子供と英語絵本のある暮らし

英語絵本がいっぱいの子供英語教室 Kashiwagi English Roomから~

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

roast beefということば 

 

週末のメニューは久しぶりのローストビーフでした。クリスマス以来かもしれない。
案の定パピーが「これ何」と聞くので、そのまま「ローストビーフ」と答えました。
しばらく何か考えて
「ああ、ぶたね」
といいます。
私「ぶたじゃないよ、ウシだよ」
パピー「ぶただよ。ビーフッでしょっ?」
???ビフ?ORTに出てくるBiff?何を言っているんだ・・・?
「ロビンフッド(ORT Stage 5)に出てきた、肉の丸焼きのこと言ってる?あれはローストチキン(いや、ダック?野鳥か?)だよ」
「ちーがーう! Roast Beefはぶたにあったよっ!」
―ぶたにあった。?
日本語までおかしい。

「ひっくりかえって、ママがこちょこちょこちょってして、wee-wee-wee-wee-wee-! するやつ!」
私があまりにも理解できないので、腕組みをして怒っているパピー。

・・・わかりました。
「This Little Pig Went to Market」の歌、のことを言っているのね。
パピーがYくん、Sちゃんと2歳児クラスにいた頃やった、英語の遊び歌です。
子どもはころんとひっくり返って、ママは子どもの足の指を一本ずつつまみながら歌います。
♪This little pig went to market.
♪This little pig stayed at home.
この次が
♪This little pig had roast beef.
という歌詞でした。
最後は、迷子になった子ブタが
♪This little cried “wee-wee-wee-wee-wee-!”
と泣き、そこでお母さんたちはこーちょこちょこちょ~、と体全体をくすぐります。子どもたちはきゃあきゃあ。
懐かしい思い出です。

それを昨日のことのように言うパピー。
はいはい、ブタの歌の中にroast beef、ありました。
それにしても、roast beefという単語がきちんと残っていたのには驚きました。
単語をばらばらに教えず文章のまま与えても、子どもはちゃんと単語一つ一つを抽出して頭の中に保管しているのでしょうか。頭の中、見てみたいです。
スポンサーサイト

category: 息子のこと(英語編)

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。