子供と英語絵本のある暮らし

英語絵本がいっぱいの子供英語教室 Kashiwagi English Roomから~

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

絵本を読むペース 

 

毎週、すごい勢いで何冊も暗誦してくる子が何人かいます。
発表を聞いても、かなり正確で堂々としている。何より本人が、とても楽しそう。
私にとって、こんなに嬉しいことはありません。

ところが、そんな子のひとりのお母さんが
「次々と新しいのばかり読みたがって、一度シールをもらっちゃった絵本には見向きもしない。
もっと1冊ずつをじっくりしっかり取り組んだほうが良いのでは?」
という疑問をもたれたようでした。

私はそれを聞いたとき、別のお母さんの悩みを思い出しました。
「うちの子はお気に入りの1冊にいつまでも執着して、なかなかほかのを読もうとしない。」

私は、どちらの気持ちもすごく良くわかりました。
親としてどちらの気持ちにもなったことがあるからです。
パピーがさっささっさと新しい本にばかり手を出すときは、「もったいない!じっくり読んでよー」と思ったし、いつまでたっても同じ本ばかり読ませられるときは「ねー、他にもいっぱいあるんだからさー。この本は卒業しようよー」と思いました。
いいえ、見てほしいビデオ、遊んでほしいおもちゃ。どれも決してこちらが思うようには、飛びついてくれなかった。そして飛びついたはいいが、今度はそれに執着し始めると、もっとほかのを・・・と欲張ってしまう。でも欲張っているのは、本人ではなく私なのでした。
つまり、見たい・やりたいと言ってくるものがあると必ず「それじゃなくて、こっちね」といつも意地悪している自分に気づきました。

さ、親がコントロールするのは、きっぱりと諦めましょう!(笑)

最初にでてきた「どんどん進む派」の子も「執着派」の子も、どちらも本に対する愛情をすごく感じませんか?
どっちもすごく素敵な「本との関係」が築けているのです。
どちらが良いとか、悪いとかではなく、こどもの自由にさせてあげるのが一番だと思います。

どんどん進む派の子。
いいぞいいぞー。そのまんま行っちゃえー!です。1年もたった頃、ふっと以前読んだ絵本をだしてあげると「なつかし~い!」(幼い子どもが使うのは変なんですが、実際結構使います。それがかわいい♪)と言って、飛び付くかも知れません。ちなみにパピーは今、赤ちゃんの頃読んだ日本語の絵本にはまっています。「なんて進歩のないやつ」と思いますが、まあそれはおいといて・・・。
執着派の子。
どんなに好きな本でも、当たり前ですが一生これしか読まないということはありませんので、そのままにしておいてあげましょう。他の本は、さりげなくそこらに置いておいて。(決して、「これもどーお?」なんて押し付けちゃだめですよ。―押し付けて何度も失敗している母より)

そう、「絵本は絵本。『教材』ではない」と考えたほうがよいと思います。
こういうやり方でなくてはいけない、こういうペースで進めるべき、ということはないのです。
以前、SSS式の多読指導をされているある先生が、
「多読の方法は、10人の生徒がいたら10通りあるもの」
と言っていたことを、私はいつも思い出すようにしています。

先日も、1歳の赤ちゃんとCTP絵本を楽しんでいらっしゃるお母様から、「…こういうペースでは早過ぎますか?暗誦するまでに至らずどんどん進んでいるのですが」という内容のご相談を受けました。
私の思うところを書いてお返事を差し上げたら、
「・・・和書と同じように楽しく読めることが大事なのですね。
和書の絵本では何も思わず楽しく読み進めているのに対し
英語の絵本となると、つい これでいいのかな???という疑問がでてきていました。」
というお返事とともに、Buttons, ButtonsやI See Colorsなどの絵本の内容についてお嬢さんと楽しんでいらっしゃる様子をたくさんお知らせくださいました。
本当に心温まるお便りでした。
この方は日本語の絵本を既に子供さんと楽しんでいらっしゃったので、「ああ!なんだ、そうか!」とすぐに気づかれたのでしょう。

SSSの合言葉です。
Happy reading!
スポンサーサイト

category: お教室日記

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。