子供と英語絵本のある暮らし

英語絵本がいっぱいの子供英語教室 Kashiwagi English Roomから~

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

インフルエンザに効く薬 

 

どっひゃー。
インフルエンザ、我が家にもやってきました。

先週のこと。体調が悪そうだと学校から電話があり、下校時間、パピーを迎えに行きました。
まだ微熱だったし、インフルエンザはクラスでは誰も罹っていなかったし、まさか第一号には、と(勝手に)思っていました。翌日病院へ。
パピーが小さい頃からお世話になっている小児科の先生は、女医さんです。
元気で、爽やかで、朗らかで、しっかりしていて、早口で、若々しい先生です。
先生も「ま、念のため」ぐらいで、インフルエンザの検査をされました。鼻の中に15?ほどのこよりみたいなのを突っ込むのですから、6歳のパピーも、それはそれはもう大騒ぎ。
結果はあっと言う間に出ました。
「あっらー、パピーくん!すごく分かりやすい結果が出てるわ~!」
先生、テンション高い。そして早口の説明が始まります。

「さて。
インフルエンザ治療薬にはタミフルとリレンザがありますが、どちらにいたしましょう?」
後者は私、初めて聞きました。
「タミフルは普通に飲む薬で、とっても苦いです。」
ああー、苦い薬を飲むときはいつもバトルなんだよなあ。既に鬱々・・・。
「リレンザは吸入する粉薬です。思いっきり吸い込んで、肺まで入れてもらわないといけません。
小さい子には難しいかもしれませんね。
効果は一緒ですから、間違いなく服用できる方を選んでください。」

「れり、れり・・・・は、どんなお味ですか?」
「もし味わっちゃったとしたら、ほんのり甘いです」
「じゃあ、是非そちらで・・・」
「でも、肺に直接入れるべきものですから、味がしたとすれば、失敗ってことです。
味わってる場合じゃねーだろー!おめー!って感じですね。」

・・・勢いに押されて、
「リレリレ、お願いします」

そして始まる隠遁生活。
でも高熱でぶっ倒れていたのは、一日で済みました。

翌日、夫が「ぞくぞくするのは気のせいだろうか」と言って、帰宅しました。
「パピーがインフルエンザに罹っちゃったから、なんとなくそんな気がするのよ」
と、根拠もなく笑い飛ばしました。
ところがその翌日、本人が「きっと・・・これは・・・」と言うので、
「ああ、インフルエンザかどうかは、鼻に『こより』を突っ込んで調べるからね」
「・・・い、痛そうだな・・・。もう、インフルエンザでいいですって感じだな・・・」
「ごちゃごちゃ言ってないで、病院行ってきて」

診てもらったのは、先ほどの女医さんのご主人である内科の先生。
こちらは、まったりゆっくりそれはそれは穏やかで丁寧な先生です。
夫も、見事A型の烙印を押されました。

インフルエンザ治療薬、やはり彼も選択を迫られたそうで、
「息子がやっているのを見て、やり方はよく知っているので」
という理由で、リレンザを選びました。そういうもんだろうか。
夫も、隠遁生活が始まりました。

薬の効果はテキメンで、2人とも、社会復帰の時は近い様子。
(パピーは既に病院からOKをもらっていますので、今日レッスンに来て、パピーに会ってしまった方、ご安心下さい。)

とりあえず良かった。

パピーのクラスでも少しずつ流行りだしたらしく…第一号としてはちょいと肩身が狭いです。
うつした子がいたら、ごめんなさい。
AUTHOR: 由里子 EMAIL: oakenglish@hotmail.co.jp URL: http://www.geocities.jp/kashiwagienglish/ IP: 219.118.137.122 DATE: 02/13/2009 01:34:35 ★ODAさん、こんにちは。 医療関係にとても詳しくていらっしゃるのですねー。 情報には疎い私、フンフンと読ませて頂きました。 実家の母も、テレビで「正しいうがいの方法」を観たからあなたの家族も実践しなさい。と、テレビを観たはなから、電話をしてきました。 (がらがらうがいの前に、ぶくぶくうがいを必ずすること、だそう) 「はーい」と返事をした翌日、パピーの発症が分かりました。 母の情報が正しいかどうか、来年度試してみるつもりです。 喉が弱いと言っている夫。彼の呼吸法までは、夫婦といえど知りませんが、 彼はココ半年ほど自転車に凝ってて、 心肺機能も高まってるだろう、と勝手に思ってたんです。 関係ないか。 ジェフくんは、アメリカでちゃんと予防接種を受けてきてました。 で、偶々この5日間大学が休みで、 友達と大阪旅行に出てたんです。 そーそー。その大阪旅行の話がすごく面白かったので、機会があれば記事にしますね。
スポンサーサイト

category: 息子のこと(iroiro)

tb: --   cm: 6

△top

コメント

 

あれっ、そういえばジェフ君は大丈夫だったの?
ジェフ君やご家族はいつも予防接種って受けてるのかしらん?

ODA #79D/WHSg | URL | 2009/02/12 22:07 | edit

軽症で何よりでした。
(看病お疲れさまでした~。)
数年前NHKラジオで聞いた小児科医の話では、ノドでのウイルスの繁殖はうがいで洗浄できる範囲より奥になるそうで。うがいもいいですが、お茶を飲むことが有効とのことでした。
(うろ覚えですが)イ○ジン等の消毒液をやたら使うと却って粘膜が荒れたり善い菌までやっつけてしまうので、うがいをするなら水・お茶で。もしサッパリ感を得たいならほんの少し歯磨き粉をクチに含んでからうがいすればそれでよい、とのことでしたよ。
ノドが弱くなってる?とのことですが、クチ呼吸してませんか?
ヤバいな~って時は温めるといいので、マスクやネックウォーマはお薦めですよん。
毎度、英語に関係ないところに反応してスミマセン...。{汗}

ODA #79D/WHSg | URL | 2009/02/12 12:00 | edit

軽くすんで良かったですね!
私たち仕事をしているいと怖いのが
病気、それも伝染病ですよね。
うちのチビは嫌がりますが予防にマスクで
登校させています。
さすがに上の子はしてくれないです(><)
私も生徒さん達には申し訳ないですがマスクでレッスンしています。
チラホラと○ちゃんインフルで休んでたよぉ~と聞くんですョ。
学校からは解熱後2日間してから登校してくださいとお便りが出てましたが調べると菌はもう少し長く放出されるようで。
予防注射も毎年家族全員で。でもやっぱり
かかるんですよねぇ。
リレンザも流行後チェックしていました。
取扱が難しくなかったですか?
タミフルはうちの場合上の子には使えないからこの時期本当に恐怖です。
まだまだ勢いはあるようなので気をつけましょうね!

ちほ #79D/WHSg | URL | 2009/02/11 18:15 | edit

とうとうパピー君のところにも
インフルエンザ菌が飛んで行ったんですね。
うちのほうでは1月中旬がピークでした。
幸運なことに、学校で流行っていたのにも
かかわらずうちの子達は難なく乗り越えて
きました。
予防接種2回 打ってました。
わたしも一緒に。
3年ぐらい前から毎年こどもと予防接種
打つようになりました。
でも早く回復されてよかったですね。
明日は久しぶりに絵本フィエスタにいけると思っていたんですが、
先週末に出産した妹が退院してるので準備などで家で待機ということになり、
欠席になっちゃいました。
残念ですがまた次回楽しみにしています。

kaoru #79D/WHSg | URL | 2009/02/11 09:00 | edit

★マサミさん、きゃー夜遅くまで、大丈夫ですかあ?
ご心配下さってありがとう。
ご紹介戴いたサイト、早速読んでみました。
そうか・・・
全てを鵜呑みにするわけではないけれど、
打ってなかった予防接種、
「ちゃんと打っとかないから!」
と、みんなに責められるだろうと思ってました。
ふーむ、予防接種にも賛否両論あるわけね…。
そう言えば「お茶でうがい」は、昔から母に聞いていたな。
(てきとーでした・・・)
これからは励行します。
夫は、年齢を追う毎に、喉が弱くなってるような気がする、と言ってます。
そういうもんなんだろうか?

由里子 #79D/WHSg | URL | 2009/02/11 03:53 | edit

由里子さんへ
あらあら、大変ですね。
お大事に
ウイルスはノドで繁殖するので、とにかく殺菌することが大事で、病気を発症した後でもうがい薬か緑茶でうがいをするのが一番だそうです。
信じるか信じないかは別にして、
こんなのがあります。
参考までに。
http://www.tanuki.gr.jp/mt/yobou/100/100.html
http://www.tanuki.gr.jp/back/mt/mtyobou33.html
では
お大事に!
マサミ

マサミ #79D/WHSg | URL | 2009/02/11 02:34 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。