子供と英語絵本のある暮らし

英語絵本がいっぱいの子供英語教室 Kashiwagi English Roomから~

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

号泣した。 

 

こないだの日曜日は私にとって、“すごい”一日となりました。
この“すごい”をどう表現したら良いものか、迷いながらキーボードを叩いています。

ワイルドバンチでお馴染みの、英語劇学校マーブルスの小口真澄先生による「英語DE ドラマ」に、生徒として参加をしたのです。
演目は「ライオン・キング」
「劇なんて、ガラじゃないわー」と嘯いていた私の背中を優しく押してくださったのは、マーブルス名古屋支部のMIKIさん。合言葉のJump In!は魔法の呪文でした。
(いや、どっちかというと、Jump out from Kiyomizu stageの気分でしたが)
尚、著作権保護のため、レッスンの詳細は記しませんので、ご了解の上、お読みください。

1.事前学習

今から2ヶ月前にスクリプト等を渡されて「事前学習」なるものをするように言われました。
その課題が、私にはちゃんと理解できませんでした。
科白を覚えて来い、とか、振り付けを考えて来い、という具体的な課題ならまだしも。
「よーく考える」ことが宿題だったのですから。

考えても考えても、台詞を丸覚えすること以外思いつきません。
でも自分が何の役になるのかわからないんだから、そんなことを求められているんじゃないような気がする…。

2.歌!

で、ある日、台本をぽいっと投げ出し、歌に専念することに決めました。
劇中で使われる歌を6曲、鼻歌で歌えるぐらいに覚えること、という唯一の具体的指示にしがみつくことにしたのです。
そして、急には上手くならないだろうけど、せめて腹の底から思い切り声を出そうと。

発声に関してド素人の私は、声楽家の友人に相談をしました。
「とにかく、その日、自信を持って腹の底から声を出したいの。今の私が持つ最高の力を出し切った、悔いの無いCircle of Lifeを歌いたいの。どうやったら声を出せるの。」
まあ、なんて無謀な相談!・・でも、そんなことは一言も言わず、何年も声楽をやってきて誰よりもその厳しさを知っている彼女なのに「任せて」とにっこり言ってくれたのでした。
本当に本当にありがとう。

3.役は当日決まります。だから…

やりたい役は、自分の強い思いを込めて立候補するべきだ。
そう聞いていました。
私は、小さいシンバがずっとずっと前から大好きでした。
無邪気でヤンチャでまだ何も知らない、ただ「ボクは大きくなったらキングになるのさ!」とはしゃいでいる、子ども時代のシンバの役。
やりたい。シンバになって、サバンナを転げ回りたいな。
心の片隅に、そういう思いがありました。

でも、これって主役だよね…。
初出演の私がこんな役、厚かましいよね…。
いくら私がシンバを好きでも、主役欲しいです、なんてまさか言えないよねえ…。
じゃあ、何の役が回ってくるかなあ…。取り巻きのメスライオン5とか、その他の動物3…その辺かもしれないなあ…。それが無難かも。
そんな消極的な部分を、ずるずる引きずっていました。

4.そして当日~本番

当日は電車で名古屋へ。夫とパピーが駅まで車で送ってくれました。温かく送り出してくれて感謝感謝。
不安8割、期待が2割。電車の中でもヘッドホンでCircle of Lifeを聞いていました。緊張感が高まってきたときに耳に入ってきた曲は Hakuna Matata! (No worries!という意味のスワヒリ(?)語)。
くすっと笑ってしまいました。うまく出来てるなあ、このタイミング!と。

その日、その演劇スタジオに9時間いました。最後の1時間半が本番。休憩は昼ごはんの15分だけでした。
もう無我夢中。いつもならどこで何をしていても、正確に鳴る私の腹時計が、この日はどこへやら。頭の中は、ずっとライオンキングでいっぱいだったのです。
この9時間の間、何をしていたかというと、その日出逢った仲間と英語で歌い、英語で話し、英語で考え、考え、考え、叫び、踊り、走り(ヌーの大群から必死で逃げた!)、そして演じ…、最後に号泣したのでした。

念願叶って、子どもシンバの役を頂くことができました。
でも、シンバは主役じゃなかった!
皆が主役だったのです!限りない愛を持って見守ってくれる、父ライオン・ムファサや、敵のスカー、ヒヒヒと子どもシンバに忍び寄ってくるハイエナ。皆すごい存在感。コミカルなティモン、プンバァや、ザズーには、自分が出演しているのも忘れて大笑いだった。
私は素直にその場に気持ちを委ね、父に甘えたり、叱られてしょげたり、ハイエナに怯えたりしました。
それでも何も考えずに動いていると、真澄先生がいろんなことを聞いてきます。その言葉の裏側にあるものを。答えはすべて自分の中。
フィナーレは大人になったシンバが(私とは別の人の役)、王として地面を踏みしめながら立ち上がり、拳を挙げてROOOOOAAAAAARRRRRRRR!と叫ぶ。
本番のその瞬間、体中に電気が走ったような衝撃を感じ、10人の仲間の気持ちが一緒になったような気がしました。だから泣いたのです。

パピーと夫が、夕方からの本番を見に来てくれました。恥ずかしい、とかそういう気持ちももうなくなっていました。頑張るから観てほしい、と思いました。

真澄先生や皆と抱き合って別れ、帰り道。口のろれつも回らないほどぐったり疲れているのに、頭は最高にヒートアップ。夫とパピーに今日のことをまくしたてました。
「そんな経験が出来て、ホントに良かったね。」と、優しく聞いてくれたのでした。家族はありがたいものです。

5.この日学んだ、大きなことは

真澄先生とこの日の仲間達から何を学んだか、そしてそれと私の英語教室とどう関係あるのか、Kashiwagi English Roomで英語劇を取り入れるつもりなのか。
そんな話はまた長くなるので、別の記事として書きます。

★ オマケの話

一夜明けた私の体。筋肉痛で「ぎしっ、ばきっ」と音がする!階段が昇れない!
いやいや、よく走りましたから。それにしても、イテテ…。捻挫までしちゃったようです。
おまけに夫まで、その日の子守疲れもあってか、あらあら、翌朝ダウン!パピーは人使いが荒いからなあ。
夫は急遽有休を取り、パピーが幼稚園に行ってしまった家の中で(静寂が嬉しくて、顔がにんまりしていた)、ゆっくり過ごしました。
幼稚園からの帰り道、パピーがお友達にこそっと話しているのが耳に入った。
「今日ね、うち、ダンナがいるんだ。」

あなたのおとーさまよっ。
AUTHOR: 由里子 EMAIL: oakenglish@hotmail.co.jp URL: http://www.geocities.jp/kashiwagienglish/ IP: 219.118.137.122 DATE: 05/21/2007 14:13:46 ★ぶんぶんさん、始めまして! 書き込みをありがとうございます。 ブログ、おじゃましてきました。 わお~っ!絵本満載で、ステキですね。 これは時間をかけて、もう一度じーっくり拝見させていただかなくっちゃ。 私も勉強させていただきます。 ちなみに、どいかやさんの絵本、私も大好きでーす。
スポンサーサイト

category: 英語講師として思うこと

tb: --   cm: 13

△top

コメント

 

突然の書き込み失礼します。
偶然にHPを見つけてやってきました。
由里子さんの父役だったNORIです。
素敵なHPですね~~!
今頃なんなんですが、
1ヶ月前は本当にお世話になりました!!!
今、由里子さんのブログを拝見しているとあの時の感動がまたよみがえってきます。
由里子さんにお会いしたのは初めてだったのに、今はすごく懐かしく愛しい存在の人です。(^^)
またいつかどこかでお会いしましょうね!
さぁ来週はいよいよ大阪ロンドンです!
ドキドキーー。
応援していてくださいね!
NORI

NORI #79D/WHSg | URL | 2007/05/18 00:17 | edit

★洋子さん!
いつかお会いできる日があるだろうとは思っていたけれど、それがライオンキングでだったとは!
しかも気づいたのが、最後の最後の最後!
何にも知らずにその日言葉を交わしていたのが、ちょっと悔やまれました。
私がHPを開いて最初に、「共感を覚える」とメールをくださった方。
私にとっては、忘れられない方です。
それはおいといても、洋子さんのシンバは私にはとても勉強になりました。
台本にはない言葉が、皆ぽんぽん飛び出してくるのだけど、洋子さんの科白を聞いていて「そっかー、YOKOシンバはそんな風に感じるんだー」と。
時間、全然足らなかったですね。
まだまだまだまだやりたかった。
でも、また次の機会があることを信じています。
大阪ロンドンも頑張って下さいね!

由里子 #79D/WHSg | URL | 2007/05/07 14:02 | edit

★MIKIさん、コメントを残して下さって、どうもありがとうございました。
今回の感動のすべては、MIKIさんの後押しから始まりました。
事前学習中に不安になることもあったけど、MIKIさんの暖かなフォローはとても大きかったです。
そうして、他の人をフォローしつつも、当日目の当たりにしたMIKIさんムファサ(シンバのお父さんライオン)。
私はグループが違ったので(ライオンキングは2チームに分かれて演じられました)MIKIさんの息子ではなかったけれど、MIKIさんが洋子さんシンバにかける言葉は、私の胸にもいちいち響きました。オープニングから、すごい存在感だなーと引き込まれました。
私の後転?あはは、勢いです!
2回目にやろうとしたとき、髪が邪魔でしっぱいしたので、本番前に気持ちと一緒に髪をきっと縛りなおしました。
大阪ロンドンもこのまま勢いで…!
といきたかったのですが、諸事情が許さず、今回は断念しました。
でも焦らず、機会をまた狙いながら、MIKIさんとご一緒できる日を楽しみに待とうと思います。
この感動を味わってしまったら、じっとしていられませんね!
今回は本当にありがとうございました。

由里子 #79D/WHSg | URL | 2007/05/07 13:49 | edit

★petitさん、いつも見て下さってありがとうございます。
連休中は、風邪も治ってお元気で過ごされたのならいいですが。
パピーの話には、まだ続きがあります。
GW中は、いつものママでなくパパがお迎えに来てくれるお友達が何人かいました。
「今日は、○○ちゃんのところ、ごしゅじんが迎えにきてたよ」
うちの息子、そんなんばっかりですよ。{落ち込み}

由里子 #79D/WHSg | URL | 2007/05/07 13:31 | edit

★ODAさん、こんにちは。
嬉しいコメントをありがとうございます。
でも、今回は私がエネルギッシュだったというより、恐々顔を出してみたら、真澄先生と仲間達にががーっとエネルギーを与えられたって感じです。
頂いたエネルギーを今度は、お教室の子供達へ向けたいと思います。
普段の私なんて、いつも迷いつつ、あっちフラフラこっちフラフラ。とにかくも、まずは子育てをちゃんとやりたいのに、それもなかなか上手く行かず。
ODAさんのほうが余程、しっかり地に足を据えて息子さんを見ていらっしゃる、と思います。
凹んでいる時期は充電期間。きっと、発電(?ちょ、ちょっと表現が違うか)される時期も巡ってきますよ~!
お互い、頑張りましょっ!

由里子 #79D/WHSg | URL | 2007/05/07 13:25 | edit

★マサミさん、こんにちは。
ええ、真澄先生のライオンキングは、本当に得るものが大きかったです。
また話を聞いてくださいね!
ところでバームクーヘンを焼いていたって?
今は結婚式の引き出物でぐらいしかお目にかかれないけれど、うーん、おいしそうだなー。それも、英語のサークルで使われるのですか?
おいしいサークル(?)、羨ましいです。

由里子 #79D/WHSg | URL | 2007/05/07 13:08 | edit

★すみさん、こんにちは。
HPご覧頂いてありがとうございます!お礼が遅くなってごめんなさい!
そう、すみさんには、私が行きの電車の中で怪しげにぶつぶつとサークルオブライフを歌っているのを目撃されてしまったのですよねー。ああ、恥ずかしい。
でも、スタジオについても知らない人ばかりですごく緊張していたところ、「あー!やっぱりそうだったんだ!電車の中で見かけました」と大きな声で声を掛けて下さって、いっぺんに気持ちがほぐれました。すみさんの笑顔に救われました~。
それにしても、すみさんのザズーは文句なしに楽しかった!あの強烈なキャラクターはどういう方が演じるんだろう、と思っていたけれど、すみさんザズーが羽をぱたぱたさせながら何かやるたび、何か言うたび、おかしくて仕方なかったです。
また、必ずご一緒しましょう!
お会いできて良かったです!!

由里子 #79D/WHSg | URL | 2007/05/07 12:47 | edit

あ~本当に良かったです!!
そして、私は、由里子さんにお会いできたのが何よりも嬉しかった!生ですよ。
しかも同じ、シンバ役(^^)
同じチームではなかったけれど、お互いの演技が見れて私は勉強になりました。
ライオンキング、良かったですね~今思い出しても、まだ感動がよみがえる!!
すみませ~ん、コメントおそくて・・(TT)

洋子 #79D/WHSg | URL | 2007/05/06 19:58 | edit

ご参加ありがとうございました。
思い切ってオススメして(かなり無理強いした?笑)良かったです。
パピーくんのことでやりとりさせていただいて、Yurikoさんならきっと何かを掴まれるに違いない、それも大きな何かをという確信に近いものが私にはありました。
だから、、、清水の舞台から飛び降りていただく、このことが最大の難関だと思いました。
あとは何も心配していませんでしたよ~。
思ったとおり、絵本に造詣の深いYurikoさんですから、登場人物の心理も深く読み取り素晴らしい事前学習の時間を持たれたようですね。
あの後転には度肝を抜かれました。
元体操部???(笑)
ご一緒できて嬉しかったです。
また一緒に汗を流し、笑い、抱き合って泣く日を楽しみにしています。
よろしければ大阪もご一緒に~。
こちらはちょっと地味な(苦笑)タイトルですが、深いですよ~
ふっふっふっ♪

MIKI #79D/WHSg | URL | 2007/04/29 15:52 | edit

由里子さんすごいバイタリティーですね。
私は先週から風邪でダウン気味。
本題よりおまけの話に目がとまったのは私だけ?

petit #79D/WHSg | URL | 2007/04/27 11:41 | edit

由里子さん、すごいなー。
どうしてそんなにエネルギッシュに生きられるんでしょう?
やりたいことがはっきりしていると、それに係わる色々が自然に近寄ってくるのかな...。
自分はどうなんだ?と思わざるをえません。
少々ヘコんでます。

ODA #79D/WHSg | URL | 2007/04/25 22:03 | edit

由里子さん、ライオンキング、エネルギーを発散してきたようですね。
いやぁ、私も行きたかったですが、その日はバームクーヘンを焼いていました。外のかまどで竹に生地をつけて自分でぐるぐる回すの。
ま、その話は置いといて、マーブルズ、何だか熱気まで伝わってきました。必死になる事って大人になると少なくなってくるけど、童心に戻ってというか、ドーンとエネルギーを発散するのはきっと気持ちのいいことでしょうね。
でで、パピーくん、いいねぇ。好きだわ。気をつけないと、ママの口ぶりにそっくりになってきちゃうんですよねぇ。
ではまた。

マサミです。おまけが好き #79D/WHSg | URL | 2007/04/25 15:07 | edit

由里子先生のヤングシンバは本当に素敵でした。電車で偶然お見かけしたときから本気モードを感じ、こちらも気合が入りました。
そして、時間を追うごとにますます本物の役に入り込んでいく様子がとても美しかったです。
実は私は京都からの参加で、ライオンキングも2回目でした。
2回目だから甘えはないのか、予習はちゃんとできているのか、ということを考えながら電車に乗っていました。
で、由里子先生をお見かけして、歌を一生懸命口ずさんでいらっしゃる様子にとても感動したのです。
あの日は1日ご一緒出来て嬉しかったです。
またどこかでお会いできたらいいですね。
ありがとうございました。
突然書き込んで失礼致しました。

すみ #79D/WHSg | URL | 2007/04/25 02:24 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。