子供と英語絵本のある暮らし

英語絵本がいっぱいの子供英語教室 Kashiwagi English Roomから~

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

夏休み英語絵本講座2008 絵本の紹介 

 

この夏も、「夏休み英語絵本講座」を開催させて頂きました。
遠くから来て下さった皆さん、ありがとうございました。
10時からのレッスンなのに、
「今日は、8時前に家を出ました」
と、にっこり言って下さる方もあって、ありがたいやら申し訳ないやら。

ご参加下さったのは、年少から1年生の、延べ7人の子供たちとお母さんでした。
では、取り上げた絵本をご紹介いたします。

実は、その回毎に、テーマがありました。
(参加された方、「え?何か共通テーマあったの?」と思われましたか?
脈絡もなく選んでると思ってたでしょう?違うんですよー)
ほとんどの子が持っているCTPや、誰もが知っている名作も取り混ぜてみました。


第1回目 「Bears Bears!」

●The Bear Went Over the Mountain (CTP Learn-to-Read シリーズ?)
The Bear Went Over the Mountain

 上と同じ歌です。カラフルな(なぜか?)お山を一生懸命攀じ登るコグマちゃん。そのお山の正体は…?親子のあったかさがどことなく伝わる絵本です。
●Polar Bears (100E)
  寝たり、遊んだり、泳いだり…シロクマの実写。
We Are Going On a Bear Hunt

 ドキドキハラハラのクマ狩りです。ミュージカルっぽく楽しんでみました。


第2回目 「美女と野獣?いえいえ、モンスターとシンデレラ」 なんのこっちゃ。

●Where Do Monsters Live? (CTP Learn-to-Read シリーズ?) 
  お茶碗をお箸でちゃかぽこ叩きながら読みます。
●There's a Monster in the Tree(CTP Learn-to-Read シリーズ?)
My Monster Mama Loves Me So.

この絵本、結構コワイのです。不気味っていうか、でもママは温かくて、ちょっとフシギ。
最後に聞きます。「このモンスターママと、あなたのママ、どっちが怖い?」
Kくん即答「ボクのママ」 早すぎっ。
● Cinderella Dressed in Yellow(CTP Learn-to-Read シリーズ?)
Cinderella

超豪華ポップアップ。ほっほっほっ。こいつにはもう、誰もが釘付けです。ガラスの靴がぴったりと足にはまる瞬間…思わず、みんな息を呑む! 読んでる私は、ああ、気持ちがいい!
文章量がかなり多いので、ほとんど私のアドリブでした。すいません。


第3回目 「The Bedtime Stories」

● I Can't Sleep(CTP Learn-to-Read シリーズ?)
なんだか眠れない・・・と思ったら、ベッドにこんなものが入ってた?!そらー眠れんわな。
Good Night, Gorilla

いわずと知れた名作。警備員さん夫婦のゴリラくんに対するふかーい愛情は、寝室に飾ってある写真から分かるんですよー。探してみてね。
10 Minutes till Bedtime

これは、先のGood Night, Gorillaと同じ作者です。で、Good Night, Gorillaの登場人物がこの絵本に特別出演してるんですね~。さあ、探しましょう。
これは、読めば読むほどはまる本です。就寝10分前にやってきた大量のハムスター。来るわ来るわ、一体何処から湧き出たのか、なんでこんなことになっちまったのか…。
llama llama red pajama

私事なんですが、このラマ坊や、パピーにそっくりなんです。
「おやすみ」とベッドにいれて灯を消しても、5分後には小さな声で「・・・まーまーーーーー・・・・・」私を呼びつけます。なんだかんだ(背中を掻いてくれ、とか、明日の朝ごはんは何か、とか)理由をつけて。


第4回目 「The Colorful World」

● I See Colors(CTP Learn-to-Read シリーズ ?)
 とりあえずの導入、なのですが、バナナが緑色の範疇に入っているところは興味深い。今カラーコーディネートの勉強をしているので、私はそういう観点から、この絵本を眺めたりします。
Color Surprises!

 これも、うふふ♪なポップアップ絵本です。その、見事な色の鮮やかさに、海の向こうの文化を感じます。
Hooray for Fish!

 メイシーで有名なルーシーカズンズさんの絵本。
 ちょっぴりヒネた子が見ると「ありえねー!」と言いそうな、いろんな魚が愉快です。
Way Down Deep in the Deep Blue Sea

 これは、リズムの良さに惹かれます。(ん、ぱっ、ん、ぱっのリズム、マサミさんに教えてもらいました)男の子が海の中を冒険していき、いろんな海の生き物に出会います。最後のオチのページで、ちょっと大きなヒネタ子は
 「なんや。しょーもな。」
っていうんですね。でも、それは「やられた!」っていう気持ちの裏返しなのです(笑)。
Dawn

 邦題「よあけ」
 夜が明けるときの湖の水の色、空の色。こんな風に変わっていくのかしら? 絵から静けさが感じられるなんて、本当に不思議だなと思います。
 私はいつも、ドビュッシーの「月の光」をBGMに、声を潜めて読みます。朝日が昇り始めたページから「『ペールギュント』より朝」に曲が変わっていくんです…。ふふふ(まったく小賢しい私。)

その他、手遊び歌では、
●Shut them. Open
●Peanut Butter and Jelly
●Who Took the Cookies from the Cookie Jar?
などを歌い、
レッスンの終盤には、ママのお膝に座って
ヘンリーおじさんの I Love You, Mommy
などを一緒に歌いました。

雑感など、次の記事に続きます。
AUTHOR: 由里子 EMAIL: oakenglish@hotmail.co.jp URL: http://www.geocities.jp/kashiwagienglish/ IP: 219.118.137.122 DATE: 09/22/2008 07:36:58 ★yukariさん 夏休み講座、ご参加をありがとうございました。 お教室に始めてお問い合わせを戴いたのが、2年以上前。その頃はベビークラスも用意していなかったし、お住まいがとても遠くていらっしゃったので、「ごめんなさい。お教室に通っていただくのは無理ですね」で終っていましたね。 月日が流れ、息子さんは、もうベビーでもトドラーでもなく、立派な幼稚園児(?)。 今になって、あらためて御連絡を頂き、ついにお会いすることが出来たというのは、 きっとご縁があったからなのですね。 yukariさんは芯の通った、ステキなお母さんでした。すぐにぶれたり揺れたりする私も、「そうありたい」といろんなところで思わされました。見習いたいです。 かわいい息子さんも、とても楽しかったですー。(パピーが喜んでいました) また是非、遊びにいらして下さいね!
スポンサーサイト

category: なつやすみ限定 英語絵本教室

tb: --   cm: 1

△top

コメント

 

第3回、4回と2回のみ参加させていただきましたがとても楽しかったです。
紹介していただいた本をいままた思い出しながらブログ読ませていただきました。
やっぱり絵本っていいですね。

kaoru #79D/WHSg | URL | 2008/09/18 13:16 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。