子供と英語絵本のある暮らし

英語絵本がいっぱいの子供英語教室 Kashiwagi English Roomから~

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

B.B.カードがやってきた! 

 

B.Bカードというものを初めて聞いたのは、もう5年ぐらい前。
東京で開かれた多読学会の児童英語部の勉強会で、
多読とB.Bカードを平行して取り入れている何人かの先生に出会いました。

児童英語では
昔からゲームというお楽しみが欠かせないもののように言われていて、
それに不満を持っていた頃でした。
こんなブログ書いてたなあ。)

ピアノだって、算盤だって、遊びながらやるお稽古事は無い。
なぜ、英語に限ってお遊び要素を取り入れなくてはいけないの?
私は、本当の、使える英語力を子ども達につけさせてあげたいの!
ゲームやクラフトばかりで、気を引くのはいやなの。

そう息巻いていた。

一番大切なものは、きっと絵本にある。
と心のどこかで信じていたので、
他のものは削ぎ落とそうとしていました。

なのでそのときは、B.B.カードというゲームを受け入れる余裕がなかったのです。
絵本だけでやろう。
その選択は、今も間違っていなかったと思います。
その後の数年で、絵本の底力を見ることができたから。
でも…少しの時間が流れ。
私の肩の力も抜けてきました。
本当に本当の休憩時間、のつもりで、
英語ことわざカルタ」を少しだけやってみました。
英語のことわざというものに、高学年の子ども達は興味を示しはじめ、
気づくと、72の英語の諺が耳で聞いてわかるようになっていました。
「俺達は絵しか見てないもんなー」
と嘯くけれど、
"When the cat's away, the mice will play."
という文を聞いた瞬間に、
猫のいなくなった隙にパーティーを繰り広げるネズミ達を頭に描き、
ついでに「鬼のいぬ間に洗濯」という日本の諺まで、リンクしている。
この凄さに、本人達は気づいていないのです。

そして、BBカードのゲームを見直すこととなりました。

B.B.メソッドは、
先生が子ども達に確実に教え込んだり、覚えさせていくのではなく、
リラックスした状態で楽しんで、子ども達に気づきを与える、というものです。

児童英語でよく使われるゲームは、覚えたかどうかを確認するためのもの。
BBは、それらとは根本的に違うのです!

「単語の意味、ひとつひとつを教えるのではなく、本一冊の世界をまるっと楽しもう」
「教えこむ、覚えさせるのではなく、子ども自身に感じさせよう」
という、多読メソッドと共通するものが見えました。

B.Bの文章を、楽しく子ども達の中に入れてあげよう。
それが、いつか自分で英語の仕組みに気づく一助になるかもしれない!

―というわけで、
「絵本をとにかくたくさん読もう。」
を柱にしていたKashiwagi English Roomに、
B.B.カードが仲間入りすることになったのです。

御理解くださった(というか、もう強制的ですが)生徒さんの親御さんに感謝です。
そして、なかなか踏み出せなかった私にB.B.カードの真髄を伝えてくれた、
友人のK子さんにも、心から感謝しています!
ありがとう!

*****************************************

酒井先生の多読。
真澄先生のドラマ。
がめら先生の英語落語。(えへへ。近いうちに別記します)
B.B.カード。
そして英語指導に限ることではないけれど、
親業。

私が心から信じて、勉強をしているこれらの共通点。
それは、

大人は教えない。
子どもが本来持ち合わせているはずの
感じる力、
考える力、
解決する力を信じること。
信じて待つこと。

これだな、と思いました。

待つことは、本当に難しいです。
教えるのを我慢するのも、とても難しい。
でも、本当に子どもが育っていくために、自立していくために、
一番必要なことなのだと思います。
スポンサーサイト

category: お教室日記

△top

コメント

 

BBカード~

ゆりこさん、こんにちは。

こんどBBカードの話もしましょうね~。
私は結構自分勝手に使っておりますが・・・。

「ゲーム」自体は、
私はたいてい、「子供たち連合vs.私」の図式で行います。
みんなで先生をやっつけてもらおうという感じで。
子供たち同士を競わせるのは、私も好きじゃなくて。

算数のD式にひきつづきはまっています。
これも、「教えない、待つ」やりかたですよね!
ホームページがわけわからんけど・・・

では、暑さに負けず、お元気で!!

いづこ #JyN/eAqk | URL | 2010/07/12 13:50 | edit

★いづこさんへ

v-22いづこさん、こんにちはー。

先日見せていただいた、御自作の歌の絵本、
すごかったです!
一枚一枚頭に焼き付いていて、
(king of popsのくだりなんて特に(^^))
ホント楽しかった。
もう一度ゆっくり見せて下さいね。

で、コメントありがとうございますっ。

そっか。いづこさんもBB使ってみえるのですね。また教えてください!
BBのゲームで好きなところは、
「よく覚えている子が勝ち」
にならないところです。
「子供たち連合vs.先生」かぁ。
そういう図式もあり、なんですね。ふむふむ。

算数のD式。
ええ、「教えない。待つ」
同じだと思います。
うちの坊主、細々と続いてはおりますが
…ああ、話すと長くなりそうなので、
またゆっくりお会いしたいです~。

由里子 #91l6.5m2 | URL | 2010/07/12 21:48 | edit

由里子さん こんにちは。
B.Bカード 私も実は数年前に購入して持ってます。
でもほこりかぶったままになってました。

新しいことをはじめるときはやっぱり勇気がいるし、理解してもらえるように説明も必要ですよね。

でも自分がいいと思うものを、レッスンの中で
取り込めるのはとってもいいことだと思います。

教えずに待つ あぁ ここでも待つが大切なんですね。
いまの親御さんは私に限らず、手出し口出ししてしまう方が多いのかも知れませんね。

今週末と来週末といろいろな勉強会に参加してきます。英語講師としてだけではなく、親としての勉強にもなるかなっと思ってます。
またお話したいです。

いづこさんのあの歌の絵本 わたしももう一度
見たいですね。
あれは感動しちゃいました。

あっ B.Bカードのレッスンの様子もまた
お話してもらえたらなって思います。

kaoru #- | URL | 2010/07/13 09:38 | edit

タイムリー!

BBカード、あまりにタイムリーな話題だったので、飛びついちゃいました(笑)。

先日、ある児童英語教師の方にどんなものかやり方も含めて見せていただいたんです。わたしも「絵本」信仰が強いのでそれほど興味はなかったのですが、少し大きくなってから英語を始める子どもたちにはいいのかもしれないなと思いました。なんでも見もしないで敬遠するのは良くないなと反省したところだったので、あまりのタイミングにコメントした次第です。

お邪魔しました~!

さんぽ #- | URL | 2010/07/13 22:16 | edit

★kaoruさんへ

v-22>こんにちは!

> 新しいことをはじめるときはやっぱり勇気がいるし、理解してもらえるように説明も必要ですよね。

そう。勇気、必要ですよね。
自分ひとりなら、えいや、で踏み出せることも、お預かりしている大切な生徒さんを巻き込むのだから、慎重にならざるを得ません。
kaoruちゃんも、いろいろ勉強されているからこそ、勢いと慎重さをコントロールして、取り入れておられるんだろうなーと想像します。

> いまの親御さんは私に限らず、手出し口出ししてしまう方が多いのかも知れませんね。

「手出し口出し」が子どもの自立の妨げになるって、分かっていても、つい…
と繰り返すのはもう止めて、「親の手出しは、子どもの命取りになる」くらいの気持ちで、手も口も引っ込めたいと思うのです。
待つのに必要なのは、信じる気持ちなんだと思います。
今日から一緒に、ぐぐっと頑張りましょ♪
(という気持ちはあるのですが、現実は…?)

夏休みにもお会いできるけど、(大人だけで)ゆっくりお話できるのは秋になってからでしょうか?
楽しみにしていまーす!

由里子 #91l6.5m2 | URL | 2010/07/13 23:54 | edit

★さんぽさんへ

v-22あら、本当にタイムリーですね!(笑)

さんぽさんの耳にもBBカード、入ってきましたか~!
取り入れるか入れないかは別として、
BBは、従来の児童英語でよく取り入れられているカード遊び(カルタとかフラッシュカードとか)とはどこが違うのか、その目的は何なのか、SSS多読と共通するところ、しないところ(もちろんありますよ!)、知っておく価値はあると思います。

でもさんぽさんが仰るとおり、
>少し大きくなってから英語を始める子どもたちにはいいのかもしれない
裏を返せば、さんぽさんちのカメくんぐらいの年齢だったら、カードの一文を覚えさせるより、絵本でゆったりその世界を楽しむのがやっぱり王道だと、私も思います。

だから、BB導入は焦る必要ないと思いますよー。
また近況をお知らせくださいね♪

また遊びに来て下さいねー。

由里子 #91l6.5m2 | URL | 2010/07/14 00:11 | edit

由里子さん、そしてkaoruさん

うたえほん、見ていただいてありがとうございました。
SPTが始まる前の貴重なお時間をとらせてすみませんでした。
遅刻しかけちゃいましたね・・・。

こりずにどうかまた見てやってくださいね!
作品は15コになりました。
ほとんどウケねらいです。笑

由里子さんに、できたらいちばん見てほしいのは
曲と詞をオリジナルで作り、絵は姪が描いた
"The North Wind and the Sun"です。

ウの目タカの目で、見ていただける機会を狙っています。
(すみません迷惑な人で・・・)

いづこ #JyN/eAqk | URL | 2010/07/14 23:13 | edit

★いづこさんへ

ええっ! 15作品も出来ているのですか?
みたいみたいみたいっ
聞きたいっ!

ちゃんと時間をとって、
ゆっくり見せて頂きたいです。
kaoruちゃんもお誘いして、
是非是非! ねっ!

"The North Wind and the Sun"
楽しみです!
なんか、私もやりたくなってきた…

由里子 #91l6.5m2 | URL | 2010/07/15 09:53 | edit

この場をかりてすいません。

由里子さん この場を借りてすいませんが
いづこさんへ・・・

わたしもぜひみたいです。
"The North Wind and the Sun”
ぜひぜひみたいです。

ほんと機会がありましたら、お願いします。

kaoru #- | URL | 2010/07/15 17:18 | edit

★kaoruさんへ

v-22いえいえ、この場を使ってもらって、嬉しいです♪

"The North Wind and the Sun"
(北風と太陽)
は、いづこさんオリジナルの
子ども英語劇のシナリオがあるんです。
(本当に多才な方でしょう!)
Happy Birthday To Youの替え歌なんかも入った立派なミュージカル!
とてもシンプルで素敵だったので、
シナリオをお借りして、私のお教室でも
幼稚園の子達が発表会で演じさせてもらったものなんです。

是非、その絵本を見せてもらう機会、
作りましょう。
kaoruさん、来てね!
(いつかなあ。秋になっちゃうかなあ)

由里子 #91l6.5m2 | URL | 2010/07/16 10:44 | edit

1年前にあれこれ教えて頂いたり、暖かい言葉をかけていただいたMYです。
この1年、あんまり進歩はしていませんが、それでも少しずつ自分のペースで進んできました。

ヤングアメリカンズ、ワイルドバンチ、BBカード、いのちの授業、英語落語・・・
私がこの1年の間に影響を受けたり、感動したものが由里子先生のブログ記事にも登場していて、
勝手に「つながってる~」と、嬉しくなり思わずコメントしてしまいました。
こんな一方的なファンですが、これからもブログ楽しみにしています。

MY #YBX8sle. | URL | 2010/07/17 23:40 | edit

由里子さん、kaoruさん

そ、そんな風にいっていただいて嬉しいです。
そして身の縮む思いです。
でも、もし集まる仲間に入れていただけたら幸せです!
ヨロシクオネガイイタシマス・・・

いづこ #NuIpY7.A | URL | 2010/07/17 23:50 | edit

由里ちゃん

すごいね~。ワークショップに次々参加して、本当に勉強熱心だし、パワフル!私もいつも元気をもらいます。

BBカード 見たことないけど、面白そうだね。また教えてください。気になるな~。
私自身は絵本にこだわりがないので、必要な要素があればどんどん変化していきたいと思っています。

とは言っても私にはWSに参加したり、新しいことを学ぶ時間が今物理的になくて・・・。もっと楽しいこと、新しいことに挑戦できるように、頑張るね。とにかく今年はおとなしく、母をやりますっ。

また色々教えてください。

マサミ

masami #- | URL | 2010/07/23 00:46 | edit

★MYさんへ

v-22ああ~っごめんなさいっ

書き込みいただいていたのは、
もう1週間近く前!
MYさん、ごめんなさいね。

自分のペースで進んでおられるって何よりですよね。
慌てることないと思います。

そうそう、私はヤングアメリカンズに心ザワザワしています。
MYさんは体験されたのですか?
YAを勧めてくれた、東京のある友達は、
「真澄先生が40人いるようなワークショップよ!
由里ちゃん感動すること間違いなし!」
なんて誘い文句でしょう!ホント、飛んでいこうかと思っちゃいました。

でも、慌てるな、慌てるな、と自分を抑えているところ(笑)。

きっと、いろんなものに出逢う時期、というのがあると思うから。
B.Bのスタートにも時間が掛かったけれど、回り道も悪くなかったと思ってます。

MYさんも、自分に必要なもの、少しずつ取り入れていって下さいね。
ずっと応援しています。
いえいえ、応援してもらっているのは私の方!
いつかお会いできたら、嬉しいですー(^^)

由里子 #91l6.5m2 | URL | 2010/07/23 10:36 | edit

★いづこさんへ

v-22お返事遅くなって、ごめんなさい!

身が縮む、だなんて!

いづこさんの才能は、本当に素晴らしいです。
私も、絵本作り、やってみたいです。
勉強したいなあ。
ちょっと涼しくなったら、是非遊びにいらして下さいね。

由里子 #91l6.5m2 | URL | 2010/07/23 10:43 | edit

★マサミちゃんへ

v-22コメントありがとう~

いえいえ、勉強熱心なんかじゃないけど、
絵本の足りない部分を、何かで補わなきゃ、
という気持ちはあるんです。

でも、一度ここまで削ぎ落としたからね、
余計なものはもう入れたくないし。

その中でもBBは、日常生活で英語に触れることの出来ない子どもに、英語のリズムや文型を楽に染み込ませることの出来る、良質なものだと思いました。
また見てね。

> とにかく今年はおとなしく、母をやりますっ。

新しいことにはいつでも挑戦できると思うけど、「母」は今しかできない!
そう思ったら、「母」はやっぱり最優先だよね。あったかい(このクソ熱いときの言葉じゃないか!)ママでいられるマサミちゃんは素敵です。マサミちゃんちの子に産まれてきた、KちゃんRくんが羨ましいです。(と、わが息子は思っているに違いない…。)

「ママっ、来てっ 来てっ。
見てったらっ 来てっ」
あー、またキテキテ攻撃が始まったので、
行ってきます…

明日の久しぶりのSS、
息子は相変わらず3本足だけど、
楽しみにしていまーす(^^)

由里子 #91l6.5m2 | URL | 2010/07/23 11:11 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://oak2010.blog82.fc2.com/tb.php/236-84ae154a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。