子供と英語絵本のある暮らし

英語絵本がいっぱいの子供英語教室 Kashiwagi English Roomから~

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

朝日新聞「be」再び 

 

朝日新聞のbeというのは、週末特集版です。
2週間前、そのbeに載った記事のことについて書きましたが、今日もbeに英語のことが載りました。
相撲界の外国人力士の日本語力ってすごーい!と感心することありませんか?その上達の秘訣を切り口に、酒井邦秀助教授の多読法が紹介されていたのです。
それを見つけたのは、夫でした。
「ゆりこーっ。酒井先生が新聞の2面に載ってるーっ!」
ええっ?「2面」と聞いてちょっとどきっとした私。
「be」の2面と知り、ほっ。

asahi.comでその記事がご覧頂けますので、朝日新聞でない方は是非お読み下さい。
http://www.be.asahi.com/be_s/20060528/20060515TSUN0002A.htmlです。

ただ、
・  「1万語でペーパーバックが読めるようになる。」というのは、「100万語」の誤りのようです。
・  電通大の紹介のすぐあとに、静岡大教授の「文法擁護派」の反論もあります。多読だけを前面に押し出して書かれた記事ではありません。

電通大学学生の授業の様子が書かれていました。
quote--
教室では学生が英米の幼児向け絵本を読んでいた。犬を追い払う少年の絵が描かれ、ひとこと「Go away(あっち行け)」。
--quote
あ、これってフロッピーのことだー、と嬉しくなっちゃいました。

私は、多読による英語勉強法と、学校や受験関連の英語勉強法との一番大きな違いは、
「生きている言葉にたくさん触れるか、死んだ言葉を詰め込むか」
だと思います。
そのことはまた後日触れます。
スポンサーサイト

category: 英語講師として思うこと

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。