子供と英語絵本のある暮らし

英語絵本がいっぱいの子供英語教室 Kashiwagi English Roomから~

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

柏木家の親指ものがたり 

 

ハロウィンパーティで絵本を読もうと考えていました。
人数も多いので、ビッグブックを手作りしようかとか、ペープサートを作ろうかとか、いろいろ迷った挙句、シンプルなストーリーテリングをやってみることにしました。

『庭で親指を拾ってしまった男の子。
家族で晩御飯にそれを食べてしまった。
その夜。
「私の親指はどこだぁ~、私の親指はどこだぁ~」と奇妙な声が聞こえる。
その声がひたひたと近づいてきて…。』

というショートストーリーを思い出し、私なりのシナリオを考え、BGMを作って(恐怖音楽用のCDがあるんですね~。買っちゃいました。)、何度か一人で練習をしました。
さて、このお話。
みんなが理解してくれるか、おもしろがってくれるか、怖がってくれるか。
実験台は勿論パピーです。

夜の絵本の時間、
「今日は、絵本の前にママのお話聞いてくれない?」
「・・・・いいよ。」
でもパピー、警戒している。

怪しげなBGMをオン。部屋は薄暗い灯だけ。
私の一人芝居が始まりました。
ジャックという男の子が庭先で土遊びをしている。Suddenly, he saw a thumb in the ground.(地面の中に親指を見つけました。)と続きます。
You know what a ‘Thumb’ means?と問いかけると、パピー、恐る恐る自分の親指を私に見せます。
よし、そのまま話を続けます。
ジャックが持ち帰った指を、お母さんがにっこりと、Oh, it looks nice and plump. (まあ、おいしそうねえ) I’ll put it into the soup.とスープに入れてしまう。
家族で、OYAYUBI soupをおいしそうに食べる場面で、パピーが
「ちょ、ちょっと待って!」
おどろおどろしい雰囲気を破ろうと茶々を入れる。
「Dadは、スープに親指が入っていること知ってるの?」
Yes, he knew it. All of them knew it, and enjoyed the soup.
「ふうーん・・・・いいよ、続けて」

クッションを抱えて、真剣な表情で聞き入るパピー。
私が最後の科白を急に、”!!#%&YXOl\#*!!!!!!!”と叫んだ瞬間!
うっっぎゃぁーーーーーーー!!!!!
パピー大泣き。

悪かった、悪かった。
「ごめんねー。もう怖くないからねー。もっと楽しい絵本読もうねー。ごめーん。もう大丈夫だよー」
と精一杯フォローをいれて、別の絵本を読み、やっと落ち着いたパピーを床に入れました。

よし、いいかも。
でも、もうひとり実験・・・夫だ。

パーティー前日の夜12時。
そろそろベッドに入ろうかなーとしていた夫を捕まえ、真剣に、
「ね、寝る前にちょっと私の話を聞いて」。
自分のダンナ相手に何をやってんだ、という気持ちを払いのけ、
夫をソファに座らせ、目の前で私は熱演を始めました。
親指を地面から必死で引っこ抜く真似をして、Phew… Yes, I've got itと言ったら、
「ちょっと待って。」
演技指導が入りました。

「地面から出ている指をそんなに一生懸命抜いたら、オレ、死体全部が出てくるんだと思った。
その抜き方は不自然だよ。」

ごもっとも。これは「おおきなかぶ」ではない。
指は、抜くのではなくシャベルで刈り取ることにしました。

夫「ねーねー。そこで本物の指が出てきたら怖くない?」
「でも、今頃言ったって・・・」
「大丈夫。オレに考えがある」

なんだか♪な気分になってきた夫は、真っ暗な庭へ出て手頃な木を拾ってきて、ごりごり、鋸で切り始めました。
頃は午前1時。もうそれだけでホラーだよ。
ヤスリをかけて、自分の指をモデルに絵の具で色をつけます。指の根っこの辺りはドス黒く塗って。

見事な出来映え。
本人も満足。ところが急に
「あ~~~っ!オレとしたことが重大なミスを犯してしまった!」
「…なにが?」
「やけに長くない?親指にしちゃ。オレ、人差し指見ながら作っちゃった。」

それは大変なミス。
でも私は「・・・」

そして彼は、またもや鋸を取り出し、出来上がった指をごりごりと短く切り始めたのでした。
とことんやりたいのは、彼の性格なのでしょう。
色を付け直して仕上げ、床に入ったのは午前3時でした。
お疲れ様。

***************************************************

そんなこんなで初挑戦した、恐怖の(?)ストーリーテリングでした。
本番。
最前列の小さい園児達は皆膝を抱え、中には耳をふさいで聞いている子もいたのですが・・・・。
小学生達はまだまだ余裕をかましていました。

小道具(もちろん、親指)の使い方もまだまだ工夫の余地があったと、監督(もちろん、夫)から指摘を受けました。
日本語でところどころ解説を入れたほうが良かったかな、とも反省。
くそーっ。私もまだまだ修行が足らないな。
でも諦めないぞ。
来年こそは、怖がらせてやる!
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: 息子のこと(iroiro)

tb: --   cm: 1

△top

Happy Halloween 2007 

 

2007年10月27日土曜日。
Kashiwagi English Room恒例、ハロウィンパーティでした。
反省点は山ほどあれど、今年も大きな事故や怪我もなく、子供達の笑顔も見られ、とりあえずはほっとしています。
仮装して参加してくれた子供達34人。ご父兄25人。Trick-or-treatingにご協力くださったご家庭16軒。
まずは、関わってくれたすべての皆様に厚くお礼申し上げたいと思います。
ありがとうございました!
本当に本当に感謝でいっぱいで、ありがとう以外の言葉が浮かびません。

では、当日レポート。 場所は、今回始めて利用する、地域のコミュニティセンター。3時スタート。
(余談・あ、このコミュニティセンターって、お葬式のために作られた施設だそうで、予約を入れたとき「お葬式が入ったら、そちらを優先させてくださいね」と言われました。そ、そんなリスクがあるのか…。「ま、季節がいいから、大丈夫だと思いますけどね」って受付の人。)

今年は、こんなものを買いました。高さ2メートル30センチ。
暗闇でも光ります。
fuwafuwa_1.jpg


1. オープニング


いきなり、The Adams Familyのダンス&歌から始まりました。
レギュラークラスのレッスンでは、皆かなり上手に踊れていたし、お教室をはしゃぎまわって盛り上がっていたんだけどなー。
たらららっ、ちっ、ちっ。
たらららっ、ちっ、ちっ。
たらららっ、たらららっ、たらららっ、ちっ、ちっ。
ちょっと緊張感を持って、じろっと子供達を睨んだりして。
でも、小さな子や知らない子もいたので、困っていたよね、ごめんなさい。

2. 私からご挨拶

3. 年少~年長の子供達による”Five Little Pumpkins”

4. ストーリータイム “Where is my thumb?

これについては、別記事をご覧下さい。

5. ゲームその1 “Touching Game”

黒い箱を用意してあります。横2箇所から手が入ります。正面からだけ、中が見えます。箱の中にものを入れて、プレイヤーは触ってそれが何かを当てる、というゲーム。
一回戦 近所のスーパーで買ってきたパイナップル
二回戦 幼稚園の芋掘り大会でもらってきた土付きサツマイモ
三回戦 夫が夜中に作った指 (別記事参照
四回戦 お約束の、糸こんにゃく
blackbox.jpg

このゲームって、触る子がもっと大騒ぎするかと思ったのですが、子供達って意外に淡々と触るのですね。
それより、観客の子供達。息を詰めて、そしてキラキラした目で箱の中を見つめているのです。この子達の方が楽しんでいた様子。
どれも、当てられてしまいました。
正解だったので、糸こんにゃくを当てた子にこんにゃくをプレゼント。
…しようとしたけど、「いりませーん」とお父さんに断られました。

6. ゲームその2 ピニャータ

うーん、書きたくないくらい失敗に終わったゲームでした。
今まで、お菓子の詰まったパンプキン形のピニャータを、吊るして叩いたり、床に置いてスイカ割りみたいに目隠しして叩いたりしていました。
今年は、たくさんの紐が人形から出ていて、アタリの紐を引くと、ぱんぱかぱーん、みたいに、ピニャータからざーっとお菓子がこぼれ出る。
という趣向のピニャータを手に入れました。クス玉がぱかっと割れる様子を頭に描き、今年はいいぞ~と一人ほくそ笑んでいました。
ところが子どもが35人もいるというのに、2人目の子の引いた紐が、すぽっ。
「あれ?」
「あ、これ当たりなの。」
と、私が吊るされたパンプキンをシェイク、シェイク。お菓子がぽろぽろこぼれてきました。
「…」
紐を引くチャンスすらなかった子供達、無言でお菓子を拾っていました。

もうあのピニャータは二度と買わないぞ。

7. Trick-or-treating paradeの注意事項を伝えて、とりあえずインドア・パーティの部は終了。

インドア・パーティのお開きの際、お父さん方が椅子の後片付けをささっと手伝って下さいました。ありがとうございました。
これから、車で我が家の近所の公園まで移動します。
このHalloween Partyの目玉、Trick-or-treating paradeです。

8. Trick-or-treating parade

この日は朝から大雨。でもパレードの直前に小雨になり、やがてやみました。あ~良かった!!!!!!!
34人は3つのグループに分かれて、一斉にスタート。異なる順路で15軒のお宅を回ります。お母さんやお父さんも一緒です。
お菓子を入れてもらうための、パンプキンバケツやペーパーバックを用意してね、と言ってありましたが、傑作だったのは、黒いペールボックス(ゴミ箱、ね)に紐を通し、ジャックオーランタンの絵をつけた、Kくんのパンプキンバケツ。いっくらでもはいるな~、と感心。

前もって、お願いしていたご近所の方達は、子供達の数分のお菓子を用意して待っていてくださっています。
かごにどさっとお菓子を入れてあって、飴やチョコを選ばせて下さいます。子ども達の目がまたキラキラ。興奮しているんだなあ。
一人分ずつステキなラッピングがしてあったり。
お菓子にかわいらしい小さなハロウィンのシールが貼ってあったり。
玄関周りを、ハロウィングッズで飾って待っていてくださったり。
何より、笑顔で、仮装の子供達を迎えてくださる。
それが何より嬉しく、ありがたかったです。

今年は随分スムーズに進んだようで、私の引率したグループ以外は、予定の時間よりも早くゴールに到着していました。

5時15分。雨もすっかり上がり、空は夕暮れ。
お菓子でいっぱいになったパンプキンバケツを手に、子供達はお母さん、お父さんと一緒に帰っていきました。

《The End》

Galleryにも、いくつか写真がありますので、どうぞご覧下さい。

そうそう、最後になったけど、もう一人お礼を言わなくてはいけない人がいました。
私一人では絶対に、出来なかったこのハロウィンパーティ。
夫が助けてくれました。
監督さん、音声さん、大道具さん、小道具さん、ADさん(これがほとんどかな)、カメラさん。いろいろやってくれました。
いつの間にか私のお教室行事にうっかり巻き込まれてしまった感、無きにしも非ず。
ですが、とにかくありがとう。
-- 続きを読む --

category: お教室日記

tb: --   cm: 0

△top

夢を見るパピー 

 

パピーが早朝、夫のベッドにもぐりこんできて、お喋りを始めました。
パパの血圧はまだパピーにはついていけるほど上がっていない。
「パパ、ボクね、昨日夢をみたよ」
ほほー、パピーでも夢を見るようになったんだ。と思いました。
でもパパは、まだ半分寝ぼけたまま、
「…ふぅん…」
「あのね、O先生にイオンで会ったの」

O先生は、園唯一の男の先生。
真面目そうな副園長先生です。

「…そんだけ?」
パパ、やっと少し目が開く。
「うん。」
「つまんない夢だね。それじゃー、普通じゃん。」
「でも、そうだったんだもん」
「もっと、
O先生がイオンでレジ打ってるの見たとか、
試食販売やっているところ見たとか、
そういうのなら夢としておもしろいけど。
パピーの夢はつまらん。つまらなさ過ぎ。」
「…」

まったく朝から、何をくだらない話をしているのでしょう。
と思いつつも、頭の中で、レジ打ちをするO先生を頭に思い描いてみる。
私の頭もすっかり目覚めました。

もうすぐ、ハロウィンパーティ。
忙しくってやることいっぱいあって、悩みもたくさんあって…
…ちょっと現実逃避で、こんなところに今朝のことを、ちょこっと書いてみました。
すいません。
さ、頑張るぞ。
-- 続きを読む --

category: 息子のこと(iroiro)

tb: --   cm: 1

△top

Summer Reading Program 

 

今年の夏休み。
お教室では"Summer Reading Program"というのを実施しました。
ご家庭での読書記録を毎日つけて、毎週のレッスン日ごとに提出してください、というものです。
長文になりますが、特にご参加された方は是非お読み下さいませ。

【きっかけ】

先日ここに書いたとおり、最近「レッスン発表のための練習」になりがちだったご家庭での絵本の時間。
もっと自由に、適当に、そして大量にどんどん本を開いて欲しい。
だって、英語のままの絵本を読むって本当に楽しいんだから!
それを伝えたかった。
でも、何かの起爆剤が必要かも…。
強いて言うなら、今回のプログラムでは、週1の「レッスンでの発表」ではなく、「記録が積み重なっていくことの嬉しさ」をモチベーションにしてもらおうと考えたのです。
幸いなことに、私のお教室の生徒さんは皆、自ら好んで選び、買ってもらった絵本を、おうちに何百冊と持っています。懐かしいあの本、お気に入りだったあの本を思い出してくれたら!

【プログラムのご案内と参加募集】

今回は、子どもの自主性に任せないでお母さんに、きちんと「英語の本を読む時間」を毎日確保して欲しい、と思いました。
読書の時間になれば、テレビを消して、今日読む絵本を一緒に選ぶ。「お母さんの読み聞かせなんてもう照れくさい」という小学生でも、そこまで持っていってくださると嬉しいなと思いました。小さい子なら、勿論それから一緒に開く。

「この夏は~に燃えるぞ!」と決めていたり、夏休み中はお母さんがとても忙しくて一緒に絵本を開く時間はなさそう、というご家庭もあるかと考え、自由参加にしました。
勿論途中リタイヤOK。無理のないペースを見つけて、取組んで下さればよいのです。
プログラムのご案内をした結果、レギュラークラスの生徒さんのうち19名が参加して下さることになりました。
ちなみに「夏休み英語絵本講座」のクラスや月1のクラスは、皆さんに記録をお願いしました。

【途中経過~記録用紙から伺えたこと】

子供達、ずーっと前に買ってもらった本を本棚から、少しずつ取り出し始めたようでした。
小学生は自分で記録を書いていました。字も随分きれいになりました。
興味深かったのは、お母さん方のコメント。
「この調子で読んでいこうね!」「自分で本を出してきた!えらかったね」「楽しんでくれれば、ママは何より♪」
といった、子どもさんへの励ましのようなコメントもあれば、
「(お教室には通っていない)弟の方が興味を持ち始めました?!」「××のシリーズがとても好きみたい」「読みたがる本のお話が少しずつ長くなってきました」
など、気づいたことのメモもありました。
記録のない日には
「今日は花火大会に行ったので、絵本はお休み」「夏祭りで疲れ果て寝てしまい…1冊も読めず。」「ディズニーワールドオンアイス、楽しかったね!」「キャンプ、初挑戦!」
などと書いてあったりして、夏休みの思い出にもなりそうだな~と微笑ましかった。
それぞれのご家庭に溢れる愛情が感じられるようでした。

【反省点】

途中の、私のフォローが甘かった!大反省!
押し付けちゃいけない、皆それぞれの事情があるんだし、と遠慮していたのも事実だけれど、おうちでの様子を尋ねたり、絵本の選び方をアドバイスしたり、絵本を貸し出したり。
もっと私のフォローの入れ方はあったはずでした。
特に、お盆休みに入る前。記録用紙を余分に渡して、間があいてしまった次回レッスンまで、何もフォローを入れませんでした。
この期間は見事!白紙で提出してきた子が何人かいました。

【記録の結果】

最後に一人ずつ6週間分の記録の集計をしました。
うん。どの子も、このプログラムで今までとはちょっと違った、絵本との付き合い方をしてくれたようです。
冊数は決して競争ではないのですが、きちんと本を開き続けた子には、なんらかのawardを、と当初考えていました。
100冊も読めたらすごいだろうな。このあたりで、awardをプレゼントしようか…などと。
しかし結果的には100冊を超えた子の方が断然多かったのでした。
ただ、100冊を超えなかったけど地道に1日1冊のペースを守って、本を開き続けた子もいました。50冊、60冊だって十分過ぎる量じゃない?
100冊でラインを引くのは、忍びない思いがしました。
そこで、今回は参加賞とCertificationを全員に渡すことにしました。
“This is to certify that Puppy Kashiwagi has completed 223-book-reading in summer, 2007.” とひとりひとり、名前と期間中に読んだ冊数をいれた、手作りのcertificationです。

ただし!
お一人だけ桁違いに読書をされた方がいらっしゃいました。
夏休みの総冊数が1033冊(本当にケタが一つ多いでしょ!)になった、木曜園児クラスのSくん(年少)です。毎日毎日、100Eを1セット(20冊)、ORT2セット、そしてお手持ちの単品絵本数冊など、山のように積み上げてはどんどん読み続ける様子が記録用紙から伺えて、感動しました。
私が何より驚き、感動させられたのは、Sくんのお母さんがどれほどの時間、彼の絵本のために費やしてこられたかということ。私は「10分で構いませんから、毎日一緒に本を開いてあげてください」とよくお願いしますが、その10分を作ることが、忙しいお母様方にとってどれほどエネルギーのいることかも、分かっていました。
Sくんはとても元気な男の子で、下には赤ちゃんの弟くんがいます。お母さんのお忙しさは想像に難くありません。それでも!1033冊。Sくんのために開き続けたのです。
子どもが幼い今、母親は子どものために割く時間、絶対に惜しんじゃいけない。
あらためてそう思わされました。

そこで唯一のAwardは、Sくんのお母さんに差し上げることにしました。「よく読んであげたで賞」?
とてもささやかなプレゼントでしたけど。

【私の思いが伝わった!】

「夏の講座」に参加されたKちゃんのお母さんが、夏の終わりのある日、こんなメールをくださいました。
(ご本人の了解を得て、掲載させていただきます)

「今日で夏休みも終わりですね。
夏休みの教室はKにとって、とても楽しいものだったようです。
英語の本を開いた冊数、168冊でした。
教室に参加させていただけたおかげで、たくさんの本を楽しんで読むことができたと思います。
最初は読んだ本の数を稼がなくては、という思いで、とにかく多くの本を読むというような取り組みをしていましたが、柏木先生の授業を受けるとそれではいけないのだということに気がつかされました。
実際に柏木先生が本を読んでくださるように、雑談を交えながら、時には日本語でお話しながら読んであげるときは、ふたり(下にきょうだいがひとりいます)とも目を輝かせて喜んで本を見てくれました。
お教室で読んでくれた本の中にはお気に入りもあったようで、あの本が欲しいな。とおねだりされました。」

手前味噌のようでお恥ずかしいのですが、
「絵本を挟んで、子どもたちと楽しい時間を持ってほしい。そこから、ゆるやかに本物の英語が染み込んでいくのだから」。
私が、いつも皆さんにお伝えしたいと思っていることを、この方は直球で受け取って下さった!
このことが、本当に本当に嬉しかったのです。

もうひと方。

「本日は夏の特別講座に参加させて戴き、ありがとうございました。
(中略)
今日改めて思ったこと。
たくさん読むのは大切ですねー。
これからは日本語英語関係なく、全ての読書記録をつけてやろうと思います。
(中略)
「じいちゃんの発音でも何でもいいから、積極的に絵本を読んでもらうようにしよう」とも思いました。
ネイティブスピーカーが発音しているCDが、そりゃ~良いんでしょうけど、何と言うか、それ以外でも全然OKな気がしてきました。
(後略)」

そう!じいちゃんでもばあちゃんでも「全然OK」なんですよ!複雑なことは何もない。子どもに、本を開く習慣をつけてあげること。それが、すべての始まり。
共感して下さる方がひとりでも増えたら嬉しいです。

プログラムは終わっちゃいましたが、この先も読書記録をつけ続けることは、子どもの成長記録としてもお勧めです。
-- 続きを読む --

category: お教室日記

tb: --   cm: 1

△top

あなたに似合う色 

 

今日は初めて、子育てでも英語でもないお話を書きます。
じゃーん!
おしゃれの話。

なんて書き始めたけれど、私はひどいおしゃれオンチで、ファッションコーディネートが下手です。
ついには「服やメイクはもういいよ(「もう」って言う程凝ったことないくせに)、気に入ったもの着てれば…」なんて、コンプレックスにも似た思いを抱くようになっていました。

ところが今年の春、ひょんなことから「カラーコーディネート」のお勉強をすることになりました。
「色のことって、知っているのと知っていないのでは、この先の人生違ってくるわよ」と言われたけれど、私のこのセンスの無さ、机上の空論で何か変わるものかなあ…。
だいたい、今更気に入っている色は変えるつもりないし…。似合わない色ぐらい自覚してるし…。
それに…こんな講座に興味を持つ人は、どんなにかお洒落な人ばかりなんだろうな。大丈夫かな…。
そんな不安と疑惑(?)を抱えての受講スタートでした。

ところがどっこい。

色の力ってすごい!
第1回目の授業から、先生は自分の好きな色を無視することなく、でも、それぞれの色の持つ力を一つ一つ教えて下さいました。
へえ~!
初対面から30秒で、私の印象が決まります。
さあ、何色でどんな印象を与える? そんなこと考えたこともなかったわ!

そして一番大切なこと―「パーソナルカラー」というものを知ることになりました。
自分を「引き立てる色」と「殺してしまう色」。
これを、知らなくてはなりません。
みんなみんな、違うんです。
当たり前のようだけど、流行のものばかり追いかけていると、見失いがちなこと。

単に「あなた、ピンクが似合うわね」ではない。
サーモンピンク? ベビーピンク? アイスピンク? ディープピンク?
これを間違うと、とんでもないことになります。
「引き立てるピンク」を上手く使うと、顔色が良く見えたり、生き生きしたりします。
「間違ったピンク」を使ってしまうと、逆のことが起こります。

若いうちはいいんですって。勢いで何でも似合っちゃう。
でも、年を重ねていくうちに、「自分の色」と上手く付き合っていくことが段々と大切になってくる。
と言われました。
日本のおばあちゃんって、みんな地味な汚い色を選び勝ち。
(というより、よほどでないと洋服屋さんにはおばあちゃん向けの派手なのを置いていない!)
渋い色の似合うお洒落なおばあちゃんもいるけれど、明るいピンクや綺麗な藤色が似合うおばあちゃんもいるのです。
もったいないでしょ?!
欧米のおばあちゃんたちがかわいくステキに見えるわけ、分かりました。
皆、自分の目や髪、肌の色に似合う色を知っているのですね。
色の教養って、西洋文化の一つなのです。

私も、じっくりと2時間かけて、「私のパーソナルカラー」を先生に調べてもらいました。
とても意外な色でした。
私に似合う色がわかったときは、嬉しかった。
それを知ってから、洋服やお化粧品を見るのがなんと楽しいこと!
それに、似合わない色はまず手に取らない(余程気に入ったデザインじゃなくちゃね)から、選ぶのが早くなりました。
9月には受講が終了したのですが、結局、もっと色を見る目を養いたい、と、もう一つレベルアップしたクラスで引き続きお勉強中です。
奥が深くて、勉強すればするほどおもしろいです。

洋服だけじゃありません。
お家の中のコーディネートも学びました。自分の家を見回してみました。
この雑貨が浮いている、飾ってある花がしっくり来ない。
その理由が「色」にあったことを発見して、
「そうだったんだ!」

私のカラーの先生のホームページはこちらです。
いつも上品で柔らかでステキな方です。
それは先生のお人柄なのか、コーディネートの上手さなのか。
どちらも、なのでしょうが、私もとりあえず外面から頑張ってみようっと。

この秋、おしゃれを楽しんでみようと思います。
そして、私自身のパーソナルカラーと上手に付き合いながら、年を重ねていきたいと思います。
―色のことを知っていると、この先の人生変わる―
これは本当のことだったみたい。

皆さんは、ご自分を引き立てる色、知っていますか?
-- 続きを読む --

category: 暮らしの中で

tb: --   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。