子供と英語絵本のある暮らし

英語絵本がいっぱいの子供英語教室 Kashiwagi English Roomから~

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

夏休み英語絵本講座2008 思い 

 

今年の夏休み英語絵本講座を通して、思ったこと、感じたこと、学んだこと、
をつらつら書いてみます。

この講座は、オールイングリッシュにはあえてしませんでした。
たった4回のレッスンで私に出来ることは何か?英語を教えることではありません。
「おうちでお母さんと絵本を広げることの楽しさ」
を知って欲しかった。だから
「今日先生が読んでくれたあの本、ママ、読んで」
と言ってくれれば、大成功!だったのです。
普段日本語で話をしているお母さんが、「英語の絵本の時間だから」と、急に英語で話し掛け始めたら子供だって警戒してしまう。勿論英語で話しかけるにこしたことはないのだけど、日本語を通してだって、英語の絵本を楽しむことは出来るのです。なので、私も日本語を混ぜて話し掛けました。

「家庭で、先生みたいに、盛り上げて読むのは難しいのですが…。」
と言われました。
ダイジョブ。
私だって普段パピーと絵本を読むときは、レッスンみたいに体張って、歌って、踊って、盛り上げて絵本を読んでいるわけではありません(笑)。そりゃそーですよぉっ!
もー、眠くって眠くって呂律が回らなくなって、パピーに励まされながら読んでいる。
そんな寝惚けた声も、子供の心にちゃんと届くと思う。
心に言葉を届ける。
そのために、ヘンな工夫も盛り上げも要りませんから(^^)

何より嬉しいのは「レッスン楽しかった。次が楽しみです」と言って戴ける事。
でも、これって私の力量を物語っているのではなく。
そこで聞いてくれる子供達と、
深い理解を示してくださるお母さん方のお陰なのです。
もしここに集まっているのが
絵本にまったく興味のない子供達と、
「そんなんで英語力つくの?」なんて疑って(?)おられるお母さん方で、
あんなレッスンをやってしまったら、
…寒いだけです。(笑)
レッスンって、そこにいる皆で作り上げていくものだと感じました。
私の主旨を理解して集って下さった皆さんに、あらためて心からの感謝を申し上げます。

雑感 1

年長さんの元気なKくんには、ふたつ下の弟がいます。
いつも忙しいママの愛情を、2人で分け合わなければいけません。
でも、今回参加してくれたのはお兄ちゃんだけ。そして、弟くんにはこの講座のこと、「ママとKくんのヒミツ♪」にしました。
「この講座に毎週来るのは、Kと2人だけのデートなの。」
私のレッスンがデートだなんて、こんな嬉しいことあるかしら?

雑感 2

年中さんの彼がとても大事そうに抱えていたのが、この本でした。
A Tree Is Nice

一本の樹が、どれほどの恩恵をもたらしてくれるか…をゆったりと語る、とても優しい絵本です。
ただ内容はかなり意味深いので、年中の彼には難しくないのかなあ?とちょっと思ったのです。そしたらこんなお話をして下さいました。
「あなたの名前は『こんな樹であってほしい』と願ってつけたのよ」
とお母さんが話し、心を込めて読んであげたのですって。それからずっと大好きで、繰り返し読んでいるそうです。
彼の名前は「壮樹」くん。壮大な樹木。
壮樹くんは大きくなっても、この絵本を広げる度に、その名前を授けてくれたお父さんとお母さんの深い愛情と自分の原点を思い出すことでしょう。
壮樹くんのように、「自分にとって特別な一冊」、どの子にもあるといいな、と思いました。

雑感 3

レッスンの後1時間は子供たち、おやつとオモチャ遊び。
持っている限りのパピーのおもちゃを出します。
が、遠方からのレッスンにお越しいただいたときの定番です。
元はお母さん達にのんびりゆっくりお茶とお喋りをして頂くための時間だったのだけど、
この時間、子供たちにとって、意外に大切なような気がしてきました。
子供たち、最初はみんな知らない子同士です。でも気付くと、皆で協力し合いながら、ドミノを並べたり、ブリオ(木製レールと電車)で線路を組み立てたり、駐車場にトミカを並べて、町を作ったり。
帰る頃には手を繋ぐほど仲良くなっていることもあるけど、喧嘩をして、泣き出すこともある。
ホント子供って一生懸命遊ぶんだなあ、と子供たちの横顔を見て、あらためて気がつきました。
遊べ、遊べ♪

やらせて頂いた私が、一番楽しんでいたかもしれません。
1ヶ月、ありがとうございました。
この講座は一旦、解散、ですが、また遠くない日に皆さんにお会いできますように…。
絵本選びのご相談なら、いつでも御連絡くださいね!
AUTHOR: 由里子 EMAIL: oakenglish@hotmail.co.jp URL: http://www.geocities.jp/kashiwagienglish/ IP: 219.118.137.122 DATE: 09/19/2008 09:05:39 ★petitさん、本当にご無沙汰しています! > 親子で絵本を楽しんでもらいたい。そういう思いが伝わってきます。 ありがとうございます。 これほど嬉しい言葉はありません。 教え込むより、「インプット~」を必死でするより、 ただ、当たり前のように絵本を読んであげて、ゆったりと英語を注ぐほうが、 子供たち、どれほど豊かな言葉を吸収できるだろう。 その思いは、通常レッスンでも、短期レッスンでも、月1レッスンでも変わらないはずなのです。 petitさんにも、良い助言を頂いている、と思います。感謝しています。 > レッスンで奮闘している姿 ? 普通ですよぉっ(笑)
スポンサーサイト

category: なつやすみ限定 英語絵本教室

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。