子供と英語絵本のある暮らし

英語絵本がいっぱいの子供英語教室 Kashiwagi English Roomから~

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

パピーの将来を案じる 

 

パピーは赤ちゃんの頃、言葉が出るのがどっちかというと遅めでした。
1歳になる頃やっと「ママ」「パパ」などの言葉が出てきて感動していたら、近所の10日違い産まれのお友達、Yuくんが「なんでだろう~なんでだろう~♪」と振りつきで歌っていたのでびっくりしました。
2歳、パピーが「かーえーるーのーうーたーがー」と歌い感動していたら、Yuくんはポケットに手を突っ込んで「ヒロシです…ヒロシです…」と言ったり「マイケル、マイケル、くうきがよめない。ぷ」などと言っていたので、またびっくりしました。
随分違うもんだなあ…。同じ大きさ(小ささ?)で、時々双子にも間違えられるくらいよく似ているはずのYuくんが、とっても賢く見えました。

先日Yuくんがジグソーパズルをしていました。ピースが60以上はあるやつです。隣でパピーは黙々と車遊びをしていました。
「ひやー、Yuくんってばこんな難しいのが出来ちゃうの?」と私がまたまたびっくりしていたら「パピーくんもする?」と、別の自分のジグソーパズルを出してきて、パピーに貸してくれました。
20ピースくらいのです。パピーは「ありがと」と言って、ざぁっとパズルをひっくり返しました。
「おっ?挑戦するか?」と思いきや、なんとパピーは、その台紙にミニカーを一つずつ丁寧に並べ「ちゅうしゃじょう~」と言って、遊び始めたのです。
ちょっと、くらっとしました。
この子、知的な遊びに向いていないんだろーか…。パズルやブロックなんかあまり好きでないみたいだし。
…だ、大丈夫かなあ。

ところが先日、そんなパピーの頭の中が少し見えたような出来事がありました。

家の前で大きな交通事故があったのです。
平日の朝。登園の直前。
どーん!と大きな音に驚いて、家族3人窓から外を覗くと、3台の車がぐちゃぐちゃになって、煙をふわふわと出していました。お隣さんの角がT字路になっていて、一つ目の衝突が対向車線の車も巻き込んで…といった事故でした。
パピーは食い入るように窓から状況を見ていて、救急車が人を運び出したところで、幼稚園へ行く時間となりました。(ちなみに、入院するほどの大怪我は出なかったそうです。よかった・・・)

幼稚園から帰ってきたら事故のその後のことを聞きたがるので、パトカーが来て現場検証をし、大きなトラックが潰れた車3台を載せて行ってしまったことを説明しました。
で、パピーのいつもの車遊びが始まりました。
良く見たら、ミニカーは今日事故に関わった車種ばかり。新聞紙を置いて「ココは○○くんち(お隣)」と言ってT字路を作ります。
「こっちからマークXがブーンって来たら、こっちから来たヴィッツにぶつかって、このヴィッツがぽーんとこっちに飛んでって、そしたらこっちから来たフィットにぶつかって、くるくるっと回ってこっちに止まって…」
持っているパトカーのミニカーも総動員。
どうやら、事故の検証をしているようなのです。結構正確。
へぇ~。ちょっと感心。パズルは出来なくても、パピーなりに脳を使っているのね。

そうそう、パピーは絵本が好きだけれど、何より好きな書物は中古車情報誌です。
随分と長い時間、集中して見ます。2?四方の小さな車の写真を一つ一つ観察して、「このレガシィはパパのとホイールが一緒」「このジーノはママのとは電気(ヘッドライトのこと)が違う」などと言っているのです。
何が楽しいやら、私にはさっぱり分かりません。

事故の夜、パピーが床に付いてから片付け忘れていた車のおもちゃを見たら、ちょっと大き目の消防車の上に、トミカが3台セロテープで貼り付けてありました。
つぶれた車を運んでいくところのようです。

赤ちゃんの頃、味噌汁の中にナスの輪切りを見つけ「おおっ。タイヤ」と言ったパピー。
大きくなったら何になるのかなあ。
AUTHOR: 由里子 EMAIL: oakenglish@hotmail.co.jp URL: http://www.geocities.jp/kashiwagienglish/ IP: 219.118.138.250 DATE: 06/12/2006 22:29:52 ★ち~ちゃん!本当にご無沙汰しています!うわー懐かしい。思えば中学1年からの付き合いですもんねー。 実は私、3歳からずっとエレクトーンを習っていました。他に取り柄もなかったのでなんとはなく続けていたのですが、中1でち~ちゃんと同じグループレッスンを受けるようになり、がつんと大きな衝撃を受けた!エレクトーンってこんなにかっこいいもんだったんだーって。 それから22歳まではエレクトーンに夢中でした。学生時代はヘッドホーンして徹夜で弾いた日もよくあったなー。才能の限界を感じ、すっかり手を引いてしまいましたけど。 ち~ちゃんとの出逢いがなければ、あの日々はありませんでした。そしてあの頃のエレクトーンがなければ、今の私の性格(?どんなだ?)はなかったと思うのです。 今もこうして連絡をくれて、付き合いを続けてくれることを感謝。 また会える日を楽しみにしています。
スポンサーサイト

category: 息子のこと(iroiro)

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。