報告が残っていますが、その前にお知らせ。

当初、この夏の講座は遠方からの生徒さんばかりだったので、学校や園が始まったら、レッスンに来ていただくことは難しいだろうと思っていました。
でも、なんとかこのペースを守りたい、そのためにもレッスンを続けたい、というご要望を頂き、
・月1回の2歳児クラス(平日午前中)
・不定期の園児~小学校低学年クラス(祝日の午前中)
を開講することになりました。詳細はまたあらためてお知らせします。

category: なつやすみ限定 英語絵本教室

tb: --   cm: 0

△top

後悔―そしてこれからのために 

 

週末、ちょっと悲しい、というかショックなことがありました。
英語講師として、と考えれば、お分かりいただけると思います。
ここは自分の気持ちをぶつける日記ではないのですが、反省することや後悔していることが本当にたくさんあって、少し自分の中で整理をしてきちんと書き留めたほうがいいと考えました。
でも整理するには、ちょっと時間が必要みたいです。
後日、ここにご報告します。

イイカッコばっかりしても、ね。

category: お教室日記

tb: --   cm: 0

△top

パピーのどうでもいい話ニ題 

 

やった~!今日から2学期だ~!
長かった夏休みがやっと終わりました。

待ちに待った8月31日。その日はたくさんのお友達とピッツェリアへランチを食べに行きました。
こども6人に大人4人。
ちょっと待ち時間がありました。
ほどなく「お待たせしました」とテーブルに通されて―

パピーが聞いてきました。
「ねえ、どうしてボクってジュウベエなの?」
「十兵衛?」
「いらっしゃいませーっていったおじさんが、ボクのことジュウベエ様っていった。」
「十兵衛様?」
「うん、ジュウベエ様、お待たせいたしましたっていったよ。」

・・・パピー、十兵衛様ではなく、十名様よ。

――――――――――――――――――――――――――――――

先日、パピーを連れてウィンドウショッピングをしていたとき、舶来モノ(最近は、こんな言葉も使わないですね。)の雑貨屋さんで、ビーズの刺繍のついた婦人もののTシャツを見つけました。
パピー、小さな声でひとり
「これ、お洗濯、大丈夫かな・・・」
おばさんみたいなことを言う。

少し前のこと、仲良しのYくんのママが、スパンコールでドナルドダックを象った可愛いシャツを着ていました。
「わ~っ、かわいいねーっ。でもこれって、お洗濯大丈夫?大変じゃない?」
「大丈夫、大丈夫、裏返してネットに入れたら、洗濯機も平気よ」
・・・って会話、たしかにしました・・・・。
お、おばさんは私かあ・・・。

ほんと、どこで何を吸収されるかわかりません。
-- 続きを読む --

category: 息子のこと(iroiro)

tb: --   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。