子供と英語絵本のある暮らし

英語絵本がいっぱいの子供英語教室 Kashiwagi English Roomから~

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

お母さんも英語をやらないと子どもの英語は伸びない? 

 

私は、せっかく子どもさんに英語をと考え、英語の絵本を買ってあげるのなら、ご一緒に楽しんではいかがですか?と今まで言ってきたつもりだったけど、もしかしてプレッシャーかな、と思うこともあります。

突然ですが、私はカナヅチです。プールも海もあまり行きたくありません。
このままではパピーもいつになったら、泳ぎを覚えるやら。
で例えば、スイミングスクールに入れようかな、なんて思いついたとします。
もし!そのスクールが「子どもさんだけを水に入れるつもりですか?お母さんも一緒に水の中に飛び込まなくては!」などと勧めてきたら…。
ええ~、私は泳ぎたくな~い。だいたい水着持ってないよー。そうだ、水着買わなくちゃいけいない。げ、水着と言えばダイエット。何ダイエットしよう?お腹とお尻に効果が出るのは何ヵ月後?私のダイエット効果が出るまで、パピーのスクール通いはお預けね。
というより、私はダイエットに成功したためしがないので、そのスクールに入学手続きする日は永遠にやってこない。
そんなことになります。

また巷には、「ママが英語で話しかけなさい」という類の本がたくさんでていますが、「ママが泳ぎを教えなさい」と言われたら、私は途方に暮れてしまうでしょう。
私はもう絶対絶対どうやっても泳げない(この不思議な強い信念)のに、どうせえっちゅーの、うちの息子。

子どもに何かやらせたいと思った時に、お母さんも一緒にやらなきゃ、と言われたら気が重くなる気持ちは、よく分かります。
反対に、お母さんが英語に興味ないということで、子どもの可能性が摘まれてしまうのもかわいそうな話です。

ただね。

先日のブログで、えいごも毎日のごはんのように与えてあげれば、というお話をしましたが、そのお母さんがどのように子どもさんの英語に関わってこられたか、をもう少しだけお話しようと思います。

「どこへ行くにも絵本」
そのように考えておられたそうです。
今日はピクニックに行こう、そうそう、○○ちゃんがピクニックに行くお話の本、あったよねえ。
そして、ピクニックでお弁当を広げながら、絵本を一緒に見る。
水族館へ行こうか。こんな、英語の水の中の生き物図鑑があるよ。これ、持っていこうか。
え?恐竜のことが知りたい?うーん、どんな本があるかなあ。あ!こんなのがある。一緒に見よう。
公園で遊ぶ?じゃあ、おやつで休憩するときに、昨日読んだ本の続きを読もうか。
へえ~、ママこんな言葉知らない。どういう意味だろうね~、と一緒に考える…。

大変でしょうか?
でも、お母さんが英語のプロである必要がないことは、お分かりいただけますよね。

又、英語の教材はお母さんの手作りが一番!と、いろんなカードを作ったり、歌を覚えて一緒に踊ったり、一緒にクラフトしたり…、そんなことがたくさん提案されている本も英語子育てを始めた頃よく読みました。私が読んだ本にでてきたお子さんは、こうやってお母さんに育てられて10歳で英検2級をとったと言っていたけど…。
準備にばかり時間がかかって、本物の英語に触れる量はすごく少ない。児童英語の先生だって、毎週のアクティビティには頭を痛めているのです。(かつての私)
こんなことするほうが、よっぽど面倒で大変。毎日何年も、なんて続かない。

どんな本?と迷っても、今ならアマゾンで検索すれば、なんだって出てきます。
そこで、お金を惜しんだり(いや、確かに懐は痛いですが…)、失敗を怖がったりしなければ、簡単に洋書は買える時代です。100EやCTPが一通りあれば、本当にいろんなところで使えますよ。
ちなみに、本の失敗って意外と少ないもの。今、読めなかったり興味が湧かなくてもいつか読めたりするので、本棚に並べておくだけで十分な栄養になると、私は思っています。
これは、まあ、人それぞれの考え方ですが。

さて、うちの息子に関して言えば、一歩外へ出れば外へしか気が向かないと思い込んでいたので、今まで外にまで絵本を持ち出そうとは考えていませんでしたが、上記の方のお子さんのように「いつでもどこでも自分の横に本があるのが当たり前」と思いながら育つのって、ステキだなあと、思いました。
その話を聞いて、少しずつ外へも本を持ち出してみようかな、と思っています。

外で読む習慣はないけれど、その代わりパピーは、寝る前に本を読んでもらうのは当たり前、と思っているようです。

子どもに「当たり前」と思わせる。
これが、「ごはんを食べるのは当たり前」というのと、同じ感覚なのだと思います。
「英語を子どもと一緒に」と言うのは、子どもに習わせるために、お母さんご自身が水着を買いに行ったり、ダイエットに励んだり、水に飛び込んだり。そんな不自然な話ではないのです。
英語絵本の読み方、開き方がわからなければ、買って、子どもの横においておくだけでもいい。

いや・・・でも本当は、私も水に飛び込むべきなんだろうなあ・・・。夫に押し付けちゃおうか・・・。
英語のお話を書きながら、半分スイミングの心配をしている私。
AUTHOR: みなみ EMAIL: URL: http://poweroflavender.cocolog-nifty.com/blog/ IP: 124.27.180.104 DATE: 03/02/2007 11:02:14 由里子さん、こんにちは。 しばらく休んでコリコリ肩が少しよくなってきました。 で、ブログを更新しましたので、お時間の有る時にまた遊びに来てくださいませ。
スポンサーサイト

category: 英語講師として思うこと

tb: --   cm: 8

△top

コメント

 

★みなみさんへ。
私は肩凝りはあまりないのですが、ひどくなると吐き気や頭痛がするんですよね。しばらくPCから離れて、伸び伸びなさって下さい。
ご自身のお体と時間、どうぞ大切になさって下さいね。
Take it easy!

由里子 #79D/WHSg | URL | 2007/02/21 22:30 | edit

ありがとうございま~す。
しばらくは、軽い運動を続けて悪性化したコリコリ肩をほぐそうと思います。
もう少し上手に時間を使えるように指針的に余裕ができたら、ブログを更新しますね。

みなみ #79D/WHSg | URL | 2007/02/21 09:40 | edit

★みなみさん、こんにちは。
ブログ、お休みされるとのこと。どうぞご無理なさらないで下さいね。
みなみさんの、「先生ご自身が楽しまれるレッスン」というのは何よりステキだと思っていました。ちょっと疲れたな、と思われたのなら、たくさん休養なさってください。
私はアートの知識もアイディアもないので、それを英語のレッスンに融合することは出来なかったけれど、みなみさんやmasamiさん、それからAyaさんのような先生方の、アイディア溢れるレッスンは、子どもたちにとってどんなにいい経験になるだろうと思います。
羨ましいです。
拙いブログですが、私も無理せず細々と続けていこうと思いますので、是非遊びにいらして下さい。
みなみさんもお忙しいだろうに、こうして読んで頂けて、本当に嬉しいです。

由里子 #79D/WHSg | URL | 2007/02/20 11:05 | edit

こんにちは。
由里子さんの想像力の豊かさ、素敵です。
絵本を愛してやまない方の発想なんでしょうか。。。奇想天外でな様で納得できる説得力を感じます。
毎回、ブログを読むたびに本を読んでいるように楽しませていただいておりま~す。
私事ごとですが、しばらくブログをお休みすることにしました。
理由はネタ切れと、肩こりの悪化と、空回りばかりの自分を1度リセットしたいと思ったから。
由里子さんのブログにはこれからも遊びに来ますので、よろしくお願いいたします。

みなみ #79D/WHSg | URL | 2007/02/20 10:03 | edit

★masamiさん、こんにちは。
masamiさんのところのサークルはとても充実していますよね。アートをはじめ、本物を子供達に、というスタッフの方たちの「本気」が伝わってきます。ユニークなアイディア、子どもとの暮らしの中でちょこちょこ楽しませてもらおうと思います。
そうそう、子どもと一緒に。のお話。
やっぱり私も水に入るべきですね。マサミさんならきっとそう仰ると思っていました(笑)
私も余談。私は子どもと一緒にバレエをするのが夢だったのですよ。妊娠中に「お腹の赤ちゃんは女の子」と言われてヤッホー!早速バレエシューズを買い、マタニティバレエにいそしんでいました。
出産直前になって「おや?ついてます。女の子ではありませんね」と先生に前言撤回されたときのショック。出産に対する意欲が半減しました。
そうして産まれてきた赤ちゃんがパピーです。ごめん、ごめん。パピー。

由里子 #79D/WHSg | URL | 2007/02/19 12:55 | edit

masamiです。
最近ちょくちょく見せてもらってます~。
私の主催するサークルでも、ママたちは英語の絵本の読み聞かせしり込みされる方も多いですね。でも最近はご紹介している本の中から、お子さんが気に入ってくれた本を購入して練習されるママも増えてきました。
そんな時は少し練習にお付き合いさせてもらってます。
水着ですか~。おなか~、プルプルです。夏に向けて何とかしなくちゃ。確かに泳ぎを教えろといわれたら困りますよね。でも大きなお風呂だと思って入ってみる、とか?でも私も水は怖くないけど、バレエを子供と一緒にやれといわれたら、骨が折れるだろうな~(本当にボキッとね)だれも私のチュチュ姿は見たくもあるまい・・・
余談ですが、私のサークルのブログには週代わりで色んなアクティビティを紹介しています。準備の大変なものは家庭では難しいですが、簡単に出来るアイディアもあります。良かったら参考になさってくださいね~。
http://plaza.rakuten.co.jp/circletime/

masami #79D/WHSg | URL | 2007/02/18 19:50 | edit

★いづこさん、こんにちは!
コメントありがとうございます。とても嬉しいです!
この記事を書こうと思ったのは、「子どもと英語の絵本を読んでいるの」と言うと、「あなたは英語が得意だからいいけど、私は英語が全然だめだから~」と仰る方があまりにも多くて、お母さんが英語得意じゃなきゃ駄目なんだろうか、と真剣に考え始めたことがきっかけでした。
まあ、「本を読む当たり前の時間」が根付くまでには、誰だって時間もそれなりの努力も要りますよね。
でも、出来るだけ「努力している」と感じずに、長く楽しく続けていただけるにはどうしたらいいのかな?というのが、私の課題の一つです。
>> 英語のお話を書きながら、半分スイミングの心配をしている私。
> そして、このまとめがまたまたサイコー!この力の抜けぐあいが「余裕」を感じさせます。
トンでもありません。余裕どころか、私はいったい何に頭を悩ませているのか…。今のところ、お母さんも水の中へ、などというスイミングスクールはないんだから…。ましてや、私が水着を着た所で誰も私のお腹に注目するわけじゃなし、どうしてダイエットまで話が飛んでしまうのか…結局、水を避けたいだけなのです、アタシってヤツは。

由里子 #79D/WHSg | URL | 2007/02/16 14:36 | edit

こんばんは~。いづこです。
>子どもに「当たり前」と思わせる。
>これが、「ごはんを食べるのは当たり前」というのと、同じ感覚なのだと思います。
至言ですね~。感動しました!
>英語のお話を書きながら、半分スイミングの心配をしている私。
そして、このまとめがまたまたサイコー!この力の抜けぐあいが「余裕」を感じさせます。
いつもいろいろ教わっています。ありがとうございます!!

いづこ #79D/WHSg | URL | 2007/02/16 01:38 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。