子供と英語絵本のある暮らし

英語絵本がいっぱいの子供英語教室 Kashiwagi English Roomから~

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

Happy Halloween 2010 【3】屋外パレード 

 

【1】10月のレッスン
【2】屋内パーティー
から続きます。

【第二部:屋外パレード】

公園に、再集合した頃は、
雨がちょっぴり心配な夕方で、いつもより薄暗い。

35人も子ども達がいるので、3つのグループに分けます。

一つは、殆どが初参加の子ども達のため、私が引率。
残りの二つのグループは…6年生の二人にリーダーをやってもらうことにしました。
Sくんは年中サンのときから今年で8回目、
Eちゃんは年長さんのときから7回目のハロウィンパーティーの参加となります。
(最初の頃は、私が全員を引き連れて歩いてましたっけ)
立派なお兄ちゃん、お姉ちゃんになったふたりを見て、
ちょっと切なくなりました。
とにかく、よろしく頼むね!
そう心の中で呟き、グループ毎に公園を出発しました。
事前に、100軒ほどのエリアの中17軒のお宅に、準備のお願いをしてありました。
子ども達は、パンプキンの形をしたカードを玄関周りに下げてあるおうちを探します。

Kashiwagi English Roomのtrick-or-treating paradeは、
主催者が作りあげた、見栄えの良い、立派なエンターテインメントではありません。

企画された、
ショッピングモールのパレードとは違う。
アミューズメントパークのパレードとも違う。
ねずみーランドのパレードとも違う。
何が違うの?―だって、本物だから。

お菓子一個をもらうために夢中になって1軒1軒歩き回る、子ども達の一生懸命。
勇気を振り絞って、言う"Trick or treat!"
迎えてくださる、おうちの方々の、温かい笑顔。
子ども達に、思う存分楽しい仮装を用意して下さった、お母さん達の創意工夫。

それらのすべてが、作り物ではなく、
本物だから。

今回私が引率したグループは、1歳、2歳の子が何人かいたので、
1時間以上かかりました。
なんだか私も夢中でした。

公園に戻ってきたら、すっかり陽が落ちていました。
要領よく回って先に公園に戻っていた、S君Eちゃんのグループは、
公園で楽しそうに遊んでいました。
最後のご挨拶をさせて戴き、今年のパーティーも無事、幕を下ろすことができました。

緊張がほぐれて、腰が抜けそうでした(笑)

夜、パピーが、集めたお菓子のバッグをざーっと空けました。
一つとして同じラッピングのものがない。
17軒あれば、17軒それぞれのアイディアでお菓子を用意してくださっているのだと、
改めて感じました。
そうそう、穴の開いた大きな箱を用意し「つかみ取り」をさせてくださったおうちもありましたっけ。

後日、ご協力くださったおうちの方が感想を寄せてくださいました。
「子ども達のいろんな仮装が見られて、とっても楽しかったよ」
「うちの子、来てくれるのを朝からそわそわして待っていたの」
「お菓子の準備が、楽しいのよ。みんなと違うものにしたいなって思って」
―やってあげた、なんてどなたも仰らないのです。
何の力もない、十分なお礼もできない私に、この上ない暖かな言葉ばかりで、
そのありがたさに、思わず涙がこぼれました。
本当にありがとうございました。

一生懸命あるいてくれた子ども達。ありがとう。
仮装を用意し、ずっと付き添ってくれたお父さんお母さん方、ありがとう。
頑張ってくれた、リーダー二人。ありがとう。
(小さな子のお母さんからも、あなた達へのお礼を聞いてますよ)
忙しいママに文句も言わずに付いてきてくれたパピー、ありがとう。
そして、影でずっと支えてくれた夫。ありがとう。

たくさんの人の有難さを、この日ほど感じられる時はありません。
スポンサーサイト

category: お教室日記

tb: 0   cm: 4

△top

コメント

 

読む楽しみ!

ご無沙汰しています。
毎年楽しみに読ませていただいています。
周りの方、保護者の方、暖かい気持ちで参加されているのをほほえましく思っています。

さあ!次はクリスマス。
プレッシャーかけてはダメですね。
ではまた。

petit #- | URL | 2010/11/02 15:40 | edit

ほんとのHappy Halloween!

子どもたちの笑顔が目に浮かぶようなご報告、ありがとうございます。

準備をされる由里子さんがいちばん大変でしょうけど、まわりの方々のご協力が得られるのは由里子さんの子どもたちへの気持ちが本当のものだからだと思います。

由里子さんのお教室の子どもたちは日本にいるのにほんとのHappy Halloweenが体験できてほんとにお幸せ。うらやましいなv-238

さんぽ #- | URL | 2010/11/04 23:04 | edit

petitさんへ

ずうっと更新していなかったのに、
チェックしてくださってたんだ!
と、書き込みを見て感激しました。

こんな拙い文章を、
丁寧に読んで下さって、
温かいコメントを残してくださって。

本当にありがとうございます。

はい!これからも頑張ります。
クリスマスのことも、ご報告しますね。
今年はより一層、子ども達に頑張ってもらって、素敵な思い出を残してあげられるよう、気合を入れてます(^^)
いやいや、子ども達のプレッシャーになってもまずいなぁ…。

由里子 #91l6.5m2 | URL | 2010/11/05 08:45 | edit

さんぽさんへ

さんぽさん、コメント、ありがとうございます。
本当に嬉しい。

ハロウィンは、自分ひとりでは何も出来ないことを実感します。
たくさんの人の協力があってこそ、子ども達にあれだけのことをしてあげられる。
とっても幸せだと思います。

かめくんもこの仲間にいたら、
たとえお母さんには「かめさん」と呼ばれようと、せっせせっせと一生懸命、可愛らしく歩くのだろうなーと、勝手に想像してます。うふふ。
あらー、ごめんなさい!

頑張って更新しますから、
また遊びに来て下さいね!

由里子 #91l6.5m2 | URL | 2010/11/05 08:50 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://oak2010.blog82.fc2.com/tb.php/239-2c3681c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。