子供と英語絵本のある暮らし

英語絵本がいっぱいの子供英語教室 Kashiwagi English Roomから~

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

肌の色の違う子と”I Have a Dream” 

 

私は月に1度、両親がいろんな国籍を持つ子ども達の英語のクラスを担当させてもらっています。年齢構成は、年長~小二というクラス。
(* Kashiwagi English Roomとは、別の活動です。)
そのクラスで、Martin Luther King Jr.のI Have a Dreamのお話をシェアできないものか、と考えました。
先月、マーブルズの小口真澄先生のワークショップに参加し、ずっと心の中に何か熱いものが残っていた私。
今日のレッスンプランのうち、公表している部分については私のオリジナルですが、暗誦方法等につきましては、真澄先生のご指導によるものであることをお断りしておきます。

I have a dream
that one day in Alabama
little black boys and black girls
will join hands with
little white boys and white girls
as sisters and brothers….

(スピーチの原文のとおりではありません。絵本では、子ども達に分かりやすく変えてあるようです。)

そのグループの子ども達は、わが息子のようなまったくの日本人が半分、あとは、ウガンダ人、ブルガリア人、イギリス人、トルコ人…みんな本当に肌の色も目の色も違うのです。

美白、美白♪と浮かれる割にすっかり焼けている私、正直自分の肌の色がイエローであることを意識したことが、ほとんどありませんでした。まったくオオボケです。
(そのことで滞米中嫌な思いをしたことが一度もなかった、というのは、よほど甘やかされた環境だったのでしょうね。)
○○くんはお父さんがアフリカ人だから、Black and yellowでしょ。
□□くんはお父さんがイギリス人だから、white and yellowでしょ。
あれ?☆☆ちゃんのお父さんはトルコ人。何人種になるんだろう?私、そんなことも知らなかったんだ!
そこから少しずつ、肌の色のことを調べていきました。
(ちなみに、トルコ人は、元をただすと白人種にカテゴライズされるのが一般的だそうです。肌の色が濃いインド人もですって。アジア人=黄色人種、ではないのですね。)
肌の色の問題がいかに複雑かを知るにつけ…私の中に、いろんな葛藤が生まれてきました。

見た目が日本人とは少し違うことで、既にいろんな思いを味わってきた子達です。
彼らを傷つけることを言ってしまいはしないかと。

同時に、仲良く遊ぶときもけんかするときも肌の色の違いはまったく関係のないことを、誰よりも知っているはず。
鼻ペチャ純日本人のパピーも、彼らと本当に仲がいい。
むしろ、この子達にあらためて肌の色の話をする必要があるのだろうかとさえ、思いました。

悩んで悩んで、マサミ姐さんに相談。答えは
「いんじゃない?やってみれば?」

さすが、マサミ姐さん。そんだけかいっ!(笑)
でも、この一言で、肝を据えることが出来ました。

ドキドキドキドキ、緊張感いっぱいのクラス当日、私は2時間目。
あ、緊張しているのは私だけで、子ども達は1時間目ですっかり楽しい思いをさせてもらい、いつものごとくハイな気分。

まず取り出したるは、リサ(Lisa’s Baby Sister)とガスパール(Gaspard on Vacation)。
「なんで?」と姐さん。
だって、黒と白だもん。They are very good friends, and have no problem even though they are different in colors of skinでしょ。…colors of skinじゃなくてcolors of furか。ま、いいや。
リサ・ガス二人のやんちゃぶりと友情に、子ども達と大笑いした後、
Peter’s Chairを取り出す。
さすが、このクラスの子ども達はこの本をみんな知っています。下に妹が生まれて、それが気に入らない男の子、ピーター。
White Lisaも、Black Peterも同じような悩みがあるんだねー。
と、言いたかったが、子ども達聞いていたかどうか定かでない。

Do you know what color your skin is?
What about your parents’ skin?
この辺りから、益々緊張してくる私。センシティブなところに踏み込んでいるだろうか…?
ところが子ども達は、「知ってる。僕は黄色」
「僕は黒・黄?」
"My dad is white and mom is yellow."
と普通に聞いている様子。
じゃあ、President Obamaは?
“Blaaaaaaaack!”
子ども達は叫ぶけど、”No, his father was black, but his mother was white.”
正確なことを伝えます。
そして、あの本を取り出す。じゃあ、表紙のこの人は何色だろう?―そう、completely black.
And he is called an African American.
African Americanの人達がどれほど過酷な歴史を背負ってきたか―その話をするには、とても時間が足りないし、彼らの人生経験も足りないと思ったので、深く追求することはやめました。

そして、話は1950年代。アメリカ南部の町でいたるところで、”White Only”のサインが見られたことから始めました。私もそこらへんのいろんなものに、ぺたぺたとサインを張りました。椅子、ホワイトボード、ペン、CDプレイヤー…。子ども達がふざけて、そのサインのついたものに触ろうとするので
”NO! You are not allowed to use it,
because you are yellow, you know?”
とシビアに叫ぶ。
朝方まで練習した(一夜漬けとも言う!)、一人芝居もやってみました。
歌を歌いながら行進する黒人達。キング牧師のスピーチ。そして暗殺される瞬間。
子ども達が、少しずつ身を乗り出してくるのが分かりました。

それでも公民権運動の重さを理解するには、まだ幼い子らです。
焦らなくてもいい、と自分に言い聞かせました。

彼らの最後の、そして唯一の質問。
「なんで、殺されちゃったの?」
Good question! でも、答えられませんでした。
そしたら、”Because he was black.”とマサミ姐さんが一言。
わかるような、わからないような顔をしていましたが、私はちょうどいいと思った。なぜ、黒人であるがために殺されたのか? 答えが出るのはずっと後でしょう。

そして肌の色の違う子達7人で、I Have a Dreamのスピーチを暗誦しました。
元気印も、今だけは封印。
どうか、その重さだけは感じてほしい―。
Momsの前で一生懸命スピーチする子ども達。頑張りました。
そのときの目の輝きに、私は心打たれました。
意味が分からなくとも、その経験だけは心のどこかに留めておいてほしい、と思いました。

ちなみにパピーはその夜、「見て見て!」と父親に言って、勝手にこうアレンジして暗誦していました。(下線部がパピーの付け加えたところ)

…little black boys and black girls
will join hands with
little white boys and white girls
and little yellow boys and yellow girls
as brothers and sisters!...


すべては、真澄先生が私に蒔いて下さった種から始まりました。
なんと大きな実のなる種だったのだろうと、あらためて感じています。

そしてここは、私にこんな貴重な経験をさせ、たくさんのことを学ばせてくれる、大切な場所。他のクラスを担当してくれるママ=先生達にも、とても刺激されます。
そしてパピーにとっては、肌の色を超えて幼いなりの友情を育んでいる、大切な場所。(彼にしてみれば、普通の友達が増えている、だけかな。)
こんな機会を戴けて、本当に感謝です。
これからも、頑張ろうと思います。
*************************************
7/14 追記します。

自分がイエローであると自覚したパピー、
今そのことを、根拠もなく誇らしく思っているようです。
「ぼくは、○○小学校の2年生!」
「ぼくは、ビーバースカウト!」
「ぼくは、赤色チーム!」
と同じように
「ぼくは、イエローなんだ!」
と。
黄色人種であることの、ディスアドバンテージやデメリットは必ず存在するのだと心のどこかで感じてしまう私とは違うな、と感じました。
いつか、人種のことについてもっと知るのでしょうが、
今のその気持ちは、出来るだけ覚えていて欲しいと思います。

ちなみに5歳のRくんは
「ぼくは、イエローじゃなくてブルーがいい…」
「ブラックは、本当はないはずなんだけど…」
ああ~! なんたらレンジャーのことね~(笑)
そんな(突拍子もない)考えや思いも、素敵だなと思います。

実は…このクラスで、I Have a Dreamのレッスンの続編をやろうと
思い始めました…
何年学習しても尽きることのないテーマのような気がします。

*************************************
7/15 追記します。

今、この記事を加筆修正して、マーブルズの掲示板に投稿してきました。
ちょっとドキドキしています…
背中を押してくださったMIKIさん、MICHIKOさん、ありがとうございます!
スポンサーサイト

category: 英語講師として思うこと

tb: --   cm: 10

△top

コメント

 

★JUNKO先生、こんにちは!
私のレッスン内容云々、というより、こういう機会を神様が与えてくださったことを、とても感謝しています。
>講師である私たちは、いつも、いつまでも「勉強」ですね。
講師の方が、そういう姿勢でいたほうが、子ども達も伸びていくと思われませんか?
先生が
「私が教えてあげる」
「私はなんでも知っている」
というスタンスでいたら、子ども達の伸びはすぐに、そこで止まってしまいそうな気がします。
無限の可能性を伸ばしてあげたいですよね。
JUNKO先生、私の思いを受け取って下さって、ありがとうございます!
お互い、頑張りましょう!

由里子 #79D/WHSg | URL | 2009/07/22 00:46 | edit

由里子先生、こんばんは。相変わらず、素敵なレッスンをされてますね~★私を「こども英語」の原点に帰らせてくれる内容です。ありがとうございます。子ども英語にできること、まだまだありそうですね。講師である私たちは、いつも、いつまでも「勉強」ですね。由里子先生の思い、私の心にも届きましたよ。

Junko #79D/WHSg | URL | 2009/07/20 22:45 | edit

★MYさん、
>ことばだけを勉強するんじゃなくて、文化や歴史やいろんなことを教えられる…
いえいえ、先ほど書いたことと重複しますが、「私が教える」のではなく、学びながら子ども達とシェアしているだけなんです。逆に子ども達から教えられることもあります。
子供の視線に帰って、子供とまっさらな状態で何かを学んでいくって、楽しいですよ。
これこそが「子ども英語」と呼ばれるお仕事の醍醐味かもしれない。
中学や高校の先生は、その教科に関しては何でも知っていて、いつでも「教える」というスタンスでいなければならないのでしょうか?
大変だろーな。
というわけで、これから、MYさんもこのお仕事の、本当の楽しさを見つけていかれますように…。
一緒にがんばっていきましょう!

由里子 #79D/WHSg | URL | 2009/07/16 17:37 | edit

★Yukaさん、
読んで下さって、そしてコメントを下さって、ありがとうございます!
いえいえ私達親子がSSの仲間にいれて頂いて、まだ数ヶ月。新米のぺーぺーです。
他のママ先生がアイディアいっぱいにクラスを引っ張っていかれているのを見て、勉強しつつ、でも、私に出来ないことは無理せず、頑張っていこう、と思っていた矢先にやらせていただいたクラスでした。
>英語の先生だからこそ、すべきことが多々あるような気がしている今日この頃です。
>ありすぎて追い付かないし、この複雑な歴史、問題にSSで挑戦…
SSは「私が教える」のではなく、学びながら子ども達とシェアしていける場です。
私は本当に知らないことだらけですから!
でもそれを認めてしまえば、肩の力を抜いて、子どもと一緒に勉強していけるんですね。
Yukaさんこそ、子供さんが小さいうちから、こんな仲間の中で勉強しておられて、
柔らかなお人柄も相まって、中に貯まっていくものも大きいことでしょうね。
羨ましいです。
チビちゃん達の成長は勿論のこと、これからのことが楽しみですね。
毎度、お会いできるのを楽しみにしています。

由里子 #79D/WHSg | URL | 2009/07/16 17:23 | edit

さすが由里子先生…
その場の緊張感とか、子供たちが生き生きと答えている様子が目に浮かびました。
ことばだけを勉強するんじゃなくて、文化や歴史やいろんなことを教えられる…
そんな先生に私もなりたいです。
道のりはずいぶん遠そうですけど(汗)
これからも、ここで勉強させてくださいね。

MY #79D/WHSg | URL | 2009/07/16 11:44 | edit

ゆりこさん、
もしかしたら初めて?のコメント、Yukaです。えっと、PGの。いつも読ませていただいて勉強させていただいています。SSは話を聞くばかりで、実際には覗いたことないです。ああ、でもこうしておはなし読んで、感動しました。特にパピーくんが付け加えたところ、涙が浮かんでくる。
英語の先生だからこそ、すべきことが多々あるような気がしている今日この頃です。
ありすぎて追い付かないし、この複雑な歴史、問題にSSで挑戦したゆりこさんはさすがです。わたしも勉強積んでうまく説明できるようになりたいです。
ゆりこさんの思い、しっかり伝わってきました♪

Yuka #79D/WHSg | URL | 2009/07/16 10:34 | edit

★kaoruさん、
ごめんごめーん!余計なことを言ってしまった!
大丈夫!子供さんたちと走り回ってれば、大丈夫ですよ!
ひどい筋肉痛を起こしたあのとき、
私は、迫り来るヌーの大群から逃れるために走り続けねばならない{走る}、子ライオンの役だったのです。
命を懸けて走るなんて、生まれて初めてだったから(爆)、
筋肉もびっくりしたんでしょう。
後の筋肉痛も、さわやかなもんですよ♪
そうそう!
今更、ですが、プロの女優さんやダンサーが集まるわけではありません。みんな「ふつうの奥さん兼お母さん兼ときどき英語の先生」です。kaoruさんと一緒だよ。
アラフォー、アラサー、アラフィー、アラ還もみーんな一緒にダンス{ダンス}やっちゃうんですから! WSでよく逢うメンバーもたくさんいます。人目を気にせず、ただ楽しんじゃおう!
「美女と野獣」ですから、きっと音楽もとても楽しいと思う!{音符}
大切なのは、気持ちだけだと思います(^^)
だいじょうぶだよ!

由里子 #79D/WHSg | URL | 2009/07/16 09:42 | edit

ぜんぜん運動しない私にあの2日間は
耐えられるかしら~とまたさらに
不安が・・・
この夏、こどもと遊びながら
私も体力づくりしておきます。

kaoru #79D/WHSg | URL | 2009/07/16 09:24 | edit

★kaoruさん、
いつもコメントを、本当にありがとうございます。
実はこの記事を書いてしまってから、
「普通の英語の先生だったら
『これが英語の先生の仕事???』
と考えるのではないだろうか…」
とさえ思えてきました。
私がやりたかったこと、この記事で伝えられるかという自信もなかったのです。
kaoruさんが
> 英語という言葉だけでなく、本来はこういうことも教えていくんだって
そう仰ってくださるのは、
真澄先生のパワーを、WS等でじかに感じてこられたからだと思います。
子ども達に何かを伝えたい!という熱い気持ち―それは技術ではないのですよね。
いえ、技術も必要で、私にはまだまだ、なのですが…うーんと、
走り出しちゃったら止まらない、とゆーか…
ああ、言っていることが自分でも分からなくなってきましたが、
kaoruさんが理解をして下さったこと、
本当に嬉しかったです。
来る9月の経験は、kaoruさんに大きな大きなモノを残すと思います。
一緒に頑張ろうね!
ここのところ運動不足だった私は、今週からスポーツクラブを再開し、ちょぴっと体を動かし始めました。
初めてのとき、
事前に運動しないで参加し、ドラマの翌日から数日は動けなかったから…。
(あ、脅しているんじゃないのよっ 笑)

由里子 #79D/WHSg | URL | 2009/07/16 09:10 | edit

そのマーブルズのBBSでお話を伺って早速こちらへも来てしまいました。
とても素敵な活動だなーってただただ関心するだけでした。
わたしもMasumi先生のWSに参加させていただいているのに、ここまで掘り下げて
子どもたちへとレッスンをしたことがありませんでした。
英語という言葉だけでなく、本来はこういうことも教えていくんだってことを
なんだか改めて考える機会を得た気がします。
ほんといつも由里子さんのお話でわたしの中の何かを奮い立たせてもらってます。
難しい問題にあえてチャレンジして
子どもたちの反応にもうまく対応して、
わたしにはできない!!って思ってしまったのも本当です。
きっとそれは私自身がまだJumpinできていないから?とも思ったり。
なんだかまとまらないコメントになってしまいましたが、どうしても何か残したいと
思って書き込んでしまいました。
後編もがんばってください。
私もそのレッスンみてみたいな~

kaoru #79D/WHSg | URL | 2009/07/16 08:41 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。