子供と英語絵本のある暮らし

英語絵本がいっぱいの子供英語教室 Kashiwagi English Roomから~

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

「べそ」ってどういう意味? 

 

最近のパピー、絵より文の多い本も読む(いえいえ、読んで聞かせるだけですが)ようになりました。

このあたりです。
年長さんぐらいなら、自力ですらすら読んでしまうお子さんも多いことでしょうね。

長いので一日、1,2章にさせてもらっています、パピーにお願いして。(だってそれ以外にも、いつもの絵本を1時間くらい読むんだから?)
でもお話を聞くの、本当に好きみたい。絵本とは違った楽しさを知ったようです。
昨夜のお話。

「・・・ついに、しげるはべそをかきはじめました。」
という文を読んだとき、パピーが
「べそってどこ?」
と聞きました。

一瞬、質問の意味がわからなかったけど、「べそをかく」の意味がわからなかったらしい。
べそっかきのパピーが、今更そんなことを聞くのかしら?
初めて聞いた言葉でもなかろうに。

でももう一つフシギだったのは、「どこ?」という質問。Where?
「何?」ではなかったのです。
・・・だけど、これはパピーに貯まっている言葉の貯金のせいだ、と気づきました。
この「しげる」くんは、どうやら今窮地に立たされているらしい。
困ったときには「頭をかく。」
そんな文が頭をよぎったのでしょう。
でも恐らく、この場合は更にキビシイ状況。そんなとき、いったい、どこをかくのだ?
だから、「どこ?」which part of the body?という質問だったのですね。

もうひとつ、フシギだったこと。
それは、私にも「べそ」の意味が分からなかったということ!
確かに、べそをかく、っていう使い方はよくするのだけど、べそって…どこ、という場所ではないんだけど、えーと、えーと…。
(後で1人で辞書で引いたら、「泣き顔」そのもののことでした。誰でも知ってるのかしら?)

でもそのときは、「べそ」の意味を辞書で引いたりしませんでした。
「昨日パパにからかわれて、パピーも『べそ、かいてた』よ」
ああ、あそこまでビービー泣くのか。頭ポリポリ程度じゃないんだな、と考えたかどうかわかりませんが。
(挿絵で見当もつくでしょうし)
そのまま先に進んでしまいました。それ以上話し込むと、お話の世界が壊れてしまいますから。

そうやって、言葉って育まれていくのかな、と思います。
自然に、自由に。そして伸びやかに。
それがいいな。

一冊読み終え、パピーは、叱られてばかりの、やんちゃなしげるにすっかり共感を覚えたようで、満足そうに眠りについていきました。
「べそ」という単語の意味を覚えたことより、これが収穫。

おまけの、絵本紹介。
昨夜読んだこの本は、今朝も読まされました。
頭に帽子をのっけて売り歩く男と真似好きのおサル達のお話。
幼稚園に行きすがら、帽子を売り歩くかのように連呼していた息子。
"Caps, caps! Caps for sale!"ってね。

私がこの本に出会ったのは、もう随分前だったけど、そのときは何が面白いのかわかりませんでした。地味な絵本だなーと思った。
その面白さには、昨夜初めて気づきました。パピーのお陰で。
AUTHOR: 由里子 EMAIL: oakenglish@hotmail.co.jp URL: http://www.geocities.jp/kashiwagienglish/ IP: 219.118.137.122 DATE: 01/26/2008 21:31:31 ★はるかさん、ご質問ありがとうございます。 はるかさんが1歳半のお嬢さんと開いて欲しい絵本は…と、いろいろ考えてたくさん書いているうちに、コメント欄には書ききれなくなってきました。 絵本の紹介ではありません。どうやって、お嬢さん向けの絵本を見つけるか、という私の持論です。 少しお時間を頂けませんか?何分にも、文章を書くのが遅くて…ごめんなさい!近いうちに、一つの記事でお返事させていただきます。 そのお答えが、はるかさんのご参考になれば、と思います。
スポンサーサイト

category: 息子のこと(iroiro)

tb: --   cm: 3

△top

コメント

 

今日は。
このCAPSの本の表紙にはおバカな思い出が。。。
寝ぼけていたある日。
本のショッピングサイトを見ていた私は、ロケットから人が飛び出している!と錯覚した表紙なのです。
それ以後この表紙を見ると、いつもそう思ってしまいます。
いかに文字が目に入っていないか。
パピー君に笑われそうですね。

petit #79D/WHSg | URL | 2008/01/19 07:56 | edit

★はるかさん、初めまして!
マサミさんのブログからはるばるお越しくださり、ありがとうございます。
さて、私どもでは教材販売はいたしておりません。
100English シリーズは、いくつかの業者さんで取り扱っていますが、私はいつも
ミカサブックセンターさん、
http://www1.tcn-catv.ne.jp/mbc/
を利用しています。
ミカサさんは注文金額が?21000を超えると、1割引きになります。
上記ホームページのショッピングサイトでは、Scholastic のOne Hundred English(100冊セット)として掲載されていますが、ユニットごと(20冊で1セット)に購入することもできます。メールで問合せてみてください。
ユニットごとの内容は新学社のHP、
http://www.sing.co.jp/sougou/kyouzai/sogo130.htm
で見ることができます。
お嬢さんがお気に入りの本と巡り会えますように。

由里子 #79D/WHSg | URL | 2008/01/19 00:11 | edit

始めまして。名古屋のサークルタイムまさみさんからこちらのブログを紹介していただきました。
現在、広島在住で、1歳半の娘がいます。
現在、CTP絵本のレベル1Aをやっていますが、100Eのシリーズを導入したいと思っております。調べてみたのですが、取り扱いをしている業者さんが見つかりません。
教材の購入先などをお教えいただければと思います。
または、こちらのお教室から購入できるのであれば、お値段など伺いたいのですが。
よろしくお願いいたします。

はるか #79D/WHSg | URL | 2008/01/18 23:42 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。