子供と英語絵本のある暮らし

英語絵本がいっぱいの子供英語教室 Kashiwagi English Roomから~

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

夏の教室 はじめに 

 

「なつやすみ限定 英語絵本の講座」、7月26日水曜日無事開講いたしました。
遅くなりましたが、これまでの経緯や様子についてご報告させていただきます。

* 参加者
2歳の双子ちゃんから小学3年生までの7人。ご兄弟が3組。
女の子は2歳児の2人のみで、あとは元気な男の子たちです。

* きっかけ
3人のお母様方はそれぞれ、ネットや本を通じて中村敦孔先生のメソッドや、英語絵本の多読による英語教育に興味を持たれました。
絵本さえあれば(と愛?!)さえあれば、英語教室に通わなくともおうちで取り組める。そして単なるお遊びでなく、継続すれば将来的に高い英語力がのぞめる。
―多読法のことをそのように理解していらしても、やはりおうちでだけだと行き詰ったり不安になったりします。中村先生の本に従って既に数ヶ月前から実践していた方もいらっしゃいましたが、子供を絵本に向かわせるきっかけがつかめない、どんな絵本がいいのかもわからない、そのような方もいらっしゃったようです。
そして私のお教室のHPに辿りついて下さいました。見ず知らずの私へご丁寧なメールを下さいました。でもやっぱり、毎週通うには遠い距離。そこで、比較的時間に余裕のある夏休みに、集中してレッスンをしてみようかということになったのです。

* この講座のゴール
英語の本は、読める、わかる、おもしろい。それを子供たちに知ってもらう。
英語絵本から広がる世界にどっぷり浸かる。
どんどんがんがん、読み進めていく。
英語絵本の音声に慣れる。英語の音を真似することを楽しんでもらう。
真似しながら丸ごと1冊読めちゃう!何冊も読めちゃう!ボクってすごい?! ―そう思ってくれたらサイコーだな、となんてことも思っていました。

* おうちの方にお願い
?おうちで取り組んでいる絵本のCDを毎日2時間以上は掛け流してもらう
?毎日、親子で英語の絵本を開く。
レギュラーのクラスとまったく一緒、です。
できるだけ夏休みのうちにこれを習慣化して、将来的な蓄積へ持っていきたいと思います。

高速道路を使ってみえるんです。
赤ちゃんを連れて来られる方もいらっしゃいます。
おばあちゃまが一緒についてきて下さる方もいらっしゃいます。
「絶対に、来てよかったと思ってくださるレッスンにしなくちゃ!」
と、最初は本当に緊張しました。初日前夜は眠れませんでした~。

つづく。
AUTHOR: 由里子 EMAIL: oakenglish@hotmail.co.jp URL: http://www.geocities.jp/kashiwagienglish/ IP: 219.118.137.13 DATE: 08/06/2006 01:21:09 ★dayanさん、書込みありがとうございます。 なかなか更新できなくてすいません。まとめて書いてます(笑) 夏の教室はまだまだ子供たちが英語絵本に対して新鮮なので、ラクに進むところもあれば緊張しちゃうところも…。 レギュラーのクラスの子供たちにも何か新鮮な空気を送り込んであげなきゃ、そんなことを考える良い機会にもなっていると思います。 そうそう、でも夏休みの間は、振替で子供たちがシャッフルされていて、見慣れない仲間や懐かしい仲間にちょっとだけいつもと違う気分を味わっている様子も見えます。そちらのことも、ブログでご報告したいと思っています。 来週はdayanさんのところのブラザーズ、振替レッスンですね。近いと言っても、炎天下てくてくウチまで歩くのは大変だと思いますが、楽しみにお待ちしています。 多読というちょっと特殊なやり方に深いご理解を頂けて、いつもとても感謝しています。 こちらこそ、どうぞよろしくお願いします。
スポンサーサイト

category: なつやすみ限定 英語絵本教室

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。