子供と英語絵本のある暮らし

英語絵本がいっぱいの子供英語教室 Kashiwagi English Roomから~

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

さよなら。 

 

更新できないと言ったのですが、今の気持ちを書きとめておきたくて。
書かせて下さい。

5ヶ月足らずの留学期間を終えて、ジェフくんは5月24日の早朝、アメリカへと帰っていきました。

来日したジェフをセントレア空港に迎えにいった、1月のあの日。
家路に向かう車の中、私達夫婦とジェフは久しぶりの再会に興奮していました。
勿論パピーも、なのですが、へんなことを言います。
「ジェフ、いつアメリカに帰っちゃうの? いつ?」
パピー、ジェフはたった今日本に着いたところだよ。
今、そんな心配してどうするの。まだまだ先のことだよ。

―でも、「まだまだ先」だったその日はあっというまにやって来たのでした。

ジェフの帰国1週間前。日曜日の夕方。
雨上がりの公園で、パピーはパパとジェフと3人でいつものように、サッカーをして遊びました。遊んでもらいました。
賑やかな夕食が終った頃、パピーが突然!
うわーんと泣き出した!

「ジェフ、帰っちゃやだー!!!」

です。涙ぼろぼろ、ひっくひっく。

たまらんなぁ…

それから1週間、パピーは時間の許す限りジェフにべったりでした。
毎晩の絵本読みも、ジェフがやってくれました。
どんなに眠くて、朦朧としながらも、ジェフの言葉に耳を傾け…目をつぶるとジェフがどこかへ行ってしまうかのように思っていたのでしょうか。でも、やがては眠ってしまいます。

そして思い出したように、時々しくしく。

そんな毎日。

夫と私は、
この調子じゃ、出発のとき、どんな風に泣くのだろう
とかなり心配をしました。

最後の夜は、ジェフのリクエストにより、すき焼き。
「ジェフ君、ありがとう」の文字をいれたケーキが、ささやかなお餞別。

朝6時半過ぎには空港に着かなくてはいけないので、いつもより早起き。
そして、ジェフに最後のサプライズを用意してあったのです。

航空会社のカウンターでチェックインを済ませたジェフの目に映った……

懐かしい人々の笑顔。

こんな早朝に空港で、です。
実は、無茶を承知で、ジェフに縁のあった人々に、
「もし良かったらお見送りにいらっしゃいませんか?」
と声を掛けていました。
そしてなんと、14人の人々が駆けつけて下さったのでした。
本当になんとお礼を言って良いやら…。いつもいつも私の心の支えになってくれる人達。
私の背を越してしまった、Yくんがいつものようにジェフにじゃれつきます。ジェフも応戦。
なんだか、それだけで涙がこぼれそうになりました。

いよいよお別れの時間。
パピーは泣きませんでした。なぜかはわかりません。
代わりに、ぼろぼろ泣いたのは夫とジェフでした。
私は言うまでもありません。

飛行機の離陸を見に、デッキに出ました。
あれだよ、あの飛行機。
ジェフ、こっち見えてるかな。手、振ってみようか。(見えてないでしょう)
その飛行機がまさに離陸し、空の彼方へと小さくなっていったとき、
パピーは、最後の涙をぽろん。とこぼしました。

本当言うと…。

ホストファミリーをするのは、すごくしんどいときもあったのです。
だって、小さな家の中ですもの。
家事をすべて投げ出したくなって、泣き出したこともあって。
私はホストファミリーの器じゃないわ。主婦さえも失格かもしれない。なんて。
でも、夫が支えてくれました。
ホストファミリーをやりたい、と言い出したのは私。
夫の方がたくさん我慢をしてくれたと思います。
本当にありがとう。

小さな家の3人暮らしが、また戻ってきました。
ジェフがいなかった頃、私達はどうやって過ごしていたんだろう?とさえ思えました。
ダイニングテーブルの、この椅子に座る人はもういない。

でもまた、会えるよね。
私達もきっと、アメリカに会いに行きます。
それまで元気でね。
AUTHOR: 由里子 EMAIL: oakenglish@hotmail.co.jp URL: http://www.geocities.jp/kashiwagienglish/ IP: 219.118.137.122 DATE: 06/01/2009 13:23:22 ★kaoruさん、いつもコメントをありがとうございます。 お返事遅くなってごめんなさいね。 目は、少しずつですが、使えるようになってきました。 私、kaoruさんのコメントにいただくまで、 パピーが泣かなかったことを 「?」と思いはしても、「えらかった」なんて思いもしなかったのです。 > 少し大人になったんだな パピー君 そうかー。 一生懸命頑張っていたのですね。 kaoruさんに言われて気付くなんて。(またまた情けなや…) ありがとう。 確かに、kaoruさんが仰るように、 あれ以来、少しですが、お兄ちゃんになったところを見せてくれています。 頑張ってます(^^) サプライズ…思いついたのは主人なのです。 「由里子の生徒さんたちで、ジェフにお別れを言いに来てくれる人いないか?」 と。普段は洒落たこと{バラ}や気の利いたこと{ハート矢}思いつくような人ではないので、それを聞いた時びっくりでした。 あはは{笑顔}
スポンサーサイト

category: ホストファミリーになる

tb: --   cm: 3

△top

コメント

 

由里子先生
目の具合はいかがでしょうか?
ジェフ君、帰国したんですね。パピー君の涙はもちろんのこと、ご主人とジェフ君の涙がステキです。じ~んときました。
ホストマザーとしての由里子先生のご苦労も分かります。私も全ての家事を放棄したいときが何度もありましたもの。でも・・・よく乗り切りましたね、由里子先生。そして由里子先生がおっしゃるとおり、ご主人の支えがあればこそ、だったと思います。
そして、早朝にも関わらず、皆さんのお見送り。これだけの方に来ていただいたということだけでも、由里子先生はホストマザーとしての日々は大成功!と言えるのではないでしょうか・・・。少なくとも、私はそう思います。
今度ジェフ君に再会するときには、パピー君ももっともっと成長しているでしょうね。別れはつらかったけど、また会える日が来る・・・楽しみですね。
返信不要ですよ。お大事に・・・。

JUNKO #79D/WHSg | URL | 2009/05/28 09:41 | edit

★いづこさん、
心温まるお言葉をありがとうございます。
こうして、温かく見守ってくださる方のいる幸せをしみじみ感じます。
パピーには、いつも頭を悩ませられている、と思っている私。
この1週間のことも、「まったく甘えんぼだなあ」ぐらいしか思っていませんでした。
> パピーくんは、ほんとに気持ちのゆたかな子
と言って戴いて、はっと、我が子の心の中を垣間見るような気分です。
第三者に気付かされるなんて、情けない親です。
と同時に、そんな言葉を掛けて下さるいづこさんをお友達に持てたことを、心から感謝します。

由里子 #79D/WHSg | URL | 2009/05/28 08:47 | edit

いづこです。
パピーくんは、ほんとに気持ちのゆたかな子ですね。
それにすてきなご家族にすてきなまわりのひとたち。
長めの絵本を読んでいるかのような記事をありがとうございました。
お返事お気遣いなく。
目をどうぞお大事に。

いづこ #79D/WHSg | URL | 2009/05/28 00:49 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。