子供と英語絵本のある暮らし

英語絵本がいっぱいの子供英語教室 Kashiwagi English Roomから~

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

ごめんね、パピー 

 

地味な希望なのですが、パピーには、一定の時間は集中して学習の出来る子、そして読み書き計算のきちんとできる子、になって欲しい、と思っています。
そんなこと、就学前から考えるの?と思われるかもしれません。
でも英語では「押し付けずに自然に」ばかり言っている私も、半面「やるべきことはきちんとやる。それは当たり前なのだ」と、パピーに思って欲しかったのです。
勉強に限らず、です。

そういう理由から気になり始めたのが、あの、膨大な宿題の出されるプリント学習教室。
早期教育が目的ではありません。
例えば朝。
起こされたら(自分で起きるのが理想ですが)言われなくても、カーテンを開け、ベッドをきれいにし、顔や手を洗って着替えをして、キッチンに顔を出す。幼稚園のお支度をする。
それだけのことをさせるのに、随分の時間がかかったけど、何とかできるようになった。
そこに、15分のプリント学習を組み入れる。
そうして、プリント学習を習慣化すれば、目先の楽しそうな教材にその都度飛びつくより、毎日の積み重ねはきっと将来大きな力になるだろう、と考えたのです。

年少の頃、本屋さんで見かけたドリルをやりたい、と言い出しました。
遊び感覚で、好きなときに好きなだけやりました。わからなくなったら、そのページでドリルはおしまいでした。遊びでやっているので、「つまらん。」と言われれば、それ以上強制することはできませんでした。
文字、数字、運筆練習、それから英語圏ネイティブの子供用ワークなど、10冊ぐらいやったでしょうか。
飽きたらやめるのだから、まったく習慣化しません。
これらのドリルが無駄だとは思いませんが、
「やるべきことはきちんと」
を教えるのに、遊んでいるだけじゃ意味がない、と思いました。

そして年中の6月、KU○○Nをスタート。
勧められるがまま、国語と算数の2教科をとり、各教科、表裏のある10枚ずつのプリントを、毎日欠かさずやり始めました。
最初は機嫌よくやっていたパピーも、夏頃にはスピードダウン。
「一日10分、2教科なので20分間、集中してやりあげる。あとは遊んで良し!」
そんな風に思い描いていたのが、とても出来なくなりました。20枚のプリントをこなすのに、1時間も2時間もかかるようになってしまったのです。
やがてプリントは半分に減らされました。それでもかかる時間は変わらない…

1時間以上も掛けていたことは、先生には内緒です。
というのは、「だらだらやってもいけないので、15分ほどの時間が来たら枚数に限らずけりをつけてください。」と指導されていたから。
でも、15分ではエンジンすらかかっていない。そこで切り上げるなんて私には出来なかった。
そして、出来る限りの枚数をこなして、どんどん先に進みたい…、私にそういう欲が生まれてしまったのです。
取組んでいるのはパピーで、私ではないのにね。

そう、「欲」という落とし穴に嵌ったのは、私でした。
教室には、優秀なお子さんがたくさんいたのです。
年中にして既に割り算の筆算が出来る子までいました。そういう子は、なんだかの式典で表彰されちゃったりします。
さすがに、パピーはそういう子ではないことにすぐ気がついたけれど、先生が
「大丈夫、パピーくんもきっと優秀なお子さんになりますよ!」
と煽る。1年生で掛け算が出来たら、2年生で割り算をマスターしていたら、ガッコウはどんなにラクかしら。そんなことを想像します。(早期教育が目的ではなかったはずなのに!)
また、年中、年長というのに、モクモクと机に向かって勉強できる集中力を持つお子さんが目の前にいる。
そう、私はこうなって欲しいのよ!なのにパピーはいつまで経っても…。
私が毎日のように叱るので、パピーはすぐに「シューチュー」という言葉を覚えました。

その頃、酒井先生に会いました。酒井先生の大好きなパピーは「ボクねー、KU○○Nにいってるから、たしざんができるんだよ!」と余計な自慢をしました。
途端に先生の顔が曇り、「あんな反復練習を疑問も持たせずにさせていると、自分自身のためでなく親のために勉強する子になってしまうよ。気をつけなさい」と言われました。
その言葉は心の中に引っかかっていたけれど、暴走を始めていた私は、教室をやめさせることは出来ませんでした。

相変わらず集中力のないパピー。
特に教室にいる間は、次から次へ教室に入ってくるお友達が気になったりして、入り口をちらちら見てばかり。手は止まっている。
後ろで待っている私はイライライライライライライライラ!
「集中して出来ないなら、ママはもう帰るからね!」
と、背中をぱしっと叩いて教室から出て行きました。「ママが…ボクをおいてった…」半泣きのパピー。
私が出て行った後は、教室のブラインドの隙間から、駐車場に私の車がまだあるかを必死で探していたそうです。(で、また集中できない)

帰りの車の中で
「ボクはね、ほんとはシューチューしたいんだよ。
でも、どうしてシューチューできないんだろうね・・・
ママ、ごめんね…ひっく。」
と言ってぽろぽろ泣き出しました。
なんてかわいそうなことをしちゃったんだろう!
なんだか私も泣けてきました。
私たち2人は一体何をやっているのでしょう。
このままだと、本当に、「ママのために」勉強する子になっちゃう!酒井先生の言葉が蘇ってきました。

一度頭を整理することにしました。
きちんとした読み書きの力をつけて欲しいと思って始めた国語は、やめました。
今まで何度かここに書いた国語の話(むかしばなしプリントの話一休さんなど)は、このお教室がきっかけでした。彼の国語の世界を開く、いい機会だったと思います。
でも、国語だって英語と同じ。私は、言葉は生き物であり、楽しく、自由なもの、と思っている。それを反復練習で身につけさせるのは、嫌だなと思いました。
パピーの突拍子もない答えに「この発想はステキね~」と優しく微笑んでくれる先生でしたが、この先、学校のテスト向けの答えを書かないと×をされる…そういう日も近いでしょう。テスト向けの答えが書ける子になって欲しいとは、サラサラ思いません。
国語は好きだったパピーだけど、「プリントやめて、その分ママと日本語の本読もっか」と言ったら、「うん、毎日ね!」と嬉しそうに言いました。

算数はここでやめちゃうと、嫌な思い出と苦手意識ばかりが残りそうでした。
それに算数は、決められた答えを出す。それでいいのだから、反復練習は避けられない。逃げないほうがいいのかもしれない。
先生に相談して、ばかみたいに簡単なプリントまで立ち戻り1日1枚やるところから、再スタートしました。
気がつくと、単純な足し算のプリントをもう1000枚ぐらいやってきています。
たったこれだけの足し算をマスターするのに、これは尋常なやり方だったのかしら?と正直思います。6歳まで待てば、もっとラクに習得できたでしょう。
「1000枚やって、この程度なのよ。」同じ教室に通わせるお母さんに思わず苦笑い。
3人のお子さんをその教室に通わせ、何度も悩みながら頑張って続けさせてきた彼女。
「パピー君のその1000枚、絶対に無駄にはならないわよ。」と強く言ってくれました。
なんだか救われた気持ちになりました。ありがとう。

スタートして1年。
やっと、毎朝自分からプリントを取り出し、シューチューして(笑)10枚に取組むことができるようになりました。
親ばかだけれども、その真剣な顔はとってもいいな、と思います。
15分でやりあげたら、パパと3人で朝ごはんです。

がんばれ、パピー。
未熟な母も、日々学習しています。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: 息子のこと(iroiro)

tb: --   cm: 5

△top

なつやすみ英語絵本講座 2007 

 

今年も、夏休みのみのクラスを開講します。
全5回コースですが、単発で受講をしていただくことも可能です。
一般公募する前に不定期のクラスに通われている生徒さんでほぼ定員が埋まってしまったのですが、単発の空きがわずかにありますので、ご興味のある方はお問い合わせ下さい。
親御さん、子供さん共に、英語経験、英語力などまったく関係ありません。
これから子供さんと英語の絵本を読んでいこうかな?と思われる方は是非どうぞ。
お教室は、愛知県です。(名古屋じゃなくって…ちょっぴり田舎です…)

対象      年長~小学3年生
レッスン日  7/30, 8/6, 8/20, 8/27の月曜日
         * 全5回コースは7月23日もありますが、7月23日は満員です。
時間      朝10:00~11:00(そのあと1時間、「お茶の時間」があります。だから12:00迄)
         但し、8月20日(月)のみ、午後1:00~3:00 (「お茶の時間」含む)
受講料    1回2,000円
         * ちなみに、全5回コースは5,000円です。
         単発レッスンを3回以上ご希望の方は全コースとしてお申し込みされるほうが
         良いでしょう。
         (但しその場合でも、7/23 が満員のため、
         4回しか受けていただくことは今のところ出来ません。
         大変申し訳ありませんが、ご了解下さい。)
定員      6名
目的      夏休みを利用して、英語の読書の楽しさを知る。
         家庭での読書習慣をつける。
内容      そのために、レッスンで楽しい絵本をいろいろご紹介します。
         おうちでも、出来るだけ毎日親子で本を開いてもらうことをお願いします。
         レッスンでは、おうちで読んできたお気に入りの絵本を、
         みんなの前で発表して下さい。
         お友達の本も楽しみましょう。
お問合せ   メールoakenglishあっとhotmail.co.jp
         「あっと」を@に変えて、メールをくださいね。

普段は時間に追われっぱなしで、なかなか「読書の時間」をとることが難しいかと思います。
夏休みに是非その時間を確保してみましょう。そして片っ端から、読んだものの記録を残してみましょう。
夏休み中だけでも延100冊ぐらい読めれば、素晴らしいと思います。きっと、できます。
それは、これからの英語力のベースとなるに違いありません。
文法や単語をばらばらと勉強していくより、もっと確固とした英語力のベース。
本の持つ力は、無限です。

Happy Summer!
-- 続きを読む --

category: なつやすみ限定 英語絵本教室

tb: --   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。