子供と英語絵本のある暮らし

英語絵本がいっぱいの子供英語教室 Kashiwagi English Roomから~

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

ワンちゃんのごはん 

 

以前に、あの60万の教材、ウチにもあります。とお話しました。
我が家は実際にその額を投じたわけではないので、真剣に取組んだことはありませんでしたが、昨夜突然やると言い出しました。
それで適当にライム色の本を取り出し、それに対応するアクティビティブックとCDを用意してあげました。
息子のために最後に開いたのは、昨年の秋だったっけなあ…なんて思いながら。

私もライム色のは、テキストもワークも初めて開いたけど、
「○○を××色に塗りなさい」
というCDの指示は相変わらずでした。…はあ。

次のページ、犬が二匹お座りしている絵がありました。
CDから指示が出ます。
"Draw a bowl of food for the dog that is thin." チン♪―CD,一旦停止。
(痩せた方の犬に、ボウルいっぱいの餌を描いてあげなさい)

当然餌入れに入ったドッグフードの絵を描くのだろうと思ってみていたら、
パピーはなんと、大きなご飯茶碗に盛られたご飯と味噌汁の絵を描きました。
山盛りご飯においしそうなふりかけを真剣に描き足します。
それからちょっと考えて
「そうだ、スプーンとフォークも描こう」
「お箸じゃないの?」
「このワンちゃん、お箸は上手く使えないと思う」
スプーンとフォークの柄には、ミッキーマウスの絵。あはは、小洒落たことをしてくれる!
麦茶も用意して、完成。

その下に、ネコちゃんの絵。
"Draw a fish for the cat that is thin." チン♪―CD,一旦停止。
(痩せた猫に、1匹の魚を描きなさい)

お刺身が苦手なパピーですが
「このネコちゃんはまぐろ好きかな」
と言って、魚の絵を一つ。
そこで終わったかと思ったら、矢印を描いて、その先に骨になった魚。
(まぐろは切り身になっているから、骨は普通残らないけどね。)
そして「ごちそうさま」との科白。

いろんなことを考えるものだなあ。

一方的にCDに話しかけられるのは、案の定すぐに飽きてしまいました。
明日からはまたやらないでしょう。そして仕舞い込む私。
また半年後にでも思い出したら、声掛けてね、パピー君。
スポンサーサイト

category: 息子のこと(英語編)

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。