子供と英語絵本のある暮らし

英語絵本がいっぱいの子供英語教室 Kashiwagi English Roomから~

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

パピーは発表ができなかった 

 

発表会で、唯一絵本の暗誦発表を棄権した子がいました。
パピーです。
そのことについて、英語講師ではなく母の立場から書かせていただくことをお許しください。

発表会に限らず、彼は人前で英語の本を読むことを極端に嫌います。
幼稚園のお遊戯会では人並みに声を出し、ちゃんと演技できていたので、英語の本に関しては「声が出るくせに、やろうとしない。なんかのポーズ?」と思っていました。
前日、何回か練習をして
「わかった?ちゃんと、やるのよ、ちゃんと。できるね?恥ずかしいとか言ったらだめよ。」
としつこく念を押しました。

でも、やっぱり駄目だったのです。
その時が来て、みんなの前に立ち、急に心を閉ざしてしまいました。硬く、てこでも動かないぞという表情をしていた。
「パピーくん、がんばって。」とお母さん方が温かい拍手をして、パピーを迎えようとしてくれました。でも・・・。

これが我が子でなければ、「発表することは、決して大切なことじゃない。あなた自身が絵本を好きでいてくれるのなら、それで十分」と見守ることができたと思うのです。
でも、パピーがほかの子と同じように、やるべきことをやらないのは、そのときの私にとって進行の妨げでしかありませんでした。
皆の前で叱る気もせず、それ以上応援する気もせず、無視して会を進めました。
正直、呆れ果てたのです。

家へ帰ってから、もう発表のことは言わないでおこうと思っていました。
ところが上機嫌で、発表しそこなった絵本を読んだり、歌ったり踊ったりしているパピーを見て、段々と腹が立ってきました。
「パピー、ちょっとママの話を聞きなさい。」
そして、神妙な顔をして座ったパピーに、「英語のことを恥ずかしい、ということが恥ずかしい」「今日は最高に格好悪かった」「もう今年の発表会は取り返しがつかないよ」と説教をし、最後に
You ruined Christmas! (あなたはクリスマスを台無しにした!) 
と、冷たく言いました。
パピーは大泣きしました。「わかったね」と、よしよしをしたけれど、先のことはわかんないな、すぐ忘れるもんなーと思っていました。

翌日、親子で図書館の読み聞かせの会に行き、こんな本を読んでもらいました。
くまのこうちょうせんせい


小さな声しかだせないひつじ君に、大きな声で「おはよう!」と声をかけるくまの校長先生。ある日、校長先生は小さな声しか出せなくなってしまう――。出来ない子に「がんばれ!」と言うことだけが応援じゃない。寄り添ってみることも大切なこと…そう気づかせてくれる絵本でした。
ああ、私は、「どうしてもできない」パピーの心に、寄り添うどころか「頑張れ」を言うことも忘れ、ムチを振ったり飴を出したりして、何が何でもやらせようとしていた・・・。
私って、本当にひどいお母さんだったかも。私の膝の上に乗って絵本に見入っているパピーは、ただ「この本すき!」とにこにこしていました。

2日後、不定期クラスが開催されました。いつもは、レッスンに集中できるようパピーをよそに預けるのですが、この日パピーはレッスンに同席しました。今度は読めるだろうか?

このクラスは3ヶ月ぶりだったので、皆の発表を聞く私も新鮮でした。
一人、この日が初めてのレッスンの女の子がいました。ちょっと不安そうな目をしていたけれど、他の子の発表を聞いて「よし、私も!」と思ったのか、堂々とはっきりみんなの前で暗誦し、終わった直後飛び切りの笑顔を見せてくれました。私もほっ。

そしてパピー。持ってきたのは、発表会で読みそこなった絵本です。
やはり最初は硬い表情をしていたけれど、少しずつ声が出始め、何とか1冊読み終えました。
パピーを励ますためでしょう。他のお母さん方がオーバーに褒め、拍手をして下さいました。ありがたかった。

この先も、パピーの発表はどうなるか、分かりません。
でもパピーの成長より、私が先に成長しなくては。頑張ります!
スポンサーサイト

category: 息子のこと(英語編)

tb: --   cm: 0

△top

Guess How Much I Love You 

 

ある日パピーが突然、
「ぼく、ままのことがキリンより好き」
と言いました。
ええっ? なんで動物とママを較べるわけ?
と不思議に思っていたら―。

その答えは、その少し前にパピーと読んだ、この絵本にありました。
Guess How Much I Love You


小さい野うさぎと大きな野うさぎ。チビうさぎは、自分がどれだけ大きなうさぎのことが好きだか伝えたい。うーんとうーんと考えて、懸命にそれを表現しようとする。腕をいーっぱいに広げたり、精一杯背伸びをしてみたり、めいっぱいジャンプしてみたり。でも、腕が長くて大きなうさぎにはどうやっても適わない・・・・。
最後のページのチビうさぎの表情が我が子に似ている、と思ったけれど、どこの親もそうなんだろうなーと、暖かな気持ちで私は本を閉じました。
ところがパピーは、そこから悶々と何かを考えていたのです。

そして、(私が忘れた頃に)パピーが出した答えが
「きりんより」
だったのでした。

慌しい日常の中で、優しい母親でい続けることは難しいよ・・・なんて、落ち込んでいるのか諦めているのか開き直っているのか―そんな私にとって、この上もない優しい言葉でした。
パピーが幼稚園に行ってしまった静かな家の中で、あらためてこの絵本を開きました。ぽろっと涙がこぼれ、そのまま止まらなくなりました。

それから数日後、年中さん3人組のクラスでこの本を読んであげました。最後に
Tell me how much you love your mother and father.
と問いかけたら、案の定、部屋の壁から壁まで走って「このくらい!」、椅子に登ってそこで背伸びをして「こーんくらい!」 ぴょんぴょんジャンプして「こんくらい、こんくらい!」3人とも一生懸命。
この子どもたちの気持ちを、お母さん方に伝えてあげよう―。

それが、この絵本を今年のクリスマス発表会に取り上げた理由です。

category: 英語の絵本

tb: --   cm: 0

△top

クリスマス発表会2006 

 

2006年12月22日、お教室のクリスマス発表会でした。レギュラークラスの生徒さんは今、5クラス18人。全員が出演してくれました。
みんな、ありがとう。頑張ってくれて、ありがとう。
私は本当に嬉しかった。

それぞれのクラスごとに皆で力を合わせた発表をひとつ、そして一人ずつお気に入り絵本の暗誦発表をしました。前者をメインにご紹介します。

オープニング(全員で)
♪ It Came Upon A Midnight Clear~Happy Holiday
途中で、紙テープをぱぁーっと散らして盛り上げる予定が完全に失敗。

園児クラス1(3歳~年長 5人)
♪ CTPレベル?から“Families Share”の詩を”When You Wish Upon A Star(星に願いを)”の曲に合わせてみんなで暗誦。そして、自分の家族の絵を描いてきてくれたのでそれを見せながら、Uncle Henry’s Songsから”This Is My Family”を1コーラスずつ歌って、自分の家族を紹介。開講から1年数ヶ月の3人に加え、3歳のMちゃんも入ったばかりのKくんもしっかりやれたね。

園児クラス2 (年長 2人)
♪ “Five Little Monkeys Jumping On the Bed” 
男の子は白衣に聴診器、手には携帯電話―勿論ドクター。女の子はエプロン、手には携帯―お母さん役。カラオケのBGMに負けず、上手に歌って演技できました。
↓Time-to-Discoverのシリーズから、The Solar Systemを暗誦した男の子
ehon_1.jpg


園児クラス3 (年中 3人)
♪ “Guess How Much I Love You”
うさぎちゃんの格好をした3人、「どんなにきみがすきだかあててごらん」の絵本にあった歌を、振りをつけながら歌い、その後一人ずつ「こーんなに好きだよ!」と思いっきり演技・・・する予定だったのです。練習どおりに行かなくて、ちょっと残念でした。

小学生クラス1(1,2年生5人)
♪ “Is That You , Santa?”
サンタの衣装を着た子も混ざって、Santa Claus Is Coming to Townの曲にノッて歌い踊りました。そのまま劇へ。Is That You, Santa? の絵本を基に、私が簡単な劇を書いたものです。イブの夜、落ち着かない子ども3人と寝かしつけようとするパパとママを上手に演じました。最後のMeeeerrrrry Christmas!も最高だったよ!

小学生クラス1(3年生3人)
♪ マジックショー
自ら、発表会では手品をやりたい、と言い出した彼ら。この日に至るまでの道のりは長かったけれど、銀の蝶ネクタイをつけて、仕上げは上々。” Ladies and gentlemen! Welcome to our magic show!” BGMは勿論(?)ポールモーリアの「オリーブの首飾り」です。手品をするたびに「うわ~っ」「すっご~い」と声が上がりました。(ご協力感謝!)

それぞれの絵本の発表は、どの子もとても上手で文句なしだったけれど、特に大きな成長を見せてくれた子が二人いました。 この日初めていきなりレベル?に挑戦した(お教室に来てくれるようになったのはつい半年前!)1年生のSくん。それから、CTP,100E,ORTなどの枠から飛び出し、とにかく自分の大好きな絵本(子犬のビスケット)を発表本に選んだEちゃんに拍手を送りたいです。

その後は、生徒さんのお母さんによるミニ音楽会。
アルトサックスで”ニューシネマパラダイス”を演奏してくださったSくんのお母さん。
“アメイジング・グレース”を歌ってくださったMちゃんのお母さん。
あれほど質の高い音楽をあのような音響の状態の悪いところでやっていただくのは本当に申し訳なかったけれど、笑顔で素晴らしい演奏をして下さいました。
本当にありがとうございました。
子供たちにも、本物の音楽に触れる良い機会だったと思います。

私も、子どもたちの発表に混ざって1冊の絵本(手作り紙芝居?)を読みました。

最後にゲームでちょっとしたプレゼント。
そしてご挨拶でクロージング。
closing_1.jpg

**************************************

練習の出来はとても良かったのに、本番では力が発揮できないクラス、子どももいました。楽しみにされていたお母さん方をがっかりさせたかもしれません。それはすべて、スムーズに進行できなかった私の責任です。申し訳ありません。
ただ、この日のためにずっと練習してきた子どもたちの頑張りは、忘れられません。
どのクラスもチームワークばっちりで繰り返し繰り返し練習していたし、小学生クラスは自らどんどん先に進んで、「先生、こうやったら?」と私より先に立って道を切り拓いてくれました。
人前で出し物をすることすら興味のなさそうに見えていた子も、びっくりするほど積極的になりました。
生き生きした子どもたち。
普段とは違った一面を見せてくれた、頼もしい子どもたち。

どうもありがとう。

I’m just proud of you.…

category: お教室日記

tb: --   cm: 0

△top

えいごはごはんと同じ 

 

私のブログを読んで下さったある方と何度かメールのやりとりをしているうちに、見えてきたことがありました。今日はそれをお話したいと思います。
その方は、2年生と2歳のお母さん。SSSの多読法はまったくご存知なかったのだけれど、上のお子さんの英語力を育てようと思ったときに、用意したのはとにかく英語の絵本、絵本、絵本。毎日毎日、親子で絵本を楽しんでこられました。英語の勉強は得意でなかった、と仰るそのお母さんご自身も子供と二人三脚で本を読み続け、今では英語サークルを主宰するまでの英語力をつけられたそうです。

子供の英語って効率よく身につけるものではありません。日々の長い積み重ね。
それは、毎日ご飯を食べて元気な子に育って欲しいと願う気持ちととても似ている、と気づきました。

子供たちは毎日お母さんの作るご飯を食べて、育ちます。
献立に頭を悩ますこともあるけれど、お母さんたちはとにかく毎日用意する。
子供たちの喜ぶ顔を見たくて用意する。「ママの作る○○が好き!」と言われるととても嬉しい。
そして一緒に食卓を囲む幸せな時間。子供だけでご飯を食べるなんて寂し過ぎる。きっと栄養にならない。
栄養のバランスも一応考えるけど、それほどの結果を期待するわけじゃない。(DHAの含まれた魚を食べたからテストの点をチェックするとか、葱を食べたから血液サラサラ度を検査する人なんていないでしょ。)
毎日のことだから、お母さんは無理もできない。時には、ちゃちゃっと済ませたりしても許される。
プロのコックさんや料亭の板前さんみたいな料理を作る必要はない。
時にはサプリメントで強化したり、特定保健食品を定期的にとるのもいけなくはないけど、小さいうちは必要ない。
栄養とは関係のない、おやつ、スナック菓子は、考えて与える。スナックだけでおなかいっぱいにしちゃいけない。
大人になって、巣立っていくまで続く、毎日のご飯作り。

英語の(絵)本も一緒。
とにかく子供が楽しめるもの、夢中になれるものを、毎日用意してあげる。
そこには親も一緒にいてほしい。
目先の結果は期待しない。
お母さんは英語のプロである必要はない。
英検や受験があるときは、単語集や文法問題集(=サプリ?)もいいけれど、それだけに頼ったら生きていけない。
「お遊び」の部分や時間(=スナック?)も、きちんとコントロールしないと。
そして、ずっと続けること。

そう、これもその方が仰っていたのですが、
「英語は何歳から始めることより、何歳まで続けられることの方がずっと大切」
私もそう思います。
ご飯と同じように、与え続けなくちゃ。あげるのをやめたら、成長はストップします。

当たり前のこと。自然なこと。
英語も、当たり前のように毎日本を開いていれば、普通にぐんぐんと伸びていく。
何も心配要らないのです。

英語絵本はインプット教材ではなくて、コミュニケーションやスキンシップ。そして彼女は、
「英語を取ってしまって、よくよく見たら、何も意味の無い物だった、というなら、私は要らない。」
と力強く主張しました。

で、彼女の2年生の娘さんは、「がまくんとかえるくん」を普通に英語で読むし、今は大好きなファンタジー「エルマーとりゅう」のシリーズの読書を楽しんでいるのだそうです。
それを聞いてとても驚くと同時に、普通にご飯を食べて育つことの「強さ」を感じました。
-- 続きを読む --

category: 英語講師として思うこと

tb: --   cm: 3

△top

Letters to Santa Part? 

 

前回のパピーのサンタさんへのお手紙(読んでいない方はこちらを先にどうぞ)、続きのお話があります。
パピー、気が変わったそうで、また手紙を書きました。
英語嫌いの彼も、年に一度のクリスマスプレゼントとなると必死です。
santa2006-2.jpg

Dear Santa,
I changed my mind.
Please (bring) me LEGACY.
Love,
(name)

そしたら、また、です。
letter2006-3.jpg

letter2006-31.jpg

Dear Santa,
I changed my mind, again.
I want (a) police car and Stepwgn, please...
Love,
(name)

その都度、家の郵便受けに入れておきます。
手紙はいつの間にかなくなっているのでそれらは全部、サンタさんのところへ届いている、ということ。
3通もの手紙を受けとったサンタさんは、ついに返事を書いた!
letter2006reply.jpg
-- 続きを読む --

category: 息子のこと(英語編)

tb: --   cm: 4

△top

Letter to Santa 

 

パピーがサンタさんに手紙を書きました。
普段なんだかんだ言って、(絵本以外の)英語を避けるパピーも、North Poleに住むサンタさんが日本語を分からないのでは仕方ありません。
欲しいものはスカイライン!
その思いを込めて、紙いっぱい必死で書きました。
まあ、綴りも私が言うとおりに書いているだけですから、英語の力という意味ではまったく意味がないのですが、でも、この手紙は私の宝物になりそうです。
いやいや、勿論手紙はサンタさんのところへ行ったのですよね。
(朝、家の郵便受けにいれておきました。幼稚園から帰ったらなくなっていたので、郵便やさんが持っていってくれたようです。おばあちゃんへの手紙と違って、ポストに投函だけはしないよう、言って聞かせました)
letter2006.jpg

Dear Santa,

I've been good this year?
What I want for Christmas is SKYLINE.

Love,
(name)

先日、一人でミニカーで遊んでいるとき、こんなことを言ってました。
「前の車、左に寄りなさい。前の車、左に寄りなさい」
パパどきっ。
たしか、今パピーの欲しがっているスカイラインのパトカーについていたボタンを押すと、こんなことを喋っていたと思います。
トイザらスに行ったとき、試したのでしょうね。

「あれ、うちにあるとうるさいだろうなー」
「ピーポーピーポーって鳴るボタンもついてたよ」
と、悩んでいるパパとママの姿を、サンタさんはどこかで見ているでしょうか?

category: 息子のこと(英語編)

tb: --   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。