子供と英語絵本のある暮らし

英語絵本がいっぱいの子供英語教室 Kashiwagi English Roomから~

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

お教室のクリスマスパーティー 

 

12月21日水曜日、発表会を兼ねたクリスマスパーティーをしました。
終わった直後は、自分自身興奮冷めやらぬ、と言う感じでしたが、一日経って少し落ち着いてきたかな。
そのぐらい、子ども達は素晴らしい発表をしてくれたのです。

昨日のプログラム―

1.Opening―私からのご挨拶

2.子ども達による発表・・・クラスごとに1曲歌い、その後一人ずつ今年一番のお気に入り絵本を暗誦してもらいます。(以下曲名と本のタイトル)
?園児クラスその1
音符Under the Shining Christmas Tree(大きな栗の木の下で、の替え歌)
本How to Make a Mudpie(4歳男の子)
Where do Monsters Live?(4歳女の子)
How's the Weather?(4歳女の子)
?園児クラスその2
音符Let Us Sing Together
本Never Give Up(3歳男の子)
Cat and Dog make the Best, Biggest, Most Wonderful Cheese Sandwich(3歳男の子)
What's in My Pocket?(4歳女の子)
The Bugs Go Marching(5歳女の子)
Good Choices for Cat and Dog(5歳男の子)
?小1・年長クラス
音符Merry, Merry Christmas
本On the Go(年長女の子)
Dare to Have Courage(小1男の子)
Be a Friend(小1女の子)
Round Round the Seasons Go(小1女の子)
?小2クラス
音符The Twelve Days of Christmas
本Apron Annie in the Garden(小2男の子)
Dinosaurs Dancing(小2男の子)
Games(小2男の子)
Homes in the Ground(小2男の子)

3.クリスマスプレゼント
私から一人ずつ渡しました。
そして暗誦した本が100冊を超えた子二人にはCertificationとご褒美を。

4.Special Guestsからの贈り物
生徒さんのお母さんで声楽家の方と、アルトサックスを吹いておられる方、お二人に演奏をして頂きました。
曲はWinter Wonder LandとSilent Night

5.クリスマスの絵本
ORTのStage5から、 Christmas Adventureを私が読みました。
絵本では小さいので、挿絵をスキャナで読み込み紙芝居のようなものを作って読み聞かせ
(すいません、プログラムにはもう1冊予定していたのですが、時間の関係上読めませんでした。予定していた本は、クリスマスというより、「冬」がテーマの絵本なので、1月のレッスン時間内に読みます)

6.Let's Play Games
16種類のささやかなクリスマスプレゼント。どれがもらえるか?!のゲーム

7.Finale

8.おやつタイム

以上でした。

―I'm just proud of you all!
英語では割と簡単に使われる表現だけれど、私は昨日、
本当に子ども達のことを誇らしく思いました。
歌は、特に小1クラスは自分たちで振りを考えるし、小2クラスのThe Twelve Days・・・は贈り物ごとに担当を決めて歌い続け、最後まで歌えたときは思わず大きな拍手!

それから、このシーズンになって子ども達には
「クリスマスにプレゼントをもらえるのは嬉しいことだけど、
その嬉しい気持ちを大事にしてね。
嬉しい気持ちをみんなでシェアすることを覚えようね」
ということを少しずつ伝えてきたつもりでした。
そしたら、「ボク、皆へのプレゼントを作った」と折り紙のおもちゃを持ってきてくれた子がいました。
ひとりひとりに、その子の好きそうな色の折り紙を手渡す彼。嬉しそうにうけとるお友達。
クリスマスに大切なSharingの気持ち、少しずつ育っているように思いました。

歌とサックスの演奏では、みんながとても贅沢な気分になれました。本来なら、大きなステージで歌うような方なのです。アルトサックスも、とっても素敵な音色で私の大好きな楽器。こんな小さなホームパーティーで、ご披露いただけるなんて、申し訳ないくらいでした。
子ども達にとっても、貴重な体験だったと思います。

私は司会をしながらいろんなことを進行しなければならないので、手の回らないところは、他のお母さんがどんどん手伝ってくださいました。
私が会の準備をしている間、息子の面倒をずっと見てくださったのも、本番中写真をたくさん撮って下さったのもお母さん方でした。

みなさんへの感謝の気持ちをこめて、1年の最後にこのパーティーを開いているつもりなのに、結局最後まで皆さんの温かい気持ちに支えられて、無事パーティーを終えた、と言う感じです。

本当にありがとう。
みなさん、素敵なクリスマスを・・・。
スポンサーサイト

category: お教室日記

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。