子供と英語絵本のある暮らし

英語絵本がいっぱいの子供英語教室 Kashiwagi English Roomから~

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

子どもの中の、その子の時計 

 

もうすぐ7歳だというある日、パピーが
「ハガヘン。」
と言って、口をぱかっと開いて見せました。ハガヘン?

本人、口の中をベロで触って気になったらしい。
ああ、「歯が変」ね。
前歯の裏側に、小さい小さい白い点が見える。
これは、いや、これも歯?
なかなか乳歯が抜けないなあ、と思っていたら、ついに抜ける前に永久歯が生えてきてしまった?!
びっくりしました。
乳歯と永久歯が並んで生えているなんて、絶対おかしいよ!
とっとと乳歯を抜いてしまわなきゃ!
歯並びは良いにこしたことは無い。
ひやーっ、抜くのかあ…かわいそうだなぁ…
いろんなことを考えながら、慌てて歯医者の予約を入れました。

パピー、虫歯は無いのですが、2年前の事故の後から、お世話になっている歯医者さんがいます。
それ以降、家族3人でお世話になっています。

うぎゃうぎゃうぎゃと落ち着き無く説明する私に、先生は
「まあ、レントゲン撮りましょう。焦らないで。」
とにっこり笑いました。

口全体のレントゲン撮影。
現像が出来るまで3分。
「そういえば、こないだの日曜モスバーガーに行かれたでしょう?」
「はあ?」
「いやいや、僕がドライブスルーのところにいたら、お宅のご主人の車が見えて、車から、ご主人と奥さんとパピーくんが降りてくるのが見えて…」
まあ、先生、そんなネタを持っていらしたのですか。

そんなこんなでレントゲン写真が出来てきました。

うわーっ、
見事に永久歯が乳歯の下に待ち構えているのが見えるではありませんか。
へえ…なんだかフシギ。
「では、数を一緒に数えましょう。」
そう言って、先生はゆっくり、ひとつずつ写真の歯を指しながら、数えてくれました。
上の中心から右へ、ひとつ、ふたつ…左へひとつ、ふたつ…。
下の段も、右へひとつ、ふたつ…。
28本きちんと揃っていました。
ほっ。

そして、なぜだか抜けようとしない頑固な乳歯を持つ子もいるらしいのですが、
パピーの場合は、ぼちぼち抜ける準備が始まっている。
それもレントゲンで確認できますよ、
と言われました。
(事故で打った歯だけが、要注意だそうですが)

つまり、もう少し待てば、何も問題なく生え変わっていくそうなのです。
私の早とちりだったようです。

先生が言われました。

「パピーくんの中には、パピーくんだけの成長の時計があって、
それが抜けて然るべき時、生えて然るべき時を教えてくれますよ。
『普通は5歳』だとか『6歳』だとか、そんなのは関係ない」
と。



そうなんだ、パピーだけが持つ時計。
その子、その子の持つペースがある。
それは、歯だけではない。すべてのことについて、そうなんだ。

子どもの成長について、簡単に「個人差がありますから」と言われることがあります。
言葉の綾なのかもしれないけど、結局「平均より早い・遅い」(でも気にしないで、と続くのですが)を前提にしている言葉です。
で、やっぱり「遅い」と不安になってしまうのが親心。

でもこの日、歯医者の先生は、基準はあくまで各々の子どもの中にあることを教えてくれました。
いつ出来るようになるか、その時計はその子の中にある。
その時計を無理矢理進めたりすることは出来ないんだ、しちゃいけないんだ…
と、私は感じたのです。

パピーには「平均的1年生にしては出来ない」と思うこと、たくさんあります。
足し算や引き算、今もまだ、指を折って、目で数を確認しなければ出来ません。
でも、歯医者の先生が私たちに、レントゲンに見えた歯をゆっくり数えて見せてくれたように。
それで、私たちがとても安心できたように。
パピーの中の時計も、まだゆっくり数えて安心を求めている時期を指しているのでしょう。
「春休みのうちに、指を使わずに計算できるように」
とのお達しが学校からありましたが、それは無視することに決めました。

帰り道にパピーが、
「なんだか、この歯ぐらぐらしているような気がする。」
と言って、前歯を触っていました。
あーっ、
それ、昨日言って欲しかったなぁ!

…でもまあ、先生から良いことを聞けたから、今日は歯医者さんに来て良かったのかな。

この日、パピーは7歳になりました。
スポンサーサイト

category: 息子のこと(iroiro)

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。