子供と英語絵本のある暮らし

英語絵本がいっぱいの子供英語教室 Kashiwagi English Roomから~

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

オーストラリア その6「子供達のホームステイ」 

 

私達のホームステイは、得る物ばかりでした。MaryとHarryの2人に、幸せな思いをたくさんさせてもらいました。
それをさらさら書くことを躊躇っていたのには、実は理由があります。
(ブログ書くの、さぼってるだけじゃないの~っ)
前のブログで、

旅の3日目に、いよいよホストファミリーとご対面、となりました。
(中略)
他の子供達がホストファミリーと上手くやってくれることを祈り、心の中でGood luck!と呟きました。


と、書きました。
この願いが叶わなかったのです。何から書いたらいいのか、ずっと心の整理がつかなかったのです。で、今日に至る。

私の生徒であるYくん、Sくん2人の4年生がペアで、7歳、5歳、3歳の男の子がいる家庭に引き取られていきました。

ご対面直前、はっと見たら、Yくん昨日と同じ、真っ赤なシャツを着ていました。確か、「これ気に入っているから」と言って、夜もパジャマ代わりに着ていた!
私「ホストファミリーとの初めてのご対面よ!汗臭くない?」
「だーいじょーぶ、だーいじょーぶ。これ、オレのお気に入りだし」
「気に入っているものより、臭くないのに着替えなさいっHugされるかもしれないよっ」
「オレ、これが一番似合うもん」
「いいから、きーがーえーなーさーーーーーーーいっ」
もうっ。今は私がお母さん代わりだから言っちゃうよっ。
お母さんが清潔なシャツをたくさん持たせてくれているというのに、まったく…。ま、一番のお気に入りのシャツで対面したかった、というただそれだけの気持ちだったのですね。こういうところが、男の子はカワイかったりします。

週末が明けて、皆と再会。
ホストファミリーとどうだった?という話になります。
彼らがいきなり「オレ達、サイアク…」
んもうっ、今の子はすぐに「サイアク」って言うんだからっ。
「どうしたのよ?どっか行った?」
大きなため息。
「オレ達、一日中、教会の保育所みたいなところに入れられてたんだよ…」

???

聞けば、彼らのホストファミリーは敬虔なキリスト教信者。日曜日は教会、です。
大人は、礼拝や教会仲間との交流に没頭するため、子供達は、子供専用の教会学校のようなところに入れられるのだそうです。
それにしても10代の彼ら。クレヨンと画用紙を手渡されて「好きにしていなさい」と言われても…。
何時になれば帰るのかもわからない。結局朝から晩まで、だったのだそうです。
とても辛い一日を過ごしたのでした…。

その家庭での生活が始まった日、どきどきわくわく、日本からのお土産を渡しました。
でも、喜んでくれた様子は愚か、Thank youの一言すらありませんでした。
「どんなプレゼントでもすごく喜んでくれるオーストラリア人」だけを想像してきた彼らは、ずっどーーーーーんと突き落とされました。
忙しすぎるお母さん、彼らのプレゼントに対して、感謝の気持ちを表す心の余裕もなかったのでしょうか。

2,3日経つうちに、二人は朝ごはんを食べてこなくなりました。
「(毎朝出されていた)このシリアル、好きじゃないからもういらない」
「あっそ」
これで、終わりだったようです。
出されたものを拒否した彼らが悪いのか、
他の食べ物のオファーをまったくしてくれなかったホストファミリーが悪いのか。
(その後仲介が入ったら、「トーストなら食べる」「じゃ、用意するわ」で落ち着いたのですけどね。)

ヤンチャ盛りで言うことを聞かない、7・5・3歳の子供達にも困り果てていました。
彼らの持ち物に悪さをしたので注意したところ、トラブルが大きくなりました。

家の中やホストファミリーの写真を撮る事も禁じられました。

「ホストファミリーにインタビュー」の宿題、ありました。(私達のホームステイ編、参照)本来ならこの宿題は、ホストファミリーとコミュニケーションをとるのが目的だったのだと思います。
Yくん、「忙しそうだから、頼まんかった(=やってない)」。うーん、頼みたくなかったんだろうな。
Sくんはやってきました。「お願いしたら、全部書き込んでくれた」
真面目なSくんと、意思のはっきりしたYくん、らしい。

日が経つごとに、Yくんがホストファミリーに対して背を向け始めたことは、誰の目にもよく分かりました。Sくんは親友とホストファミリーの狭間できっと辛い思いをしていたことでしょう。
私は焦りました。でも
「お願いだから、ちゃんと向き合ってね」
と、会うたびに口で伝える以外は、何も出来ませんでした。
彼らの気持ちや意思が読み取れず困っている、彼らのホストマザーの気持ちも分かるような気がしました。
「ちゃんとコミュニケーションとろうとしている? 辞書でも本でも使って、言いたいこと、聞きたいことを伝えようとしている?」心の叫びにも似た私の言葉も、彼らにはお小言にしか聞こえなかったかもしれない。
そして残念ながら、そのまま帰国の日を迎えてしまいました。

彼らのホームステイは、どうしてこんなことになってしまったのだろう。
暗澹たる思いが、しばらく拭えませんでした。

出発前、Sくん、Yくんが、ホストファミリーとの生活を想像しながら一生懸命、英会話の練習していたこと。
折り紙を作り、100円ショップで頭を捻り、楽しくお土産の工夫をしていたこと。
一番のお気に入りのシャツで(多少、汗臭くっても)の対面を、本当に心待ちにしていたこと。

そんなことを思い出し、彼らの戻らない時間を本当に申し訳なく思いました。今もずっと思っています。
私とホストファミリーを変わってあげれば良かった、と思いました。今も思っています。

でも私の心を救ってくれたことがありました。

帰途の空港で、家族と対面したYくんの最初の一言が
「楽しかったー! もっかい行く!」
だったそうです。

また、帰国時のアンケートの「ホストファミリーはどんな人でしたか?」という質問に、Sくんが
「おかあさんはやさしい人でした」
と、書いていてくれたそうです。どこかでそう感じたことがあったのでしょう。それも、きっと嘘ではないと思います。

そう言ってくれてありがとう。
人に気を遣って、とか、嫌な思い出に蓋をしよう、とか、そんなことを考えずにそう言える、あなた達もやっぱり逞しい。

それから、ホームシックが一番酷くてよく涙を見せたけれど、「最初の自己紹介からステキな子だったわ」とホストファミリーに言わしめたYoくん。2週間、本当に頑張った。
常に自分のペースを守り続けた、芯の強いEちゃん。(彼女は世界中のどこにお嫁に出しても恥ずかしくない女の子だと、つくづく思いました。)

みんなみんな、この旅を成長の一つの糧にして、ステキな大人になってくださいね!
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: オーストラリアの旅 2008春

tb: --   cm: 1

△top

オーストラリア その5「パピーの英語」 

 

今回、パピーの語学研修のために渡豪したわけではなかったので、彼の英語力はあまり気にしてみていませんでした。うーん、どこで英語を使っていたかなあ。「へえ、こんなこと英語で言えるのね!」と時々びっくりした記憶はかすかにあるのですが、うろ覚え。私のことですから記録なんてしていません。
パピーも、私抜きでMary、Harryやいろんな人と話をしたり遊んだりしていたので、使っていないわけではないでしょう。
ただ言える事は。
パピーは英語のことでは、困っていなかった。

例えば、毎晩日本語英語の絵本を取り混ぜて読みますが、あとになって、ある本を、英語で読んだのか日本語で読んだのか、記憶が定かでないことがあります。
どっちでもいいんです。
おもしろかった~、というような感想だけが心に残っていれば。

どうも、それに似ているような気がする。
このオーストラリア旅行。
新しい家族が出来た、お友達も出来た。楽しかった。そんな記憶があれば、日本語でも英語でもいいんじゃない?とパピーは考えているような気がします。

************************************

● Episode 1 「英語に勝ってしまった」

ある日、Harry達がお友達のガーデンパーティーに連れて行ってくれました。
そこでパピー、初めてのオーストラリア人のお友達が出来ました。4歳の女の子です。きゃあきゃあ言いながらじゃれている動画もこっそり残しました。
↓このパピー、バカやってますが、テレ、です。
shion.jpg

このときばかりは、いよいよパピーは英語で喋るんだろうか…とちょっと観察してみました。
最初は遠巻きに見ていたので、あまり会話は聞こえませんでしたが、2人はずっと何かを話しているのです。
ところが!近づいてみてびっくり。パピーは7割ほどが日本語でした。
女の子、得意げに自分の名前を紙に書いて
Girl ; Here! That’s my name. Shion! I can write my name! See?
パピー; 「ふーん、Shionっていうんだ。僕の学校の友達にもいるよ。その子のお母さんね、トヨタの180(ワンエイティーという車種)に乗ってるの。ブウォーンって音出して、走るんだよ。」
(そこまでマニアックなことを言うとフツー、女の子、ひきますよ、パピーくん。Shionちゃん聞いていないから、いいものの。)
Girl ; Can you write your own name?
パピー; あったりまえじゃん、オレ1年生だもん。(英語で書く)。こっちが日本語(こんどはひらがな)。
Girl ; (それぞれの名前を指差しながら)Japanese…and English?
パピー; Yeah!(初めて英語)
Girl ; Wow, cooooool!!!!
パピー; ふふっ(にやにや)

そして、もっと驚いたこと。もうそろそろおいとましようかという頃。
パピーが 何かをやってみせて “Is this OK?”と言うと、Shionちゃん、日本語で「そうそうそう」。
どっひゃー。
パピーの日本語がShionちゃんの英語に勝った?
お見事、です。パピーのその日本語力の強さ。

● Episode 2 「リスニング能力テスト再び」

ある日パピー、Maryにこっそり耳打ちをしていました。コーラをおねだりしているようです。(私に聞いたって、まずは「だめ」って言われるからね。)恐らく、”Cola, please?”ぐらいの英語でしょう。
そしたらMary、冷蔵庫を開けてみて、(もちろん英語で)こういったのです。
「あら、ごめんなさい、ここにはコーラないわ。えーっと・・・・(ちょっと考える)、そうだ。あなた達のステイしている部屋の片隅にも、小さな冷蔵庫がひとつあったの、知ってる?あそこに冷えているコーラがあるはずよ。それを取ってらっしゃい。あ、その前にママにコーラ飲んでもいいか、おばあちゃんはあげてもいいか、ちゃんと聞かなきゃダメよ」
長いリスニング問題でした。
パピーは、すぐに私の方に向き「ママ、コーラ飲んでもいい?Maryがくれるって」
はいはい。私はこのあとの彼の行動が見たい。
それから、階下(リビングは2階、私達の部屋は1階でした)にすっ飛んで行き、コーラを持ってきたのです。
“Here, Grandma! Cola! Mom says OK! って~!”
と、パピーはMaryに満面の笑みで叫びました。 (「って」だけが日本語?!)

ずーっと以前、寝室に置いてある葱を取って来い、と頼んだ話をしたことがありますが、当時からリスニング能力は衰えていなかったのか?

コーラめでたくゲット。またまたお見事、と思いました。

● Episode 3 「Thank-you letter」
 
オーストラリアを発つ前夜、私とパピーは、MaryとHarryにThank-you noteを書きました。
英文はちゃんと書けないパピーだけど、一文字一文字私に聞きながら、必死で書きました。
「おじいちゃん、大きくって、ハンサムだね。って書きたい」
「Big and handsomeって書けば。」
「How to spell?」
・・そんなこんなで、ささやかなプレゼントと一緒に翌朝渡した手紙がこれ。(こちらはMary宛です)
letter.jpg

【本文】
Dear Grandma,
Thank you for having us to stay with you.
Remember me.
僕達を泊めてくれて、ありがとう。ぼくのこと、おぼえていてね

“Oh, it’s so lovely. I’ll always remember you.”
そう言いながら、Maryはパピーを抱きしめ、こっそりと目頭を押さえていました。

************************************

時々、パピー君は英語ぺらぺらなんですか?と聞かれます。
とんでもございません。喋りません。
むしろ、この期に及んでまだ喋らないか、という感じです。極限まで英語抜きで、英語話者とコミュニケーションをとろうとしているのか?!

でも…あの子、全然困らないのです、この英語圏にあって。
勿論親の私がいますから、生活していく分には何も困ることはありません。それは1人で参加している他の子供とは、全然状況が違うでしょう。

でも。
欲しいもの、必要なものをお願いできて。
好きな人に好きだと言えて。幸せな気持ちや嬉しい気持ちをシェアできる。
英語しか話さない人と一緒にいることを、苦痛ともなんとも思わない。

語学力がどうのこうのという以前に、彼の逞しさを見たような気がしました。
表現力の豊かさを見たような気がしました。
この子は、年齢の割に幼くて、気弱で内気な子だと思っていたけれど、私が思っていたよりずっと高いコミュニケーション能力を持っている。

親馬鹿だけれど、そう思ったのです。
-- 続きを読む --

category: オーストラリアの旅 2008春

tb: --   cm: 0

△top

オーストラリア その4「パピーと私のホームステイ」 

 

パピー、体操教室の先生に連れられて、キャンプに行ってしまいました。
山のキャンプです。寝るのは、バンガロー。
川遊びに魚採り、飯盒炊爨(「すいさん」ってこ、こんな字、書くんだ…)、キャンプファイヤー。
とっても楽しそう。
昨夜はいつものとおり8時頃寝ましたが、朝5時前に起きてきました。私の耳元にやってきて、
「ママっ。キャンプですよっ。ふふふっ。起きてくださいっ。」
・・・知ってます。もうちょっと寝ててもいいんだけど。

でかいでかいリュックサックを背負い、手にはお昼のおにぎりとおやつのビスコ。
バスの中からも飛び切りの笑顔を見せ、大きく手を振ってくれました。
いってらっしゃ~い!
2日後、「楽しかったよ!」と元気な顔を見せてくれますように。

というわけで、鬼の居ぬ間にブログを書こう。
今頃ですが、オーストラリアの続きです。

パピーと私のホームステイから、少しご報告します。

出発前に分かっていましたが、私達親子のホストファミリーは、既にリタイアした老夫婦でした。
旅の3日目に、いよいよホストファミリーとご対面、となりました。
それまで一緒に旅をしてきた仲間達とは、一旦お別れです。それぞれの家庭で週末を過ごします。
他の子供達がホストファミリーと上手くやってくれることを祈り、心の中でGood luck!と呟きました。

Maryは、上品で賢そうな、それでいて穏やかで優しそうな女性でした。身なりも小奇麗にしていて、ステキでした。ところが迎えに来てくれた彼女の車に乗り込むと、なんとパピーがしくしくしくしくしく泣き出したのです。
「どうしたの?」
「おにいちゃん・・・」
「へ?」
「おにいちゃんとおねえちゃんが・・・行っちゃった・・・(さめざめさめざめ)」
飛行機に乗ってからこれまでにずっと可愛がってくれた、小学生、中学生のおにいちゃん、おねえちゃんたちと離れるのが辛くて、泣いているようです。(週末が明けたら、また会えるわよっ)
運転しているMaryもびっくり。私は「『うちに来るのがそんなにいやなの?!』って思われちゃったらどうすんのよお!」と内心焦りました。ああ、なんて後ろ向きな我が子。
と思いきや、しくしく、さめざめ涙を流しながら、
「おじいちゃんは…?」
私は、「(おじいちゃんの)Harryは?」と運転中のMaryに英語で尋ねました。Maryは、優しく微笑みながら、「家であなた達のことを、楽しみにして待っているわよ。」と言いました。勿論英語です。パピーは、私が通訳せずともそれをすっと理解し、ちょっとほっとした顔をしました。
次の質問は、
「この車、何?トヨタ車?」
トヨタ、と言う言葉を耳にして、今度はMaryがパピーの言っていることに勘を働かせ
“Yes, Toyota car. Land Cruiser.”
と答えてくれました。
「ランクルかあ…。おっきくて真っ赤でカッコいいねえ・・・」
そうして、泣き疲れ、眠ってしまいました。ランクル、の一言で新しい家族のことがすっかりわかって、安心したように見えました。クルマはパピーにとって、世界の共通語、なんでしょうかねえ。

家に着いてから、パピーが彼らの孫になりきってしまうまで、ほとんど時間はかかりませんでした。気付くと、おじいちゃんの膝の上に乗っているじゃあないのっ!うちの子ったらっ! Oh, my gosh.
おじいちゃんのHarryは、とても大柄な人で元警察官。今は、足を悪くして歩くのもとてもゆっくり。穏やかで、パピーが何をやっても何を言っても「彼は賢い子どもだ。良い子だ。うんうん。」と、目を細めています。おバカをやったらA typical 6-year-old-boy(6歳なんてあんなもんだよ。) おいおい、ちょっと甘すぎっちゃうん!
Harryが若い頃の、白バイに乗った写真が飾ってあり、それをパピーは惚れ惚れと見つめていました。
ベランダに揃えてあるおじいちゃんのスニーカー(30cmはあったな…)を見て、また惚れ惚れうっとり。自分の靴は必ず、おじいちゃんの靴の隣に揃えていました。それを見たMaryと私は顔を見合わせ、思わず「ふふふ」

お家の周辺は、こんな↓ご近所です。
neiborhood.jpg


朝起きたら、学校から帰ったら、1人でおじいちゃんのところに飛んで行き、キスまでするようになりました。
私なんてホッタラカシです。
Maryにコーラやおやつのおねだりをするときは、ホッタラカシどころか、こっそり。(別記します)

日曜日、MaryがTropical Zooに連れて行ってくれました。
カンガルーとMaryとパピー。
kangaroo.jpg

これこれ、私が網越しに撮った、とっておきの写真です!へへへっ、すごいでしょう!
wani.jpg

コアラ、カソワリ、クッカブラ、襟巻きトカゲ…オーストラリアの動物がたくさんで、とても楽しかったです。

食事は、いつも2人が食べている、飾らないMaryの手料理でした。
食事のたびごとに、きちんとテーブルクロスを敷き、ナプキンとカトラリーと、ディナープレートを並べます。
やがて、このテーブルセッティングはパピーの仕事になりました。
デザートは、ジェリーだとかアイスクリームだとか。もうパピーは、アイスクリームのボリュームにクラクラしそうなほどハッピー。
食事が終ると、クロスを取り、テーブルオーナメントを並べ直します。
おいしいお茶とお菓子はいつも手の届くところに。お茶を飲みながら、オシャベリは絶えませんでした。
手芸やレース編みも好きだといって、手作りのものを見せてくれました。
小さな暮らしの中での楽しみを、Maryにたくさん教えてもらいました。
(オーストラリアから帰ってからは、私もできる範囲でクロスやランチョンマットを楽しむようになりました。)

さて、ある日英語のレッスンで「ホストファミリーにインタビューをしよう」という宿題が出ました。
Have you been to Japan?
とか
What is your favourite food?
などの個人的な質問です。
そこに
Why do you like to have international students stay in your home?
(どうして、留学生のホストをするのですか?)
という質問がありました。 MaryとHarry今までに何にもの留学生をホストした経験がありました。
私もホストファミリーの経験があるので、それがどんなに大変なことかを知っています。ましてや、私は6歳の子供を連れている。よく引き受けてくれたものです!
Maryの答えはとてもシンプルでした。

To widen your horizon.

―視野を広げるため―。

いつも2人だけの繰り返しの日々では、何も広がっていかない。外から人を入れることで、時々新しい空気を入れたいの。
だから、あなた達が来てくれて、6歳のパピーになんだかんだと振り回されるのがとても楽しい、
と言ってくれたのでした。
このホストファミリーにあたって、本当に良かった、と思いました。

最後に、Mary、Harryとパピーの記念写真の載せよう―と思ったけど、やっぱり心の中にしまっておくことにします。
ごめんなさいね。

-- 続きを読む --

category: オーストラリアの旅 2008春

tb: --   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。