子供と英語絵本のある暮らし

英語絵本がいっぱいの子供英語教室 Kashiwagi English Roomから~

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

さよなら。 

 

更新できないと言ったのですが、今の気持ちを書きとめておきたくて。
書かせて下さい。

5ヶ月足らずの留学期間を終えて、ジェフくんは5月24日の早朝、アメリカへと帰っていきました。

来日したジェフをセントレア空港に迎えにいった、1月のあの日。
家路に向かう車の中、私達夫婦とジェフは久しぶりの再会に興奮していました。
勿論パピーも、なのですが、へんなことを言います。
「ジェフ、いつアメリカに帰っちゃうの? いつ?」
パピー、ジェフはたった今日本に着いたところだよ。
今、そんな心配してどうするの。まだまだ先のことだよ。

―でも、「まだまだ先」だったその日はあっというまにやって来たのでした。

ジェフの帰国1週間前。日曜日の夕方。
雨上がりの公園で、パピーはパパとジェフと3人でいつものように、サッカーをして遊びました。遊んでもらいました。
賑やかな夕食が終った頃、パピーが突然!
うわーんと泣き出した!

「ジェフ、帰っちゃやだー!!!」

です。涙ぼろぼろ、ひっくひっく。

たまらんなぁ…

それから1週間、パピーは時間の許す限りジェフにべったりでした。
毎晩の絵本読みも、ジェフがやってくれました。
どんなに眠くて、朦朧としながらも、ジェフの言葉に耳を傾け…目をつぶるとジェフがどこかへ行ってしまうかのように思っていたのでしょうか。でも、やがては眠ってしまいます。

そして思い出したように、時々しくしく。

そんな毎日。

夫と私は、
この調子じゃ、出発のとき、どんな風に泣くのだろう
とかなり心配をしました。

最後の夜は、ジェフのリクエストにより、すき焼き。
「ジェフ君、ありがとう」の文字をいれたケーキが、ささやかなお餞別。

朝6時半過ぎには空港に着かなくてはいけないので、いつもより早起き。
そして、ジェフに最後のサプライズを用意してあったのです。

航空会社のカウンターでチェックインを済ませたジェフの目に映った……

懐かしい人々の笑顔。

こんな早朝に空港で、です。
実は、無茶を承知で、ジェフに縁のあった人々に、
「もし良かったらお見送りにいらっしゃいませんか?」
と声を掛けていました。
そしてなんと、14人の人々が駆けつけて下さったのでした。
本当になんとお礼を言って良いやら…。いつもいつも私の心の支えになってくれる人達。
私の背を越してしまった、Yくんがいつものようにジェフにじゃれつきます。ジェフも応戦。
なんだか、それだけで涙がこぼれそうになりました。

いよいよお別れの時間。
パピーは泣きませんでした。なぜかはわかりません。
代わりに、ぼろぼろ泣いたのは夫とジェフでした。
私は言うまでもありません。

飛行機の離陸を見に、デッキに出ました。
あれだよ、あの飛行機。
ジェフ、こっち見えてるかな。手、振ってみようか。(見えてないでしょう)
その飛行機がまさに離陸し、空の彼方へと小さくなっていったとき、
パピーは、最後の涙をぽろん。とこぼしました。

本当言うと…。

ホストファミリーをするのは、すごくしんどいときもあったのです。
だって、小さな家の中ですもの。
家事をすべて投げ出したくなって、泣き出したこともあって。
私はホストファミリーの器じゃないわ。主婦さえも失格かもしれない。なんて。
でも、夫が支えてくれました。
ホストファミリーをやりたい、と言い出したのは私。
夫の方がたくさん我慢をしてくれたと思います。
本当にありがとう。

小さな家の3人暮らしが、また戻ってきました。
ジェフがいなかった頃、私達はどうやって過ごしていたんだろう?とさえ思えました。
ダイニングテーブルの、この椅子に座る人はもういない。

でもまた、会えるよね。
私達もきっと、アメリカに会いに行きます。
それまで元気でね。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: ホストファミリーになる

tb: --   cm: 3

△top

ごめんなさい、今月は更新できないと思います 

 

ブログ、書きたいことはいつもいろいろあるのですが、
最近目の調子が悪く、安静にしなくてはいけない(目だけですよ)ようなのです。
老眼では…ないみたいなんだけど。
でもコンタクト生活も早四半世紀が過ぎ、ここにきて支障が出ているようです。
メガネをすると…お笑い芸人みたいと言われます。
ふざけているのか、と言われます。
ふざけてなんかいません。
どうしてこうも似合わない。似合う人が羨ましい。
最近、メガネの似合う人が気にかかります。もう少し似合うメガネ、さがしてみよう。

しばらくパソコンの画面を見るのは最小限にして、せっせと治療を続け、
症状が落ち着いたらまた書きます。
少しお時間下さいね。

でも、わたしは元気にしてまーす笑顔
-- 続きを読む --

category:

tb: --   cm: 2

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。