子供と英語絵本のある暮らし

英語絵本がいっぱいの子供英語教室 Kashiwagi English Roomから~

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

パピーの1ヶ月間の読書記録 

 

パピーの読書記録は、それまで特につけたことがありませんでした。
冊数で残したって、薄いのから厚いのからいろいろあるし、かといって、語数計算するのもめんどくさい。
私自身はSSSのサイトを使って自分の読書記録を残しているけれど、それはこれまでにどれだけ読んだか、という満足感が欲しいから。パピーの場合はそんなもんいらんいらん、と思っていたのです。日々、おもしろがって本を読んでいるだけで、頑張ってたくさん読もうというモチベーションも必要なかったからです。

でも最近になって、読んできた量より「どんなものを読んできたのか」という記録が欲しくなりました。洋書だけでなく和書も。
先月2日から、ダイアリー式のノートに、その日パピーが読んだ本のタイトルだけメモることを始めました。
就寝前の読書タイムに読んだ、我が家の本や図書館で借りてきた本はもちろんのこと
・毎週行っている、図書館の読み聞かせ会で読んでもらった本
・幼稚園で毎週借りてくる本
・病院の待合室で読んだ本(小児科の待合室にはいい絵本が何冊か置いてありました。)
・英語のレッスンで読んだ本
・本屋で立ち読みした本(!)
などなど、思いつくまま書き留めます。
ひらがなとカタカナ、そしてわずかの漢字が読めるようになってきたパピーですが、音読はしんどくて、つまらないみたい。それではお話が楽しめないようで、もっぱら読み聞かせがメインです。
これからも、音読や自力読みの強制は絶対にしないこと。
それだけは私自身への約束です。

1ヶ月30日間のデータをまとめてみると―

・総冊数170冊 (2月はインフルエンザで1週間幼稚園を休んだので、普段より少し多めかも)
・洋書は125冊。その内訳はORT56冊(Stage 1から9までまんべんなく)、CTPから5冊、100EとTime-to-Discover から7冊、その他の絵本が57冊(主にアマゾンやブッククラブで買う単品の絵本。うち15冊は図書館からの借り物。)
・和書は45冊。うち40冊が図書館や幼稚園からの借り物など。
・延べ冊数なので、再読、再々読も1冊としてカウントしています。
・この間で、まったく読まなかった日は二日。インフルエンザのため。
反対に、読んだ冊数の多かった日は (ORT Stage 1を10冊、という日は除き)13冊。
・和書で最も文字数の多かったのはくまの子ウーフ(1回に二話ずつ)、洋書ではSylvester and the Magic Pebble (Aladdin Picture Books)(と思う)。ORTを10冊読んだある日は、Stage 9を2冊含んでいました。かなり「聞く体力」がついてきたと思われます。
・就寝前の読書の時間は30分~1時間。パピーが「眠い。もう寝る」と言ってきたら、そこでおしまいです。

この報告を読んで、すごい量!と思ってくださる方、たいしたことないやん、と思われる方。本ばかりにそれだけ時間もお金も使えない。とお考えになる方。英語の学習はもっといろいろ(ワークとかネイティブのレッスンとかDVDとか)やらなくてはいけないのでは? と疑問を持つ方。
いろいろでしょう。
一ついえるのは、これが我が家の無理のない量、やり方である、ということです。
パピーの能力に期待をしない。この言葉の意味、分かっている?とか、どのくらい内容を理解している?ということは、こちらからは絶対に確認しません。
私がやることは、
・絵本を常に用意してあげること
・毎晩本を読む時間を意識的にとること。
・最近追加したのが、外へも時々絵本を持ち出すこと。
・英語の絵本や歌のCD(読む絵本と一致しているわけではありません。アトランダムに)を、遊んでいるときなどに掛け流しておく。
この4つ。

パピーくんは本好きな子でいいなあ、と思われるかもしれませんが、うーん、実はどうだか?なのです。
彼は、本棚に並んでいる本にわざわざ手を伸ばすほど、興味があるわけではないのです。だから、私が本棚から出してきて、並べる。開く。そして「読もっか?」と言って、初めて「うんっ」という声が聞かれます。
そこから「本を読もう♪わくわく」モードに入り、「そしたらこれとこれとこれ、読んで・・・」となる。
ここまで持ってくるのに、何年かかったかなあ。
だから、自分で本を選んで持って来て勝手に読み始める…なーんてことになるには、あと数年はかかるでしょうね。(笑)
皆さん、最初から、この段階を期待していませんか?「自分で…」そういう子もいるけど、そうじゃない子もわんさかいます。パピーも「そうじゃない子」でした。
でも、「そうじゃない子」を「うちの子、本、きらいなのよね。読みなさいって言っても、だめ。」なんて切り捨てないで欲しいです。

あ、そうだ。
きっときっと、「時間」のことをいわれる方、多いと思います。「時間がなくて」と。
それは、次の機会に書きますね。

ところで今月の終わり、パピーは5歳になります。
バースデープレゼントは、トミカ2個ね。いちごとバナナをたぁくさんはさんだりのせたりした、ケーキも作ってね。
とリクエストがありました。了解。

昨日は幼稚園でお誕生会でした。冠をかぶらせてもらったパピー、先生のインタビュータイムで、
「パピーくんは、どんなどうぶつが好きですか?」
と聞かれました。
「・・・きりん」
「どうしてキリンかな?」
「・・・首がながーいから」
「首が長いといいの?」
「つかまって登るの。だけど、ぼくははしご車でもいいんだけど・・・」
結局車の話になるパピーなのでした。

4歳のパピーはあと数週間。どんどん大きくなっていくのがちょっぴり寂しくなって、
「ずぅっと4歳のままでもいいのよ。」
と私が言ったら、夫が
「2歳のときも3歳のときもそう言ってたよね。」って。
そうでしたっけ。
スポンサーサイト

category: 息子のこと(英語編)

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。