子供と英語絵本のある暮らし

英語絵本がいっぱいの子供英語教室 Kashiwagi English Roomから~

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

パピーの算数のお話 

 

● その1

先日、算数のテストで、出来なかった問題がありました。
時計の問題です。

時計は7時45分を指しています。
(パピーの名誉のために言っておくと、時計は人並みに読みます。
「6時までに帰ってきなさいね」
というと、時計を見て、
「4時20分か。じゃあ、あと1時間40分遊べるね」
と答えます。)
問題は 「このとけいの1時間ごは、いつですか?」でした。

答えは白紙でした。

「なんでわからないの?どこがわからないの?」と責めてしまう私。
パピーは首を傾げるばかり。
すったもんだの問答の末、「いちじかんご」の「ご」の意味がわからなったのだということが分かりました。「ええっ? 『後』の意味、知らないの?!うそ~!」
パピーは、うわーんと泣き出しました。恐ろしい私に追及されて、辛かったのでしょう。かわいそうなことをしました。
「問題をちゃんと読んだらわかるよ!しっかり読みなさい!」
と喉まで出掛かっていましたが、ぐっと飲み込みました。
「ちゃんと読めば分かるに決まってる。わからないのは、いい加減に読んでいるから」というのは大人の思い込み。
「(1じかん)ご」…そんな小さなところで、子どもって躓くものなんだ…。
(我が子だけ?)
読書量が多い子は、文章題が得意、なんて簡単にはいきません。少なくとも7歳の時点では。

● その2


表とグラフのテスト。
1つ目の問題で、挿絵にあるたくさんの動物を、それぞれの数のグラフにします。

問題 2 「このグラフからどんなことがわかりますか?」
答えは何でも良いのですが、
模範解答は「うさぎが一ばんおおい。」とか「さるがいちばんすくない。」等、いろいろあったはずです。

パピーの答えを見て、びっくりです。

「たいしたことはわからない。」

学校で、数をグラフ化する意味を散々習ったはずです。
なんでこんな答えを!授業聞いてた?
―と喉まで出掛かって、また飲み込みました。

そっかー。
うさぎの数も、さるの数も、犬の数も、パピーは別に知りたかったわけじゃないんだ。
先生は△をくださいました。×にならなかっただけ、御の字かもしれません。

● その3

これは「どんぐり倶楽部」にあった算数の問題です。
「海にくらげが泳いでいます。毎日5匹ずつ増えていきます。
昨日は6匹でした。明日は何匹いるでしょう?」

どんぐり倶楽部は、絵を描いて問題をイメージ化しなくてはいけません。

パピーは、7色の色鉛筆を使ってくらげをゆらゆら描きました。顔の表情は宇宙人みたい。
もう数なんてどうでも良くって、パイレーツ関連の洋書絵本を時々読んでいる彼、海の底に欠かせないのは金色に輝くトレジャーボックス!色とりどりの魚を描いた後、海を色鉛筆で真っ青に塗って、かれこれ1時間半。
確かに、色はきれいです。
そして大きくこたえを書きました。

「あしたのことはわからない」

ちょっと待って、パピーさん!
これは算数!
6(昨日いたクラゲ)+5(今日増えた分)+5(明日増える分)=
って計算するのよっ!

それを友人のマサミちゃんに話したら、大笑いしながら
「だって、実際くらげなんて、正確に増えるもんじゃないからね~。
パピーくんの考えって、現実に近いんじゃないの~?」

● その4


ある日、パピーが言いました。「僕が、算数のどんぐり問題をつくってあげる!」
はい、どうぞ。
「パピーくんは、ある日パン屋さんに行きました。
トレイに、あんぱんを2つ、メロンパンを3つのせました。
さて、パピー君はあと何個パンを買うでしょう?」

知るかーっ!

一筋縄ではいかない、パピーの算数。今、小学2年生。
前途多難です。
AUTHOR: 由里子 EMAIL: oakenglish@hotmail.co.jp URL: IP: 219.118.137.122 DATE: 07/01/2009 08:37:06 ★kaoruさん、 ブログ読んで下さって、 そしてコメントを残してくださって、 ありがとうございます。 読んで頂けるって、本当にありがたいです。 で、この記事…。 >パピー君の算数問題 わたしも解けないです・・・ でしょ~。 彼にとって、このパンの問題も、くらげの問題も、同じ難易度なのだと思います。 私も、子供に算数を教え始めた頃は 「なんでわからないかっ!」 「真剣に取組んでないんじゃないかっ!」 と、腹を立てることがしばしばだったけど、こちらがどれだけ一生懸命教えたところで、彼の理解出来る範囲は変わらないようだと気付きました。 納得できないものは、納得できない。 だったら、怒った分、損よね。 と最近は思うようにしています。 「寛大」 かぁ…。
スポンサーサイト

category: 息子のこと(iroiro)

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。