子供と英語絵本のある暮らし

英語絵本がいっぱいの子供英語教室 Kashiwagi English Roomから~

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

離陸 

 

結構早くから、補助輪付の自転車を暴走族のように(顔つきもスピードも)走らせていたので、パピーは自転車に乗れるようになるのも早いかな、と期待していました。
いつも行く近所の公園で、パピーより数ヶ月年下のお友達(4歳になっていなかったのです)が補助輪なしで乗っているのを見て、びっくりしていたら
「きっと、パピーくんもすぐ乗れるわよ」
とそのお母さんがニコニコして、言いました。

私も夫もすっかりその気になりました。
パピー4歳2ヶ月の頃。
よし!この夏に!
休みの日、夫が補助輪をはずし公園に連れて行って練習をさせました。
でも、自転車が進む気配はありません。
すぐに「やだよ。補助輪つけて」と言いました。

ある日、同級生のお友達が目の前をびゅーんと、自転車で通り過ぎて行きました。
「うわあ。Yくんも乗れるようになったんだー!ほら、見てご覧よ、パピー。
すごいねっ!かっこいいねっ!パピーもさっ、Yくんみたいにさっ!」
盛り上げたその瞬間―

パピーの目の前でYくんがずるるるるっと派手に転び、腕に大きな擦り傷を作ってしまいました。
Yくん、この世の終わりかのように泣き叫びました。

「補助輪とったら、危ない…。いかんいかん…。」
と、その日からパピーは言うようになりました。
そこで、暑かったけれど長袖と長ズボンをはかせ、ヘルメットも買いました。
「これなら、転んでも大丈夫だよ」
と私。
でも慎重派の夫は
「いや、あれでも怪我するよ。膝当てとかひじ当て、買ったほうがいいんじゃない。
恐怖心があると練習できないよ。」
まったく、2人とも甘ちゃんなんだから!
何度も転びながら、怪我をしながら、自転車に乗れるようになるんじゃないのっ!
男でしょーーーーーーーーっ!

スパルタな私は、有無を言わさず補助輪をはずし、
「お友達と一緒に公園で自転車に乗って遊びたかったら、それを練習しなさい」
と意地悪く言いました。
ツレとパラリラパラリラやりたかったパピーは半べそをかきました。

その後時々思い出したかのように、公園へ連れ出しては無理やり練習をさせましたが、補助輪をつけたりはずしたりするのもの面倒なので、いつしか練習はさっぱりやめてしまいました。
補助輪付の暴走族は、1年くらいそのままでした。

5歳になってまもなくの、ある日。
Yuくんのおうちに遊びに行っていたので、迎えに行きました。
車どおりの少ないYuくんちの前で、小さい子がコザルみたいにくるくるくるくると小さい自転車を乗り回していました。
「Yuくんも乗れるようになったのねえ…」
とため息をつくと、よく見たらそれはYuくんの自転車を借りたパピーでした。

Yuくんのお兄ちゃんによると、
「パピーくん、ちょんと跨って、そのまますーっと走り出したよ。」
「え?練習したの?」
「してない。だから、乗ったら、そのまま走り出したんだって。練習なんかしてないよ」

つまり、パピーは一度も転ぶことなく、ある日突然普通に走り出したというわけなのです。
ひじ当て膝当てヘルメット。
親が2人がかりでなんだかんだ用意周到にやっていた日々はナンだったのでしょう?

それで、突然ですが英語の話です。

SSS式の英語学習法はこうです。
とにかく易しい本をどんどんどんどん大量に読むこと。
挿絵ばかりの絵本で構わない。
文字の読めない子には、とにかく読んで聞かせてあげる。
そうすると、ある日ほとんど挿絵のない、ちゃんとしたストーリーのものをひとりでに読み出す―。
それを、酒井先生は「離陸」と呼びました。
やるべきことは、絵や音声(読み聞かせの声)を頼りにとにかく、ページを開き続けることだけ。
その他の、単語の意味を教えたり、辞書で調べさせたり、覚えこませたり、はたまたフォニックスなるルールを教え込んだり。
そんなことを親や先生が必死でやったってやらなくったって、本さえ開き続けていれば必ず「離陸」する日はやってくる。
つまり、補助輪のはずれる日、です。
いえ、むしろ親・先生が必死になればなるほど、子どもはそれから遠ざかろうとしてしまう…。

パピーの自転車を見ていて、自分は愚かだったなあと思いました。
私があんなに必死にならなければ、パピーはもっと早くに自転車に乗れていたかもしれません。
英語で同じ轍を踏まないようにしなくては。
英語に限らないですよね。他のお勉強でも習い事でも、通ずるところはあると思います。
離陸の日は、いつかはわからないけれど、必ず来るはずです。

ところで、この日なぜパピーは自転車に乗ってみようと思い立ったか。
それは、前日のレッスンでORTの"Look at Me"(自転車でいろんな曲芸を得意げに見せる男の子、チップのお話)を読んだからです。
ORTは、子供達が自分と登場人物を重ねあわせる、とよく言われるけれど、このチップのお話にのめりこんでいるうちに、その気になってしまったようです。
思わぬ副産物。

それにしても、「自転車」「離陸」…映画「E.T.」を思い出します。
*** 追記します***
幼稚園の先生が、パピーが勝手に自転車に乗り始めた理由をご存知でした。
「お外遊びのときに、園のキックスケーターを乗り回していたから、バランス感覚が育っていたんだと思いますよ」
と。うちにはキックスケーターがありません。
いつの間に…。
でも一人ひとり、何をやっているのか、何ができるのか、どう成長していっているのか、本当によく見てくださっているのだと心からありがたく思いました。

朝のお外遊び。
みんなと、縄跳びやドッヂボールをして欲しいのに、パピーったら一人遊びばかり…と、(ここでも)嘆いていた私。

でも、子供の遊びは友達とでも一人でも、無駄はないものなのですね。

でもって、キックスケーターを乗り回すことが、完全防備で補助なし自転車に真っ向対決して練習するより、自転車に乗れるようになる、ずっとラクな方法だったってことです。
もし私たちが彼にキックスケーターを買い与えていたら、それはそれで必死で練習させていたかも。困った親です。

ところで、キックスケーターのことを「ローラースルーゴーゴー」と呼んだ友達がいました。
わ、私は知らないわよっ!そんなネーミング。
でも、同じ年の友達だった…。
ごーごーだなんて…。
スポンサーサイト

category: 息子のこと(iroiro)

tb: --   cm: 2

△top

コメント

 

★あーすけさん、コメント、ありがとうございます。
> この繰り返しに、正直
> かなり煮詰まってました
私と一緒です!
なんて言うと叱られるかもしれませんが、自転車の練習や、そしてKU○○Nの計算ドリルを強いてイライラしている私…。
そうそう、パピーは1年前からあのプリント学習教室に通っています。まさに煮詰まっています。嫌々取組む本人は勿論のこと、私も「やりなさい」と声掛けすることに疲れ、もう辞めさせようか、でも最近はやる気出してるし、の繰り返し。それだけに、あーすけさんのお気持ちが良くわかります。
KU○○Nに通わせることで私が学んでいることも、いつかここに記しますね。(結論が出ないのでなかなか書けません。でも結論なんて永遠に出ないのかも…。)
そんなオニ軍曹の私が、英語だけは気楽に続けていられるのは、自分でも不思議です。
・子供にまったく期待しないこと。
・私自身が絵本を楽しんでいること。
・二人で絵本を開く時間がただ楽しいこと。
この三つが大きいようです。
どうして、先述のプリント学習はこんな風に行かないんだろう?
私から見ていて最近、お兄ちゃんもAちゃんも、私の予想を超えるものを蓄えているように感じます。
お兄ちゃんの方は、英文の意味を挿絵なしでも少しずつ理解し始めていること、お気づきでしたか?もう200冊ほどの絵本は暗誦したと思います。レッスンでも毎回4,5冊の本を読んでいますから、もう何百冊の英語の本を読んできたことでしょう。中学3年間教科書で触れる英文の量なんて比較にならない量です。すごいことです。
英語を聞き続け、絵本を開き続けたこと。どうぞそれを褒めてあげて下さい。
5,6年生になってきたら中学英語も齧っていこうと思いますが、絵本の世界を知っている彼らが、それを「くだらん」と思ってくれたら嬉しい!(なんて、親御さんは期待していないか)
あーすけさんの毎日の小さな積み重ねに、心から感謝しています。
その積み重ねさえあれば、あとはこちらが何も期待していないときに、子供ってすぅっと離陸してしまうもの…今回、そう思いました。
ホームステイですかー。いいなあ。
> A嬢は「きれいな海で泳げるなら行くわ♪~」
思わず、可愛いビキニにサングラスでもして、ビーチで戯れるA嬢を思い描いてしまいました。
Aちゃん、6歳。そのマイペース、好きですー♪

由里子 #79D/WHSg | URL | 2007/07/04 11:38 | edit

「離陸」素敵な響き{音符}ですね
春からの学校生活も
慣れたんだから、そろそろ・・
でも、こちらから言わなくては
取り組めない子供達{困った}
何度も、『自分から出来ないなら、辞めなさいっ!{怒り}』
口にしたことか・・
その度「やりたいっ!」
この繰り返しに、正直
かなり煮詰まってました
半泣きで、お伺いした事も
ありました
でも、考えてみれば
オムツも取れたし
鏡文字も直ったし
(字はきたないけど・・)
そのうち何とかなるものなのかな?
昨日車で出かける時に
懐かしの「fun&fantasy」
レベル1をかけて出かけました
楽しそうに口ずさんでました
こちら側は果てしなく・・
ダメ出しばかり・・
挙句もう何年もやってるんだからといって
パスポートをとり、子供二人だけの
ホームステイをこの夏やってもらいます
と、子供には言ってます
もちろん、冗談ですが
A嬢は「きれいな海で泳げるなら行くわ♪~」
どこまでも、続くマイペース
誰に似たんだか・・{困った}

あーすけ@煮詰まり中 #79D/WHSg | URL | 2007/07/03 21:27 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。