子供と英語絵本のある暮らし

英語絵本がいっぱいの子供英語教室 Kashiwagi English Roomから~

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

ある小学生クラスのお話 

 

新年明けましておめでとうございます。なんて、もう10日ですね。
昨年もステキな出会いがたくさんありました。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

レッスンも今週からスタート。
火曜の園児クラスに続き、昨日の水曜日は小学生クラスでした。男の子6人女の子1人の賑やかなクラス。

「明けましておめでとうございまーす!」
と元気に入ってきます。で、いきなり
「先生! ルーの赤ちゃん、もう立つようになったよ!」
そうだ、クリスマス発表会の日に、子犬が八匹産まれたって、写真見せてくれたっけ。
「いやーん、かわいいでしょっ。今どのくらいの大きさ?」
「うーんと、ホットドックぐらいの大きさ」
そこから皆で、じゃあホットドックの大きさってどのくらい?で盛り上がりました。

それから、別の子が「先生だけに内緒の話だよ」と私の耳に顔を寄せて
「クリスマスの日にね、弟んとこにきたプレゼント、トイザらスのレシートが入ってたの」
ううっ。それは…

また別の子が
「先生、オレ、今年のクリスマス(って、12ヶ月先の話よね)の発表会のネタ、見つけた!こんな手品なんだけど…」
懲りないなあ。

小さい子供達は勿論かわいいのだけど、小学4年生でも、ホントかわいいです(と、親馬鹿ならぬ先生バカ?)
そういえばこのクラスで昨年、一度こんなレッスンをやりました。

小学生のレッスンは75分です。
結構長いので、途中お茶の時間が3分ほどあります。
英語習得のためのアクティビティ、ではなく、純粋におやつ休憩。たいそうなものは出しません。いつもは駄菓子と麦茶、です。子供達がここで使う英語は、”Thank you.”と”More tea, please.”ぐらい。(「おやつのおかわりpleeeeeeease」と言う子もいますけどね)
でも、私の気分次第でちょっと遊ぶこともあります。
夏の皆のお気に入りは、アイスクリームサンデー。我が家に常備してある2リットル入りの三色アイスクリーム。好きなフレーバーのアイスクリームをグラスによそい、カリカリのグラノーラやチョコソース、ホイップクリームなどを飾って「いただきまーす」
それはそれは嬉しそうです。

ある秋の日の、レッスン20分前。
おやつが足らないことに気づきました。しまった!棚も冷蔵庫も探すけどない!買いに行く時間もない!
ぐるぐる考えて、我が家のいつものおやつを作ることにしました。
リエージュワッフルです。急いで温めたミルクにイーストを溶かし、小麦粉、はちみつ、卵などで生地を用意しました。
よし、発酵完了まで1時間。休憩時間にタイミング良さそうだ。
その日は、最後に私の読み聞かせを持ってくることにしました。レッスン45分経過。今からおやつ、そして絵本タイムだな、と時計を見て計算する子供達から、催促。
「先生、今日のおやつは何~?そろそろおやつの時間だよ~」
子供は、おやつのときはいつもそうするように、ダイニングテーブルにつこうとします。
ところが私っておばか。
ワッフルなんて2,3分で焼けちゃうから。なんて思っていたら大間違いでした。一度に2枚しか焼けない。目の前にいる欠食児童は7人。2枚ずつ焼いてあげたら20分はかかってしまう!これでは、後半がレッスンにならないではないか!
?と、そのとき(遅いっ)気づきました。

少し考えて。
「今日は、テーブルにつかない。今から先生が、いつもみたいにここ(リビング)で絵本を読むよ。」
「ええ~!!!おやつはぁ~ 腹減ったのにぃ~」
大ブーイング。

子供達の目の前で、電導ワッフルメーカーのコンセントをいれ、発酵の終わった生地のボウルと、皿7枚、メープルシロップのボトルを並べました。
“From now on, I’m going to bake your waffles two by two while I read you some books!”
ワッフルを焼きながら絵本を読むことにしたのです。

熱くなったワッフルメーカーに、生地をじゅわーっ。
”See? It’s sizzling! ”
私の手元に、子供達の、熱く静かな視線が集中。
メーカーのふたをしたら、キッパーの絵本を一冊読みます。読み終えた頃、2枚出来上がり。小さい子から順に熱々を一つずつ。
“Would you like some maple syrup on it?”(メープルシロップはいかがでしょーか?)
Aちゃん “Yes, please!”
Bくん 「あ、ぼくはいらん」
あ、ちょっと英会話教室っぽい。でも、真似事じゃない会話。日本語で答えようとも、英語をきちんと理解している彼ら。
で、次の生地をまたじゅわーっと流し込んだら、また次の絵本。読み終えたらまた2枚焼き上がり。
”Who’s next?”
「ぼく~!」
「ボクもまだもらってないよー」
はいはい、順番だよ、仲良くね。
焼いては、読んで、メープルかけて、手渡して。焼いては、読んで、メープルかけて、手渡して。
それを繰り返し、ワッフルは2巡しました。
フロアにぺたんと座った子供達は、たれてくるメープルシロップを皿で受けながらぱくぱく食べます。
でも目と耳はしっかり絵本に向いていました。いつもの茶々やつっこみも忘れません。
これだけ集中してくれるというのは、快感です。

おやつを配りながら、絵本を読んであげる。
私って、まるで昔の紙芝居やさん(^^)!
私の読みもすっかり調子付いて、迫力満点の魔法使いのおばあさんを演じていたら、Cくんがぼそっと
「…ニシオカスミコみてー…」
それは誉め言葉ととって、良いのですか?Cくん!

今年はいよいよ高学年。
中学でこけない程度に、そろそろまとめていかなくてはなりませんが、それでも絵本尽くしのレッスンは、今年も変わりません。

このワッフル大会、他のクラスでもいつかやりましょうね。
あ、だけど、普段は「駄菓子と麦茶」、ですよ!
AUTHOR: 由里子 EMAIL: oakenglish@hotmail.co.jp URL: http://www.geocities.jp/kashiwagienglish/ IP: 219.118.137.122 DATE: 01/16/2008 06:48:22 ★あーすけさん、書き込みありがとうございます。お返事が遅くなってしまい、ごめんなさい!! 子犬ちゃん、大きくなりましたか? 毎日、興奮したあーすけきょうだいにいじくりまわられている様子が眼に浮かびます。ああーかわいいだろうなっ >やっぱり今年も >おやつメインの息子・・ Ysくんにおやつを期待されなくなったら、私も寂しいですー。 (いつもの100円駄菓子でも、とても喜んでくれるカワイイ子供達) お教室では、明るくて優しくてリーダー格のYsくん。今年も期待しています。 英語もご心配なさらないで下さい! 英語の貯金は、確実に増えていますから{笑顔} 今年もよろしくお願いします!
スポンサーサイト

category: お教室日記

tb: --   cm: 1

△top

コメント

 

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
ところで、このブログを読んで、
これがよく言われている
”生きた英語”といわれるものなんだろうな?とおもいました。
子供のころからの蓄積はすごいですよね。
これが中学はいるとお勉強色。
これも仕方がないのだけれど。
うまく両立ないものでしょうか?

petit #79D/WHSg | URL | 2008/01/12 19:06 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。