子供と英語絵本のある暮らし

英語絵本がいっぱいの子供英語教室 Kashiwagi English Roomから~

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

ぴちゃん・・・ぽちゃん・・・ 

 

手洗い場の水道の蛇口から、水が滴っていました。
(パピーがちゃんと締めないからです怒り
それをじーっと見ながら、息子がつぶやきました。

「Drip, drop, drip・・・
plop,plop・・・」

最初何のことやら分からなかったのですが、
水の滴りにあわせて、言っている。
つまり、ぽちゃん・・・ぽちゃん・・・をDrip,dropと表現しているのです。
これには、びっくりしました。

ORTのStage3に、パパがお風呂の水を出しっぱなしにしたままテレビに夢中になってしまうストーリーがあります。(The Mud Bath)
忘れられたバスタブの水がいっぱいになり、
Drip! Drop! Drip!
Plop! Plop! Plop!
と溢れてきます。
その本が彼は大好きで、その前の晩も何度も読まされました。
その擬音が頭に入っていたのでしょう。

この本、私もすごく面白いと思います。
子ども達に混じってサッカーをするパパ、靴下にズボンの裾をいれて必死に走っているのがとてもかわいいのです。
転んで泥んこになっちゃったので、お風呂に入ろうとするのだけど、お湯が溜まるまでの間に、テレビのサッカー中継に引っかかり、ドロだらけの服を抱えパンツ一丁で応援する様も楽しい。
この面白さ、パピーには高度すぎてわからんだろーと思っていたのに、drip,dropにはやられました!
悔しいけど私は、drip,dropを水の音と捉える耳や感覚を持っていないのだと思いました。
スポンサーサイト

category: 息子のこと(英語編)

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。