子供と英語絵本のある暮らし

英語絵本がいっぱいの子供英語教室 Kashiwagi English Roomから~

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

アウトプットがなくても 

 

息子はとても英語のアウトプットが少ない。
でも、それが彼の中に溜め込んでいる英語の量とは比例しないんではないかと思っている。
親ばかだろうか?

昨日、クルマで黙々と一人遊びをしていた。
その日は私の気まぐれで、キャロリン・グレアムのChildren's Jazz Chants Old and NewというCDがかかっていた。
歌詞の絵本も持っていないし、歌詞をしっかり教えたことも無いCD。今まで数えるほどしか聞いていない。

寝転がってクルマを動かしながら、一人ぼそっとつぶやいた。
「ぼく、ひじついてないもん。」
ひじ? 肘??? elbowのひじ?

そして私はBGMに気がついた。キャロリンの"The Elbows Song"だ。

♪Take your elbows
♪Off the table
♪If you're hungry
♪Ask for more

「お行儀」の歌だった。 Take your elbows off the tableという文の意味を理解していたのだ。
食事時、「肘はテーブルについちゃだめー」と時々叱られる。
そこまで連想して、いきなり言い訳が口に出たのだろうか。

「英語に対する反応」が垣間見られたようで、
ちょっと嬉しかった母でした。

スポンサーサイト

category: 息子のこと(英語編)

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。