子供と英語絵本のある暮らし

英語絵本がいっぱいの子供英語教室 Kashiwagi English Roomから~

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

パピーが翻訳? 同時通訳?! 

 

最近、パピーと読んだ絵本から。

1冊目 Grown-Ups Get to Do All the Driving (Picture Books)
(邦訳・おとなってじぶんでばっかりハンドルをにぎってる)

「大人って…」「大人って…」子どもの視点から大人の不可思議な様子を描いた絵本。
1ページに絵が一つ。文もひとつ。
一こまマンガみたいで、内容はちょっぴりシニカル。
大人が読んで思わず苦笑いしちゃいます。子どもには、この面白さわかるのかな、と思っていたら。

意外に、パピーはこの絵本を気に入りました。
先日これを読んでいたら、「ママの英語の後にぼくが日本語をつけてあげる」と言い出しました。
建前としては「英語は英語のままで。和訳させるなんぞ言語道断」の児童英語ですが、好きにやらせてみました。

Grown-ups do lots of excersise.

パピー「大人って、体操が好き。」
(レオタード姿のボンレスハムレディ、リビングでエクササイズ。
子供には、何のためにやっているのか分からないのでしょうね。)

Grown-ups get wrinkles.

パピー「大人って、顔にひびがはいっている。」
(「ヒビ」?!
「シワ」よりはるかに、私のショックは大きかった…。)

Grown-ups hide things.

パピー「大人って、きっと子どもの好きな、すっごいいいものをどっかにかくしている。」
(真剣な顔で、大人の机の引き出しをあさる子どもの絵。
パピーよ、「子供の好きなもの」とはどこにも書いていません。安心しなさい)

Grown-ups get to do all the driving.

パピー「大人って、自分ばっかり運転して、ボクにさせてくれない。」
(パピー、口をとんがらかす。
恐ろしいことに、パピーって子は助手席に座らせると、運転席周りのいろんなボタンやレバーを触ろうとします!
きゃーっ、です。)

Grown-ups get tired easily.

パピー「大人って、すぐ『疲れたー』って言うよねー。」
(この辺りから、語り口の子どもとすっかり同化)

Grownups are always having "discussions".

パピー「大人って……みんなあつまると…。(ちょっと考える)―うるさい。」
(「discussion = 議論」なんて訳語、必要ありません。
「うるさい。」
はい、そのとーり!)

絵を頼りに、パピーは想像を膨らませます。だから、実際には無い言葉も、ぽんぽん出てきます。
でもかなり正確だ、とびっくりしました。
ガッコウで習うブンポーに従って「和訳」して、こんな風になるだろうか、と楽しい気分になりました。

二つ目。
クラシック絵本 The Tiger Who Came to Tea
(邦題・「おちゃのじかんにきたとら」)

ストーリーは、なんちゅーか突拍子もなく。
小さな女の子とお母さんの、お茶の時間。そこへピンポーンと、トラがやってきて(?!)ドアから覗き込んで頼みます。
「あのーちょっとお腹が空いたので、お茶によばれたいのですが…」
お母さん「あらあら。どうぞお入りなさいな。」

…お母さん、ステキだわ…。

でも、筋はホントよくわかりません。
ただお腹が空いたトラ、食べる食べる。
お皿にのったたくさんのbuns(カップケーキみたいなお菓子)をざーっと一口で食べてしまうところで、パピーが「あっ!」と声を出しました。
「どうしたの?」
目を丸くしたパピー、
「…とら…、カップケーキの…紙までたべちゃった…。」

そんなことが気になるの?
空腹のトラが、小さなカップケーキの紙を一枚一枚丁寧にはずすところなんて想像できない私は、やっぱり想像力が足らないのかしら。

必死に絵本に見入る子どもの顔を見ていると、とても幸せな気持ちになります。
AUTHOR: 由里子 EMAIL: oakenglish@hotmail.co.jp URL: http://www.geocities.jp/kashiwagienglish/ IP: 219.118.137.122 DATE: 08/03/2007 14:25:05 ★kaoruさん、こんにちは。 夏休み英語絵本講座、遠方からのご参加ありがとうございます! お会いできるのをとても楽しみにしています。 実は、昨日の英語のレッスンで、日本語の本も1冊読んでしまいました!こんなのあり?なのですが、子ども達は誰も何も言いません。なんとも思わない様子。 私がみんなの前で絵本を開くのは当たり前で、それが日本語でも英語でも関係ないのでしょうね。 > 最近は寝る前の読書タイムを必ずしています。 だったら、先が楽しみですー! 親子で本を開く時間さえ出来ていれば、あとは少しずつ英語の本を混ぜていく内に、いずれは日本語と同レベルのものを楽しめるようになると思います。 お母さんはどうぞ、お子さんの表情を楽しんでくださいな♪ 一方、kaoruさんも私と同じ立場(英語講師!)の方でいらっしゃるので、私の方も、いろいろ学ばせていただきたいです。 どうぞよろしくお願いします。
スポンサーサイト

category: 息子のこと(英語編)

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。