子供と英語絵本のある暮らし

英語絵本がいっぱいの子供英語教室 Kashiwagi English Roomから~

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

嬉しい気持ちを何語で伝える? 

 

誰にでもある、一年に一度のお誕生日。
それは嬉しいものです。

レッスン日にたまたまお誕生日だったNちゃん、私のところに来て、でもなんだか照れくさそうにモジモジしてました。
私は誕生日とは知らなかったので「どうしたの?」とニコニコしていたら、お母さんが
「今日、N子の誕生日なんです。それを先生に言うって、さっきまですごく張り切っていたのに、ここに来て照れちゃって…」
と笑っておられました。そこでまたまた照れちゃうNちゃんの、なんと可愛いこと~!

そうなんだ!良かったね~ もう6歳なんだね~!嬉しいね~!おめでとう~!
私も心底嬉しくなって、お誕生日用の特別シールをあげました。

ところでその日の幼稚園に、外国人の先生が英語のレッスンに来られたのだそうです。
N子ちゃんは、”Today is my birthday!”と英語で伝えました。
そしたら…みんな(恐らく先生達?)、英語で言うなんてすごーい!と感心したって…。
で、お母さんは困惑しておられました。そんなのたいした英語ではないのに…、と。
私は、お母さんの困惑するお気持ちが、至極まっとうだなと思いました。「うちの子、英語喋ったって皆にびっくりされたんです~」と自慢するお母さんとは違う方なのだな、と。
(誉められたら嫌な気持ちはしませんけどね。)
N子ちゃんは、その日お誕生日であることがとてもとても嬉しくって、すごくみんなに伝えたくって、
たまたま相手が外国人だったから、英語で言っただけ。
N子ちゃんが、本当に伝えたかった嬉しい気持ちを、「エーゴ喋った!」と騒ぐ先生達は受け取ってくれたのでしょうか?

私のレッスンのときに至っては、もう嬉しいやら照れくさいやら、英語も日本語もあったものじゃありません。でも、そんなのどうでもいいじゃない!今日は、Nちゃんのお誕生日なんだから!

伝えたい思いがまずありき。
伝える手段は、何語でも良いのです。英語の先生のお家だから英語を使った方がよい?そんなこと考えなくていいんだよ。相手(私)に気持ちが伝われば!

周囲は、「子どもが英語を喋った!」といちいち反応しないほうがむしろ良いのでは、と思います。

もし子どもが英語で何かを伝えてきたら、そのまますっと受け取って、反応してあげてください。日本語でも、まったく良いです。
反対に、こちらが英語で伝えたことを、子どもがすっと受け取って(日本語であれ)反応したら、そのことを「素晴らしい!」と思いながらも胸に秘めておいて下さい。
お互い、大切な思いを投げ掛け、しっかり受け止める
ただそれだけのことだと思うのです。

うーんと、私の伝えたいこと、伝わるかなあ。
(最近特に、文章に自信のない私でした…)
AUTHOR: 由里子 EMAIL: oakenglish@hotmail.co.jp URL: http://www.geocities.jp/kashiwagienglish/ IP: 219.118.137.122 DATE: 06/30/2009 12:12:06 ★マサミちゃんへ コメントをどうもありがとう~。 ペンギンの本、気にいってもらえて嬉しいです。今度、第2弾持っていくからね。(もういいって?あはは。) 私は、Kちゃんがあの本を喜んでくれたこともすごく嬉しかったです。Kちゃんが、 「これ、重いんだか軽いんだかわかんないよ」 と言ったので、 「このペンギン?結構太ってるし、重いんじゃない?」 と答えたのですが、Kちゃんは「話の重み」(深さ)のことを言ってたのですね。 しつれーしました。 以前こんな記事を書いたときにも、 見た目が外国人であること=えーごぺらぺーらは違うんだ (逆に、見た目が日本人のマサミちゃん達が英語を話して、子ども達に魔女扱いされた話は、大笑いだったねー) と言いたかったし、ぺらぺーらであることより、伝えることの中身を持っていることを大切に考えたいと思った。 そのときと今回、伝えたいことは変わりません。 ハーフちゃん達だって、周囲とコミュニケーションをとるために必要な言語をとるでしょう。 そんな当たり前のことが、肌の色でこんがらがってしまう。バイリンガル育成より、大人が知らなくてはいけないことはもっとあるだろう、と思います。 >この前知り合いの子どもが中華料理店でママに「ありがとう」って中国語でなんていうの? と聞いて「謝謝だよ」と教えたら、一所懸命「しぇいしぇい」と言ったそうです。 へえ~。おいしかったって伝えたかったんですね。そのお料理屋さんが、中国人だったかどうかは分からないけど、その気持ちが嬉しかったことでしょうね。
スポンサーサイト

category: 英語講師として思うこと

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。