子供と英語絵本のある暮らし

英語絵本がいっぱいの子供英語教室 Kashiwagi English Roomから~

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

学ぶ側の気持ち 

 

今、私の指導の大きな柱となっている「SSS英語学習法」。
ホームページ
はご覧になられたことあるでしょうか?
1. 辞書はひかない
2. 分からないところは飛ばす
3. つまらなくなったら投げ出す
この多読3原則に則って、とにかくラクに楽しめる、易しい本をじゃんじゃんじゃんじゃん読んで、まずはナマの英語を頭の中にとにかく注ぎ込もう、というもの。
最初の目標は100万語です。ひとつひとつ、覚えようとか理解しようというストレスから放たれ、英語で笑ったり泣いたりする経験を持つことで、英語の蓄えがどんどん大きくなるのです。
その蓄えは、目先の受験のための英語、というより、大学に入ってから研究のために使える英語、社会にでてから花開く英語の礎となるものです。

で、私も昨年6月からカウントを始めました。
はらはら涙がこぼれる話、ドキドキ先が気になる話、おかしくておなかがよじれるくらい笑う話、いろいろ読みました。
まあ、もともと少ない時間を捻り出して読書タイムを作るわけですから、そうそう読み進められるものでもないのですが、20万語ぐらい夢中で読んだら、数ヶ月パタッと読まない。そんな繰り返しでした。誰に強制されるわけでもなく、自分のペースを守れるのも、SSSのいいところ。自然に任せていたのです。
そんな私がこの夏、ある日を境に、本当に読む気がしなくなってしまいました。

「今、何語(語数)ぐらい読んだの?」
とあるとき尋ねられ、今80万語と正直に答えたところ、
「へぇ~っ。英語の先生にしちゃおっそいね。普通、たいてい半年もかからないで100万語読んじゃうんじゃないの~?」
その人は、からかうようにニコニコしながら言いました。

自分自身、早く100万語通過をしなければ、多読指導なんて大きな声で言えない・・・という思いが胸の内のどこかにあったのですが、この日からそれがむくむくと大きくなってきたのでした、自分でも気づかないうちに。

「読まなきゃ、早く100万語!」
そう思うと、何を読んでもつまらなくなってしまったのです。本を開いては、2,3ページでとまり、又別の本を開いては2,3ページでとまる。
あんなに可愛いストーリーのNate the Great(邦題・ぼくはめいたんてい)シリーズを読んでも、「だからなんなのよ」と思ってしまう。とりあえず語数は稼げたけどね、なんて思いながら。

そうして3ヶ月ぐらい経った頃、多読仲間があつまるところへひょっこり顔を出しました。
みんなが生き生きと自分の本の話をするのを見ているうち、単純に「・・・おもしろそうだなあ。読みたいなあ」という気持ちがぽこっと芽生えました。語数稼ぎを忘れて、噛み締めるようにゆっくり読むのもステキなこと。という助言も頂き、今、停滞期から少しだけ脱出できそう・・・そんな感じです。

先日、酒井先生にお会いすることが出来ました。
私が落ち込んでしまったこと、みんなが暖かい声をかけてくれたことも、全部既にご承知でした。
「何気ないたった一言で、人の本を読もうという意欲はとても簡単につき崩されてしまうものなんですよ。
柏木さんは、今回のことでそれを、身をもって感じられたのではないかな。」
先生はそう仰いました。
何百万語と読んでおられるあるタドキストの方が、他人の「意味わかってるの?」の一言で、ぴたっと読むことが出来なくなった。そういう話も聞かせて下さいました。
先生の仰るとおり、子どもたちが私の立場だったら・・・。
ほかの子と較べる。わかっているのかどうか確認する。
・・・そんな一言で、子どもの本に対する気持ちを萎えさせてしまうのは、なんと簡単なことなのだろう。子どもたちに掛ける言葉には、いつだって細心の注意を払わなくてはいけないのだ―。

仕掛け絵本の仕掛けに首をかしげ、「え~?なんでだろう??」と子ども以上に真剣に絵本に見入るような、楽しくて温かい酒井先生。
そんな先生がいかに、教える側の都合ではなく、学ぶ側を守ろうとしているか、学ぶ側の気持ちを大切に考えておられるか、をあらためて感じました。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: 英語講師として思うこと

tb: --   cm: 3

△top

ちいさくても、おおきくても 

 

パ「きょうね、しんたいそくていがあったよ」
私「そう。おおきくなってた?」
パ「・・・・・・。ぼく、もぉーっとおおきくなりたいよ・・・」
私「・・・?」
パ「○○ちゃんに『パピーくんって、ちっさいねえ』っていわれたの」
がっくり肩を落とすパピー。

おたより帳の「身体測定の記録」を見ると、先月の身体測定でついに100.0センチになり、そして今月は100.3センチ。
順調に育ってますけど。
でもパピーよ、仕方あるまい。
キミがクラスで一番小さいのは事実だ。
先週の運動会のとき、開会式で園児全員ずらーっと並んでいるのを見たら、パピーはクラスで一番小さい女の子よりも、もっと小さかった。ありゃー、と思ったけど、夫と二人でちょっと笑ってしまいました。

でも、落ち込んでいるパピーを見ていると、可哀想に思えてきました。
「ママは、小さいパピーがだぁーいすき!」
と思わず、ぎゅうっと抱きしめてしまいました。
あのね、パピー。
小さいと運動会のビデオを撮るとき、結構便利なんだよ♪
悪いことばっかりじゃない。

反対に、夫の弟は小さい頃から背が高く、幼稚園のときも他の子より頭一つ分大きかったそうです。
「大きいと全然かわいくないのよ~」
と義母が笑って言っていたけど、その義弟、3人兄弟の年の離れた末っ子で、家族皆にべたべたに愛されて育ったのです。実家では鴨居をくぐって歩くほど成長した彼も先月、美容師として独立し、可愛いお嫁さんをもらいました。

大きくても、小さくても、ちょっとぶちゃいくでも、みんなみんな親から見たら可愛くてたまらない。
―そういうもんですよねっ。

category: 息子のこと(iroiro)

tb: --   cm: 0

△top

新クラス開講のお知らせ 

 

9月から、新クラスを開講しています。
遠方であるなど、毎週通うのが困難な方のためのクラスです。

* 2-3歳児クラス
レッスン――月1回 (レッスン日は毎月相談の上決定)午前10時~11時 + お茶の時間
受講料―― 1回一人2000円(お休みの場合はいただきません)
定員―― 7名(最低催行人数 親子2組)

* 園児~小学低学年クラス
レッスン―― 不定期 (主に祝日。次回レッスン日時はその都度相談の上決定)
        レッスン時間1時間 + お茶の時間
受講料―― 1回一人2000円(お休みの場合はいただきません)
定員―― 7名(最低催行人数 親子2組)

内容 (2クラスとも共通)
? CTPをメインに、100EnglishやORT,名作絵本などを取り混ぜながら、4,5冊の絵本を読む。
(絵本は、クラスの年齢層や好みによって違います)
? 英語の手遊び歌や体遊びを数曲
(2-3歳児クラスは多め、不定期クラスは少なめ)
? おうちで読んでいる絵本を発表
おうちでの取り組みについては、レギュラークラスに準じます。ご参照ください。
また、取組む絵本につきましては音源とあわせて、すべてご購入頂いております。個人でご購入されても結構です。ご相談ください。
絵本のシール台帳を差し上げますので、おうちでの読書記録としてお使い下さい。

2-3歳児クラスは9月9日に、園児~小学低学年クラスは9月18日に第1回目のレッスンをしました。
第2回目は、
2-3歳児クラス--10月27日(金)、
園児~小学低学年クラス--11月23日(木)13:30-

を予定しております。
クラスの空情報につきましては、メールにてお問い合わせください。
メールoakenglish@hotmail.co.jp

category: お教室日記

tb: --   cm: 0

△top

roast beefということば 

 

週末のメニューは久しぶりのローストビーフでした。クリスマス以来かもしれない。
案の定パピーが「これ何」と聞くので、そのまま「ローストビーフ」と答えました。
しばらく何か考えて
「ああ、ぶたね」
といいます。
私「ぶたじゃないよ、ウシだよ」
パピー「ぶただよ。ビーフッでしょっ?」
???ビフ?ORTに出てくるBiff?何を言っているんだ・・・?
「ロビンフッド(ORT Stage 5)に出てきた、肉の丸焼きのこと言ってる?あれはローストチキン(いや、ダック?野鳥か?)だよ」
「ちーがーう! Roast Beefはぶたにあったよっ!」
―ぶたにあった。?
日本語までおかしい。

「ひっくりかえって、ママがこちょこちょこちょってして、wee-wee-wee-wee-wee-! するやつ!」
私があまりにも理解できないので、腕組みをして怒っているパピー。

・・・わかりました。
「This Little Pig Went to Market」の歌、のことを言っているのね。
パピーがYくん、Sちゃんと2歳児クラスにいた頃やった、英語の遊び歌です。
子どもはころんとひっくり返って、ママは子どもの足の指を一本ずつつまみながら歌います。
♪This little pig went to market.
♪This little pig stayed at home.
この次が
♪This little pig had roast beef.
という歌詞でした。
最後は、迷子になった子ブタが
♪This little cried “wee-wee-wee-wee-wee-!”
と泣き、そこでお母さんたちはこーちょこちょこちょ~、と体全体をくすぐります。子どもたちはきゃあきゃあ。
懐かしい思い出です。

それを昨日のことのように言うパピー。
はいはい、ブタの歌の中にroast beef、ありました。
それにしても、roast beefという単語がきちんと残っていたのには驚きました。
単語をばらばらに教えず文章のまま与えても、子どもはちゃんと単語一つ一つを抽出して頭の中に保管しているのでしょうか。頭の中、見てみたいです。

category: 息子のこと(英語編)

tb: --   cm: 0

△top

夏の教室 第5回-8/31 

 

もう1ヶ月以上前のことをご報告することになってしまい、申し訳ありません。夏の講座完結編をお届けします。

* 導入― Peanut Butter and Jelly

この歌は最初、絵本だけを持っていて楽譜や音源を持っていなかったので、振りはわかったのに、歌を知りませんでした。それで私、勝手に歌を作ってしまったのです。
♪ピーナッバーラ、ピーナッバーラ、ジェーリ、ジェーリ
そしたら、このいい加減な歌が結構子どもにも評判良く、歌いながら帰るほどにまで定着しちゃいました。
その後、入手したマザーグースの本に入っていたこの歌は、シカゴブルース風というのかな。ちょっとおしゃれなリズムがついていて、私自身すごーく気に入ってしまったので、早速、夏の講座の子どもたちにも紹介、紹介。
このクラスの生徒にもウケが良かった。(と、勝手に思っている。)「これで、1週間は頭の中で、ぴーなっ、ぴーなっばーら、じぇーり、じぇーりが鳴り続けることでしょう」なーんて言ったけど、いや、終わった瞬間に忘れちゃったかな。

* 第5回目のテーマ

「今日は、Earth Science―とはいっても、むずかしくはないよ。お天気やシーズンにまつわる絵本をたくさん読んでみよう」

* 第5回目の紹介絵本

・ How’s the Weather? (LtR Scienceより)
― もう、十八番になっている子も。彼らの読みは、♪いっつぁー、くらうりーっれーぃっ、と聞こえます。(It’s a cloudy day.ですよっ)すごく自然。そのあと、私の作ったお天気カードを見せながら同じ本を読みます。
・ Weather (100 Englishより)
・ What’s the Weather Like Today?( LtR Scienceより)
― レベル?なのですが、ロンドン橋の替え歌になっているので、すぐ読めるようになりました。
次はシーズンに関する本。
・ Four Seasons (LtR Scienceより)
― Spring, Summer, Fall, Winterの4単語、言えるかな。そろそろI see・・・・も自然につくようになってきた?
・ Round Round the Seasons Go(LtR Science より)
― 「季節はめぐる」レベル?。こちらも全部歌なので、3回ほどおうちで流せば、覚えてしまうでしょう。

そう、できるだけ、レベル?も取り混ぜるようにしました。スムーズにレベルアップできるように。

ゆったりと、季節の流れを味わったところで、Mr. Gumpy's Outing(邦題・ガンピーさんのふなあそび)の読み聞かせ。
BGMは、ホフマンの「舟歌」です。(八代亜紀のじゃなくってぇ~?って、アナタ突っ込みませんでした?)

*この日の発表

この講座、最後の発表です。
7人ともすっかり慣れました。4回目のときにも「子供はやっぱり聞いてもらいたい。」と書いたけれど、レッスンにわざわざ通ってくれる意味はここにあるのでしょう。
いつにもまして、目を皿のようにして、耳をダンボにして、ひとりひとりの発表を聞きいりました。
これからは、毎週はここへ来てもらえないので、おうちで「聞いて褒める」をどんどん、やって頂きたいです。
いえ、実は私も、なかなか息子の読みを冷静に聞いて褒めてあげることは難しいです。でも・・・お互い頑張りましょう!
(ひとりごと・課題は、きょうだいげんか防止だなー。)

*全5回を振り返って―そしてこれからのこと

「英語絵本を生活の一部に取り入れる」―
そのきっかけにしたい、というのが、この講座の狙いでした。
この夏、お母様方は本当に一生懸命時間を作り、たくさんの絵本を与え(購入された本も借りていかれた本もすごい量でした!)、「読みなさーい」とお尻を叩きそうになってはぐっと手を引き・・・とても頑張って下さいました。そして、子どもたちの小さな変化をよく観察し、私にお話してくださいました。
本当に心から感謝しています。やはり、お母さんのお力なしでは何も始まりません。
7人の子供の中には、英語を習うのはまったく初めて、という子と、通ったことはあるけどあわなかった、という子が混ざっていました。でもどの日のレッスンも、みんなとても楽しんでくれている手応えを私は感じたし、「毎週行くのを楽しみにしている」というお話も聞いていたので、それなりの刺激はあったかな、と思っています。決して自分のレッスンを自画自賛しているのではなく、一重に絵本のおもしろさのお陰なのです。
さて、その後のことです。現実問題として、夏休みがあければ子どもたちの時間はぐっと少なくなります。まずは学校or園、宿題、ほかの習い事、そして遊ぶのも彼らの大切な仕事・・・。英語だけに掛けていられません。
だから、そんな制限された時間の中で、ちょろちょろとでも続けていけるペースを作っていただきたいです。
時には超スローペースになってもいいし、行事ごとなんかでパンクしそうなときは休憩してもいい。それでも、いつでも子どもたちの手の届くところに英語の絵本を置いておいてください。
理想を言うと、英語絵本は「やらなければならない」のではなく、心のオアシスとして長く存在してくれれば、嬉しいのです。ホントは、パンクしそうなときこそ、絵本1冊で安らいでくれたら嬉しい。長く存在するからこそ、ゆるやかに本物の英語が溜まっていくのです。
私自身も、英語の本とは「やるべきもの」or「こころの安らぎになるもの」?―紙一重なのだということを感じます。
「ふざけないでちゃんと読みなさーい!」とオニのように叱ってしまう日もあれば(こんなの絶対だめですよっ!)、逆にオニのように怒ってしまった日の最後、1冊の絵本で親子とも心安らぎ、幸せな気持ちで床に就くこともある。
皆さんのご家庭でも、絵本の存在がどうぞ後者でありますように・・・。


さて、このクラスの子どもたち、4回めのご報告のときにもお伝えしたように、ご要望があって、2歳児は月1回クラス、園児~小学生は不定期の祝日クラスで、このまま通ってくれることになりました。
何が寂しいって、夏の講座を半分も過ぎた頃からずっと「もう夏休みが終わっちゃったら、君たちに会えなくなるのね。ウルウル」と思っていたのですから、この意外な(?)展開にはもう、うーれしくって嬉しくって、たまりません。

category: なつやすみ限定 英語絵本教室

tb: --   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。