子供と英語絵本のある暮らし

英語絵本がいっぱいの子供英語教室 Kashiwagi English Roomから~

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

嬉しかった贈り物 

 

こんなものをいただきました。オルゴールです。
img_1047_1.jpg

OLIVIAという絵本、ご存知ですか。
その絵本の1ページから、主人公のこぶたちゃんオリビアと弟のイアンが飛び出してきました。ママの口紅を引き、大きなリボンに赤いハイヒールで、鏡の前でポーズするオリビア。真似するイアン。
オルゴールの音色は、ショパンのノクターン。
我が家にこの絵本のあることを覚えてくださっていた方が、「雑貨屋さんでふと見つけたので」と思いがけずプレゼントして下さいました。
オリビアを見かけて、私のことを思い出してくださった、ということがとても嬉しかったのです。
(えっ?子豚を見て、私を思い出したわけじゃないよねっ????)

さて、このオリビア、どのくらいキュートかというと、うーんと、うーんと…、
胸がキューンとするくらい可愛い。
(うー。稚拙な表現。パピーの「きりんより」の方がいいなあ)
そして、「かーわいい~!」だけでなく、ほわぁっと温かい気持ちにしてくれます。
我が家では、息子より私向き。
木炭で描かれたモノクロのイラストに、鮮烈な赤が素敵です。

追伸;
パピーの怪我について、いろいろご心配頂き、ありがとうございました。
縫った傷はみるみるうちに治り、人間の治癒力に感心していたのですが、一方こんなに脆いものかと思ったのが「歯」。
とりあえずは抜かなくて済んでいますし、乳歯なのでまあ、最終的にはリセットされるのですが、一度ぐらついた歯はなんだかんだと厄介のようです。
転んでそこまでの怪我をするって、やっぱり幼児ならでは。
自分の身の守り方を、少しずつ学習していくのでしょうか。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: 英語の絵本

tb: --   cm: 0

△top

新年早々、なんてこった 

 

お正月は家族3人4泊5日で夫の実家に里帰りをしました。富士山が真正面に見える、静かな田舎です。
おじいちゃんおばあちゃんと、楽しくのんびり過ごしました。

そして事件は帰途、高速道路のサービスエリアで起こりました。
そこは、海を臨む公園のある浜名湖SA。お天気も良かったので、その芝生の上でお昼を食べることにしました。パピーは、綱をほどかれた子犬のように、ぴゅーんと飛び出して、芝生の坂を転げ落ちるように走って行きました。
転げ落ちるように、が本当に、躓いてこけてしまいました。
うぎゃーっと泣き叫びながら、振り向くと、口の周りが血だらけ!
あらっ、口の中切っちゃったのかな。
と思って、口を開けさせると、下唇の裏がぱっくり、ざっくり。思わず目を背けてしまった!

いえいえ、背けていてはいけません。これは病院に連れて行かなくちゃ。
でもこの辺りで知らない病院を探して飛び込むより、家の近くの病院までこのまま行ってしまおう、ということになり、ハンカチを口に当てさせ、
「いい?泣いてもいいけど、口を開けちゃだめよ。口閉じて泣きなさい」
そう言って、車を走らせました。
言いつけをちゃんと聞く、健気なパピー。じきに泣き止みました。

近所の大きな外科病院に飛び込みました。
時間外の救急対応となりました。診てくれたのは院長先生。
髪をびしっとセットした、顔の長い、なんというか演歌歌手のような先生でした。
先生「どうしました?」
夫「えっと、ぼくたち帰省していまして、正月はそこで過ごしたんですが、帰りにお昼ご飯を食べようと思ってサービスエリアに立ち寄って、サンドイッチを買いまして、」
まるで要領を得ない。
私「さっき、原っぱでこけました。」
先生「事故ですか?何かに巻き込まれたとか、誰かが関わっているとか?」
私「ありません。一人で勝手にこけました」
先生「わかりました。さあ、ボク、診よか。」

先生「うーん、これは、うちより歯医者に行ったほうがええぞ。」
私と夫「?!」
先生「上の前歯がぐらぐらしとるで、抜かんとかんかも分からん。
歯医者のことは、うちではわっかれーせんでね」
びしっと決めた演歌歌手、だあだあの名古屋弁。
前歯のないパピーがにっこり笑った様子が頭に浮かび、くらっと眩暈がしました。

でも、また開いている歯医者を見つけ出すまでパピーを引っ張りまわすのが嫌だったので、ぱっくり開いた傷口だけでもなんとかしてくれと頼みました。で、縫ってくれることになりました。

パピーはミイラのように腕と体一緒にタオルを巻きつけられて、ベッドに横になりました。体は看護士さんが抑えます。もう逃げられません。目だけがウルウルとこちらを見ています。
麻酔の注射が唇に打たれ、ずっと泣くのを我慢していたパピーもまた泣き始めました。ああ、胸が痛い。でも、ミイラ状態なので暴れることは出来ません。
先生「もう麻酔が効いとるで、痛くないやろ」
そう言いながら、糸と針で縫い始めました。
看護士さん「ボク、痛い?」
パピー、必死で頷く。
先生「痛いって聞いたら、痛いっていうにきまっとるやろ。
ボク、痛くないやろ?」
パピー、またうんうんうんと頷く。
どっちやねん。
そのとき、看護師さんが
「お母さん、顔真っ白!大丈夫ですか?」
具合の悪くなった私はそのまま気を失って、隣室のベッドへ運ばれていきました。
マンガみたい。

怪我人の息子と、急病人の妻。夫、頑張りました。

とりあえず、縫ったところ以外には異常もなく、正気に戻った私と一緒に外科医院を後にしました。
歯医者で、問題の前歯の検査をしてもらいましたが、抜かなくてもOKとのこと。
はあ~、良かった。

で、今は縫い目から糸がぴっぴっぴっと出たまま、口がちゃんと閉まらない状態。
しばらくは毎日通院して、消毒をしてもらわなくてはいけないそうです。

新年早々、えらいことになりました。

どうでもいいですが、その病院の待合室には、院長先生と元中日ドラゴンズの郭源治投手が肩を組んで撮った写真が飾られています。
先生、ドラゴンズファンかあ…いかにも、だな。

category: 息子のこと(iroiro)

tb: --   cm: 3

△top

Wishing you a happy new year! 

 

新年明けましておめでとうございます。
2007年はまず、心からの感謝の気持ちをここに記すことから始めようと思います。

昨年は、本当にたくさんの素敵な出会いがありました―。

HPがきっかけでメールを下さったかたがた。
私のやり方に共感を覚えると言って下さった英語の先生方やお母さん方。
そしてはるばる我が家まで足を運んで下さった方。
お教室に通ってくれるようになった子供達。
SSS英語多読勉強会の仲間達。

皆さんと出逢えたお蔭で、私は本当にたくさんのことを学び、充実した1年を過ごすことができました。

それから、長く付き合ってくれている人たちへ―。

もう何年もお教室を支えて下さっている生徒さんのお母さん方。
私が英語のお仕事に集中できるよう、パピーの面倒をいつもみてくれて、些細な悩みも聞いてくれる心優しい友人達。
そして私をいつも驚かせたり、喜ばせてくれる子供達。
遠くから励ましてくれる、私の家族。

最後に。
わがままで勝手なことばかりやっている私を温かく見守ってくれる夫と、
私の生活を何倍も楽しくしてくれる息子。

みんなみんな、本当にありがとう。ありがとう。

皆さんにとって、今年が幸せな1年となりますよう、心からお祈りしております。

Kashiwagi English Room主宰
柏木由里子
-- 続きを読む --

category:

tb: --   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。