子供と英語絵本のある暮らし

英語絵本がいっぱいの子供英語教室 Kashiwagi English Roomから~

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

続・旅立っていく君達へ 

 

今度5年生になるRちゃんも、この3月を持ってお教室を旅立っていくことになりました。
彼女が入学するときにも、私は記事を一つ書いていました
おとなしくて、口数は決して多くない、そのキャラは変わることがありませんでしたが、
いつのまにか、すらりとしたきれいな女の子に成長していました。

Rちゃんは、5年生を前にして「将来やりたいこと」を見つけたのだそうです。すてきでしょう?
それを聞いたとき「ああ、きっと似合う!」と思いました。
その職業についたRちゃんが想像されて、心から応援したいな、と思いました。
そのために、一つ習い事を増やさなくてはいけませんでした。おうちでも、毎日練習しなくてはならないでしょう。
それで、英語を卒業することにしたのだそうです。
温かく見送り出してあげたいと思います。

残念なのは…
おとうさんの転勤で辞めざるを得なくなってしまった月1クラスの2年生、Kちゃん。

Kちゃんのご両親が海外滞在10年の経歴をお持ちで、英語に何の不自由もない方だと知ったのは、お教室に通い始めてから2年も経ってから!
(知ったときは、冷や汗が出ました。)
英語習得の厳しさ、必要さを、誰よりもご存知だったでしょう。
でも、そんなお母さんが英語絵本に拠り所を見出してくださったというのは嬉しいこと。
厳しさを御存知だからこそ一生懸命で、焦ってしまう気持ちも否定できなくて、辛かった時期もおありだったと思います。
でも「絵本は、好きだから、一緒に読んでるだけ」
その姿勢は、変わりませんでした。おもしろそうな絵本の情報交換も楽しかった。
まっすぐで素直なKちゃんは、ただただ可愛かった。そうだ、元気な弟君がトドラークラスに通ってくれたこともありましたっけ。
英検3級に合格しました、という素晴らしいニュースが置き土産となりました。
(正直に書けば、まったく私の指導によるものではございませんっ。一重にKちゃんのやる気と努力の賜物です)

ここを辞めなければいけないことを、心から残念がって下さる。
ありがたい話です。

もう一人、おかあさんのお仕事の都合で辞めざるをなくなってしまったMさんちの三姉妹。
このメールのやりとりがきっかけで、毎月高速に乗ってレッスンに通って下さるようになりました。
上記の記事の中で、4歳と2歳と書いてあった子ども達が8歳、6歳になり、そして今下に3歳の妹ちゃんも加わっています。
(第一回目のレッスン日の夜に産まれたんでしたね~。危なかった~)
Mさんも、姉妹の違いなどいろいろ悩まれることもありましたが、
「どういう結果が出るかわからないけど、ただ『英語絵本はいい』って思うだけなんです。それだけ」
とはっきり仰ってましたっけ。最後のメールにあった
「お教室に通えて、幸せでした。」
という一行で、私もMさんやかわいい三姉妹と出会えて幸せだったなと、ほっこり思いました。

みんなみんな、これまでありがとう。
私のお教室に来てくれて、ありがとう。
新しい場所で、それぞれに輝き続けてくれますように。
心から祈っています。

でも別ればかりではなく。

私は、お教室の募集を大々的に、集中的にはやっていないのですが、ここにきてなぜかお問い合わせが増えてきました。
なので新しい出逢いもたくさんあって、この先も楽しみなことがいっぱい。
(でもご入室のお問い合わせより、どうやったら英語絵本教室が出来ますか?という講師さんや講師の卵さんからのお問い合わせの方が多く、これまた冷や汗モノです。
私より講師としての経歴が長いベテランの方や、本当のバイリンガルの方だったりするのですから!)

新しく出逢った方には、私が何をやりたいか、何のためにやっているかを、思いのたけを込めて伝えます。
伝わっているかな、伝わると良いな。

いろんな思いが交錯する、ちょっぴり切ない春です。
スポンサーサイト

category: お教室日記

thread: 塾講師のお仕事 - janre: 学校・教育

tb: 0   cm: 6

△top

コメント

 

別れと出会いの春ですね・・・

ご無沙汰しています。
久しぶりに由里子さんの記事を拝見して、また勝手に元気をたくさん頂いちゃいました!

どの記事を読んでも、由里子さんのところに通われている生徒さんたちは、先生がいいからかほんとにいいお子さんたちばかりですね。そのまままっすぐ育ってほしいと願うばかりです。

ぼちぼちですが、わたしも内輪で絵本の読み聞かせを始めました。由里子さんにアドバイスいただいたことがわたしの背中を押してくれたんです。その節は本当にありがとうございました。そしてこれからもよろしくお願いいたします。

お忙しいでしょうがお時間がみつかったら、またぜひブログ記事をアップしてくださいね。楽しみにしています。

さんぽ #- | URL | 2010/03/20 00:54 | edit

★さんぽさんへ

v-22あー、さんぽさんも(これほど更新のなかったブログを)覘いて下さってたんですね~。本当にありがとうございます。

子ども達がよい子なのは、私とは全然関係がないのですが(汗)、そのまままっすぐそだててほしいと願う気持ちはいつも持っています。
さんぽさんにそのように言っていただけて、とても嬉しいです。

> わたしも内輪で絵本の読み聞かせを始めました。

そうなんですか~、さんぽさんもいよいよ動き出したんですね!
素敵な未来が広がっていますように。
心からお祈りしています。
良いことがあったら、またシェアして下さいね。

はい、私も頑張って、ここまでちょっとさぼっていたブログ、少しずつキャッチアップしていこうと思います。
また遊びに来て下さいね。

由里子 #91l6.5m2 | URL | 2010/03/20 15:43 | edit

別れと出会い

この時期はほんと旅だっていってしまうお子さんや
新たに来てくれるお子さんとって感じで
出会いや別れがありますね。

うちも今日は発表会で、今日でさよならの生徒さんも何人か見えました。

いつも旅立っていく生徒さんに、お話しているのはここを離れても英語からは離れないでねってお話してます。
どんな形でも英語に触れていてほしいなって思ってます。

英語の絵本 うちにも少しですが増えつつあります。(先日お越しくださったときに見ていただいた分しかありませんが)
ことしはただ飾りだけになりつつある絵本を
たくさん読める機会を増やしたいなって思います。
由里子さんのお教室のようなほんわかした雰囲気には程遠いかもしれませんが、わたしがそんな時間が持ちたいなって思うようになりました。

娘達も由里子さんちでの英語絵本教室
参加したいって話してました。
また機会があればぜひお邪魔したいです。

kaoru #- | URL | 2010/03/20 20:37 | edit

★kaoruさんへ

v-22

発表会、お疲れ様でした。
きっと素敵な発表会だったことでしょうね。
また聞かせてください。

> ここを離れても英語からは離れないでねってお話してます。

kaoruさんらしい、あたたかい言葉だなあと思います。

今のご時勢、英語との付き合いは、多分誰もが避けて通れないもの。少なくとも学校英語はついてくる。(学校英語が本物の英語かどうかは別にして。)
英語教室だけがすべてではない。
それは本当のこと。

英語という言語ツールがあれば、いろんなところでまた違った世界が広がるのだから、そのことを心に留めておいてほしいですよね。
一時でも縁があって、自分に関わってくれた子ども達だもの。
そんな彼らに対しての、kaoruさんの精一杯の思いやりを、その言葉に感じました。

私の小さな英語教室に、嬉しい言葉をありがとう。
私は私らしく、頑張っていこうと思います。
kaoruさんのお教室は、kaoruさんの優しさが溢れていると思いますよ!

由里子 #91l6.5m2 | URL | 2010/03/21 11:51 | edit

お世話になりました

海外に10年もいながらペラペラどころか、あうあうやってる母です(^^;)

引越しから約1週間でようやく落ち着いてきました。でもなんだか実感があまりなく、また来月は教室に行くような気分がしています。

英検のこと、実はお伝えするの迷ってたんですよ~。英検では英語の本当の力は判断できないってのは十分わかっていますし。でも多読をしていて、英検に出てくるような単語の蓄積がほとんどあって、特別なことをしなくても英文が読めるというのが本人の自信にもなるのではないかと思いまして。
英検なんて、、、と思わず喜んでくださるのがうれしいです。

離れてもネットを通じてまたいろいろ教えてください。これからもよろしくお願いします。

Kの母 #h1thCUug | URL | 2010/04/04 16:27 | edit

★Kちゃんのおかあさまへ

v-22そちらでの生活が、いよいよ始まったのですね。
Kちゃんの新しい小学校も昨日、今日あたりスタートした頃だと思います。どきどきですね。

コメント、ありがとうございました。
そして3年間、お教室に来て下さって、本当にありがとうございました。

英検のこと、本当に嬉しかったですよ!
眼に見える結果が出ない頃は、親が悩んじゃって、自分を追い込んでしまう…Kちゃんとパピーの年齢が同じだったこともあり、Kちゃんのお母さんとは共感することがたくさんありました。
そして学ばせていただくところも、たくさんあって!
楽しい思い出もたくさん!です(^^)

本当に寂しくなります。
でも、こちらにお越しになったら是非御連絡くださいね。
お教室はいつでもWelcomeです!

由里子 #91l6.5m2 | URL | 2010/04/07 11:41 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://oak2010.blog82.fc2.com/tb.php/229-5c0eb88e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。