子供と英語絵本のある暮らし

英語絵本がいっぱいの子供英語教室 Kashiwagi English Roomから~

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

一日の中で一番幸せな時間 

 

なかなか上手く書けないのですが、とにかく一生懸命綴ります。
子育てのプロでもない私が偉そうなことを書きます。
どうぞご容赦下さい。
なんとしても、お伝えしたいのです。

「英語の絵本って、どうやって読んであげれば良いですか?
英語読むのは得意じゃないし…」

一番よく聞かれる質問です。
その都度いろんなことを考えながら答えるんですが、
一番大事な答えがわかってきました。

「絵本を読む時間を、
その子にとって、一日で一番幸せな時間にすること」
___________________________________________________

かく言う私は、
普段やっぱりうるさい親だと思います。

思えば「楽しく食事をしましょう」と言われる時間でさえ、
箸の持ち方がおかしい、だの、
三角食べをしろ、だの、
何かしら子供に要求しています。
ごめん。

横について、宿題を一緒にやってあげるときも
強く叱ることはないものの、
あーしたら、こーしたら、と言ってしまいます。

お風呂に入っているときも
「ほら、いつまでも鼻歌うたってないで、体洗って」
「シャンプー、耳の上にまだ残っているよ」
「お風呂から上がったら、すぐにパジャマ着て」

ああ、うるさい、うるさい。
私ってなんてうるさいんでしょう。
まったく、ごめんね、パピー。

そんな私でも、絵本を読むときは、
息子に何も要求しません。
部屋の灯りは、ぎりぎりまで落として。
心地よい音楽を静かに流します。
あったかい飲み物も用意して。
そして本を手に取ったら、
ただ心を込めて、絵本の言葉に命を吹き込んであげる。
そして絵の美しさ、楽しさを子供と共有する。
英語の上手下手や発音より大切なことが、たくさんあることに、気づかれるでしょう。

―絵本を読んであげるってそういうこと。

子供のことが大好きなのに、気になっていろんなことを要求してしまうお母さん。
お母さんのこと大好きなのに、要求が多過ぎて戸惑う子供。

でもこの「絵本の時間」は、お互い無防備。
そこには「要求」が存在しないから。
無防備であるからこそ、言葉も、子供の中に染み渡っていきます。

「私が本を読んであげるより、
ゲームやテレビのほうが面白いに決まっているわ。」

どうぞ、そんなこと言わないで下さい。
そう思い込まないで、もう一度、絵本を読む時間を見直してください。
お母さんに絵本を読んでもらうことがキライな子なんて、絶対いません!

「忙しくて、一日があっと言う間におわってしまう…」

じゃあ、これほどに心を込めて子供と接する時間、
他に確保していらっしゃいますか?
私は、ないんです、この時間しか。
忙しくて気持ちはいつもせかせかして、子供も急かしている私。
だからこそ、この時間だけは必死で作るんです。

英語の絵本は、焦らずに、日本語の絵本が定着してから、
すこーしずつ混ぜていけば良いのです。
そのときは勿論「教材」ではだめですよ。
おもしろーい、
かわい~い、
ふんふん、へえ~。
うれしい、
楽しい!
大好き!
そんな、子供たちの心を動かす絵本を、どうぞ探してあげてください。

一日の中で一番幸せな時間を、毎晩プロデュースしてあげてください。

もし何を読んだらいいのかわからないのなら、この本をお勧めします。
きっと、「絵本なんて」と仰る方の気持ちをほぐしてくれると思います。
気持ちを柔らかくして、ゆっくりページを開いてくださいね。
よるくまよるくま
(1999/11)
酒井 駒子

商品詳細を見る
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: 息子のこと(iroiro)

tb: --   cm: 5

△top

こどもを叱る 

 

私、子供に対しては、それなりに威厳のある親でいたいと思っていました。
毅然とした態度で躾をして育てるんだ、と最初から思っていました。

子供の叱り方に関しては、育児書を開けばたくさん書いてあります。
親子共々ハッピーでいられて、上手く子供をのせるテクニックなども、満載です。
そりゃ、がみがみ言うより、にこにこハッピーでいられるにこしたことは無い、と誰もが思います。
でも育児書から、本当の答え、得られましたか?
私は、自分自身、いくら本を読んでも変わらなかった。

一方で「毅然とした躾」を賞賛する声は、いつの時代もかわりません。
そうそう、自分の子供を持つまで、人を叱る、という経験はほとんどありませんでしたよね。
だけど…子供を持ったことで、
「叱る」という権限が与えられたように誤解していたかもしれない―。
と、最近思うのです。

そしてママ達の間では、
「イライラして、些細なことで叱っちゃったわ。
近所に虐待って思われちゃったかも。」
「あるある、そういうこと。皆一緒よ。」
なんて会話がよくあり、
「私だけじゃないんだ」
と勝手に安堵していたりしました。

でも、今やっとやっと少し気付いたのです。
息子6歳にして。

叱られる子供の気持ち。
親や先生に叱られたら、どんな子供だって、
悲しい。
混乱する。
心に傷が残る。

大人は、子供を叱ることに慣れてしまったらいけない。

と、気づかせてくれたのは、この絵本でした。
おこだでませんようにおこだでませんように
(2008/06)
くすのき しげのり

商品詳細を見る

「ぼくはいつもおこられる。
いえでも がっこうでも…。

きのうも おこられたし、
きょうも おこられてる。
きっと あしたも おこられるやろ…。

ぼくは どないしたら おこられへんのやろ。
ぼくは どないしたら ほめてもらえるのやろ。
ぼくは 『わるいこ』なんやろか…。」

恥ずかしいけれど、
私は、何度も涙をこぼして読みました。
-- 続きを読む --

category: 息子のこと(iroiro)

tb: --   cm: 7

△top

Happy Halloween 2008 その2*パレード編 

 

前の記事から続きます。

ハロウィンパーティー第二部。

日も傾きかけた4時40分。
公園に集合した異様な軍団。
そこから、4つのグループに分かれて、お菓子をくださる12軒のお家を訪問します。

ただし今年はちょっと違う!

4つのうち、2つのグループは、パレードについてはベテラン(?)の子供たちばかり。
引率のお母さんに指示されるがままに、おうち訪問をしてお菓子を戴いていたのでは、あっと言う間に終ってしまうのです。

そこで前もって、ご協力いただくお宅に、小さなプラスチックのパンプキンをお渡ししておきました。
これを門から玄関周りの辺りに置いておいて下さい。
それを目印に、子供たちはおうちを捜しますから。
と伝えてあったのです。
つまり、オリエンテーリング形式。宝探し気分を味わってもらいましょう。
そして中途半端な(?)地図と、ヒントの一覧を、このグループの子供たちに手渡しました。

「初参加ではないけれど、今年はもう先生は同行しないのね…」
と不安げな三つ目のグループ。
しかもこのグループには、地元の人がいない。
はい、頑張ってください。とこちらも、引率のお母さん方に地図を渡します。
(方位磁石もお渡しすれば良かった。
「どこにいるのか、段々分からなくなってきちゃうんです~」
と仰っていたので。ごめんなさいねー。)

「以上。それでは各々頑張ってください。解散!」

私が引率したのは、パレードに初参加の子がほとんどの4つ目のグループでした。
初参加、つまりさっきまでのパーティーでとても緊張していた、健気な子たち。
それでも、一軒一軒回る毎に
“Trick or treat!”
の声も大きくなってきました。
パンプキンバケツの中身がじわじわ増えてきて、とても嬉しそう♪

お迎えくださるおうちも、ステキなハロウィン風の飾り付けがしてあったり、小さなお子さんは仮装をして待っていてくれたりしました。
お約束のキャンディー一個を、ころんとバケツに入れて下さるおうちもあれば、
やけにでかいラッピング(中は「うまい棒」が一本、ごろん)で、子供たちを喜ばせて下さったり。
どこのご家庭も、ピンポンを押すとステキな笑顔で出迎えて下さること、とても幸せに思いました。
待っていて下さったその時間。
子供たちに与えてくださった夢とドキドキ。
ご用意くださったお菓子。
迎えてくださったときの笑顔。
すべてに感謝です。

そうそう、その感謝の気持ちをどうやって表せば、といつも悩むのですが、
今年は、お友達のK子さん(チビスパイダーマンのお母さんです)のお知り合いがハロウィン風のクッキーをたくさん焼いて下さいました。
ささやかなお礼とお手紙にそのクッキーを添えて、お渡ししました。
K子さんとそのお友達にも、ありがとうを伝えたいです。

すっかり日も落ちた5時半。
4つのグループが、公園に戻ってきました。
皆、満タンになったパンプキンバケツを手に、とっても良い顔!
良かった、とほっとした瞬間でした。
公園の灯りのもとで、私が最後の挨拶をして、皆それぞれの帰途へつきました。

宝探しをした子供たちはどんな様子だったのかな?
またおいおい話を聞いていこうと思います。

相変わらず反省点は尽きないけれど、
今年もたくさんの人達のお陰で、無事終りました。

「楽しかったよ笑顔
その一言が、どれほど嬉しいか。
それを聞くために、また来年も頑張ろうって思います。
-- 続きを読む --

category: お教室日記

tb: --   cm: 1

△top

Happy Halloween 2008 その1*屋内パーティー編 

 

先週土曜日、恒例のハロウィンパーティーが、開催されました。

まずは、
参加してくれた31人の子供たち。
お忙しい中子供たちのために仮装を用意し、いろいろお手伝いくださった18人のご父兄の皆さん。
Trick-or-treating paradeにご協力くださった12軒のご近所の皆さん。
あれやこれや動いてくれた夫。
関わってくれた全ての人たちに、心からの感謝を伝えたいです。
_________________________________________________________________

さて、今回はお客さんを楽しませるために、前もって子供たちが練習したものがありました。それが
ダンス”Thrillerドクロ

少し前に、英語de Dramaで指導していただいている真澄先生に、マイケル・ジャクソンのスリラーの踊りを教えて頂きました。
真澄先生、さすが、かっこい~い!
ところが、うちに帰ってきたら、振り付けをほとんど忘れていた。で、自分で作り直しです。You Tubeで、いろんなThrillerを調べて、オリジナルスリラーダンスが出来ました。さて、子供たち、どこまでついてこられるか。
―レギュラークラスの小学生、一生懸命練習しましたよ。
話は飛びますが、この時期、運動会やら文化祭やらで、学校で厳しい演技指導がされています。子供たち、ほとほと疲れているみたい。
なので、このThrillerダンスは、思いっきりカッコ良く楽しんでもらいたかった。でも反面、小学高学年で、照れたり恥ずかしがったりしないだろうか、とも心配したのです。
ところが実際やり始めたら、誰も文句を言いませんでした。ジャズダンス風のちょっと複雑な振りを入れたら、皆ムキになって、練習してました。素直で可愛い子達です。
よっしゃ、イイ感じだー! いけいけーっ

本番3日前、パピーと2人で、夫の前で踊って見せました。
(そりゃ、恥ずかしいですよ。でも、夫の前で踊れたら、もう誰の前でもやれそうな気がしました。)
そしたら
「短い。」
「へ?」
「もちょっと踊って」
ええ~、今頃言われたって~。
次は本番だっちゅーのに、振りを今更変えるワケにもいかんでしょー、と思いつつ、音楽を編集し直し、もう少し引っ張る工夫をし、あとは本番5分前の子供たちに賭けることにしました。
_________________________________________________________________

2008年11月1日土曜日午後3時半。
一日遅いですが、Kashiwagi English RoomのHalloween Partyが始まりました。

続々と、仮装をした子供たちが会場に集まってきます。
ちっちゃい子たち、本当にかわいい!小学生達は、さすがに決まってます。
中でもおもしろかったのが、ミイラ3人。
Kくんのお母さんは、シーツを引き裂いて手作りされたとかで、すごい迫力。
リアルと言えば、SくんYくん兄弟はお母さんが包帯の扱いがとてもお上手で、なんだかフツーに包帯を巻かれていたので、墓場から、というより病院から抜け出してきたみたい。笑えました(^^)

笑いながらも、私の緊張感がどんどん高まってきました。
ちなみに、初参加の小さい子どもたちも、かなり緊張していたみたい。そりゃそうですよね、あんな異様な世界。

とりあえずご挨拶。そして、ウォームアップエクササイズとして ♪ Dem Bones。
アカペラの曲に合わせて、皆ガイコツになって、ユラユラ踊ります。初めての子も、ゆらゆら真似してくれました。
私は、首の体操のときに必ず「ぐきっ」といいます。やだやだ。

そして、目玉の出し物
”Kashiwagi English Room DancersによるThriller”
最初は全員、墓の中で静かに眠っているシーンから始まります。
ところが、いびきをかいている子やら、腕枕で寝ている子、さすがいろいろやってくれます。
そいつらを、私が1人ずつ起こしていきます。
後は、野となれ山となれ。
私も一緒に踊っていて、子供たちのダンスを見ていないので、分かりません。
いかがでしたか?
最後のうぎゃーっのポーズで、前列にいた小さい子(フェアリーの格好をしたMちゃんでしたね)を泣かしちゃって、ごめんなさいね。
マントを翻していた吸血鬼のお兄ちゃんが怖かったのよね。

次は、私の素語りです。(出典については、別館ブログをご覧下さい)
去年、「親指スープ物語」で全然怖がってくれなかった小学4,5年生が、今年は狙い目。
照明も、用意したスポットライトのみで、雰囲気作り。今年も恐怖音楽大全集のCD、使いました。
余裕をかましている彼らを見ていて 「ふふっ、今年はそう甘くはないのだよ」と心の中で呟く。
最後にサプライズを用意してあって…。
それについては、会場にいらっしゃった方のお楽しみと言うことで。
「あの」瞬間のYskくんの写真が残らなかったのは、確かに惜しかったですね!(心残りだと仰っていたお母さんでした…)

ちなみに、後から夫に
「ね、私のストーリー、分かった?怖かった?どうだった?」
と客観的な意見を求めたら、
「そ、それどころじゃなかったよ、オレは。」
と言われました。サプライズのネタだった彼も、ドキドキしていたようです。

とりあえず出し物が終わり、ゲームタイム。
子供たち全員にジグソーパズルのピースを一つずつ渡し、仲間を探しながらパズルを完成させるというゲームでグループ分けをしました。早かったチームに景品。
次は、昨年好評だった、Touching Game
黒い箱の中の物を手探りで言い当てるゲームです。

マカロニを用意しました。少し前に茹であげた、温かーいマカロニ。
昨年も思ったのですが、触るほうは意外に冷静。見ている子どもの方が
「やだ~、気持ち悪い~、かわいそう~」
なんてドキドキしながら言うのですよね。
では正解をどうぞ!
「うどん!」
ぶーっ
そこで子供たち「先生、これ食べてもいい?」
えええっ、「これ」って今、みんなが手でこねくり回した生ぬるいパスタだよ~。ひやあ~。

さて、このゲーム編では、反省とお詫びがあります。
会場の前方で、参加している小学生の子供たちばかりが盛り上がってしまいました。
後方(客席)で見守って下さっていたご父兄やちっちゃなお子さんは「何やってるんだろう?」と退屈されていたかもしれません。どうぞお許し下さいませ。
ただ私としては、小学生たちがあれほど夢中になってゲームをしていたことを、嬉しく思っています。

さあ、屋内パーティーはお開きの時間になりました。
今度は場所を移し、我が家の周辺でTrick-or-treating paradeと参りましょう。
ひとまず解散。10分後に指定の公園にて再集合です。

こちらに続く

category: お教室日記

tb: --   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。