子供と英語絵本のある暮らし

英語絵本がいっぱいの子供英語教室 Kashiwagi English Roomから~

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

キレちゃった夜のお話 

 

やっちまった…
という感じでした。懺悔します。

日曜の夜、明日は学校。早く寝せなきゃ。パピーをベッドに連れて行きます。
それまでもリビングでも散々パパに本を読んでもらっていたけど(今迄で一番長いお話「大きい一年生と小さな二年生」を読み終えたところでした。すごく気に入ってましたよ。私にとっても、すごく懐かしいお話。)、最後の締めにベッドの中で私も一冊読んであげようと、手にはお馴染みの”Blueberries for Sal”を持っていました。なんとなく、モノトーンの絵本の方が落ち着く気がしたのでした。
ところがなぜかハイな気分になっているパピーは、Five Little Monkeysよろしく、No, David!よろしく、ベッドの上できゃいきゃいはしゃいでいる。

ぷちん!と切れてしまいました。
もーっ! そんなにふざけるなら読んであげないっ!
――言ってはいけないことを言ってしまった。

その日はパピーにイライラすることがたくさんありました。
ジェフくんがいると、まとわりついてやたら弾けるパピー。ジェフくんがかわいいと思ってくれているうちはいいですが、うっとおしくなってきては困ります。ジェフが我慢してはかわいそうなので、親の方が気を遣って、先に先に注意をしなくてはなりません。
かと思うと夫と私、ジェフの大人3人で話が盛り上がってくると、邪魔に入る。
静かにしていなくてはいけない公共の場で、私と夫がジェフに気を取られていると、パピーは傍で余計なことをたくさんやらかします。パパに叱られて逆ギレ。

―パピーくん、ちょっといい気になってやしません?

そんな感じで、イライラが募っていた夜でした。

私は、堰を切ったようにパピーに当たり散らし始めました。
パピーは全然、人の迷惑考えてないよ!
今ベッドでジャンプなんかしたら本が読めないの、分かるでしょ!
騒いだらみんなが煩がるの、分からない?
何だって考えれば、わかることだよ!ジェフが迷惑がっていることも、パピーは気づかないじゃん!
パパに叱られたときだって、全然パパの言っていること考えてなかったでしょ!
明日学校なんだから、早く寝なきゃいけない理由だって分かるでしょ!考えれば!
とにかくフザケ過ぎ!調子に乗ってる!

パピーにしてみれば、数時間前、半日以上前のことを怒られているのです。
しかも、ワタシの悪い癖で、話がぼんぼん飛んでいく。
(書きながら振り返って、自分がつくづく情けなくなります…)
でも、その時は止められなかったのです。

パピーは黙って冷たいお布団の中に入り、鼻まで毛布を引き上げました。うるうるした目が私を見ています。
私は、自分が落ち着かなきゃと思いました。そこで私もお布団に入り、パピーをぎゅうっとしました。
パピーは目に涙をいっぱい溜めて小さな声で「まま、ごめんなしゃい…」。(何を謝っているのかも、分かっていないでしょうね)

――でも私は「怒っちゃってごめんね」なんて今更言っても、取り返しのつかないような気がして、しばらく何も言えませんでした。

そして消え入りそうな小さな声で、私はお話を始めました。
Once upon a time, there was a boy named Puppy…
パピーの目がきらっとしました。
Puppy was a wild boy. He was so silly, sometimes stupid and funny.
パピー、ふふふっと笑います。そして
And he was always…
ここで、言葉を止めました。Curious Georgeの好きな彼、多分”Curious!”と言うだろうと予測したのですが、パピーは、
“sing a song!”
と叫んだのです。そういえば、一人で遊んだり、お風呂に入っていたり、着替えをしたり、お支度したり…そんな時ず~ぅっっと鼻歌を歌っているパピー。今度は私がくすっと笑ってしまいました。
Yes, he was so lovely. He was lovelier than any other boys.
That’s why his mom loved him very much. His dad did, too. So did Jeff, his brother. Everybody loved him a lot. So, Puppy, the little boy lived happily ever after. The end.
(そう、彼はとてもかわいい子でした。誰よりもかわいい子でした。だから彼のママは彼のことが大好きでした。パパも同じぐらい好きでした。おにいちゃんのジェフも同じでした。誰もが彼のことを好きになりました。
それで、パピーという名前の男の子はいつまでも幸せに暮らしましたとさ。おしまい)

この私の、他愛も無いお話が、パピーの心の傷を癒せたかどうか分かりません。
でも、ふう~っとため息をつき、にっこりとして、そうっと目を閉じた時、ああ、また彼に救われたなあと思ったのです。
AUTHOR: 由里子 EMAIL: URL: IP: 219.118.137.122 DATE: 02/27/2009 08:33:23 ★yukariさん、こんにちは。 メッセージありがとうございます。 私も昨日、yukariさんを思い出していて、 (その理由、明日わかりまーす)、 気持ちが通じたみたいで、なんだか嬉しかったです。 >古田足日さんの「ダンプえんちょうやっつけろ」 うんうん! これも楽しいですよね! うちの息子がこのお話をすごーく気に入った理由、 yukariさんにはお分かりいただけると思います。 {笑顔}
スポンサーサイト

category: 息子のこと(iroiro)

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。