子供と英語絵本のある暮らし

英語絵本がいっぱいの子供英語教室 Kashiwagi English Roomから~

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

Happy Halloween 2006! 

 

お教室の全員が集まって、恒例のハロウィンパーティをしました。
今年で4回目になります。

準備
9月からご近所の方に、Trick-or-treatにご協力いただけないか打診をしていました。11軒のお宅がご協力いただけることに。
lantern.jpg
直径60センチほどのパンプキンをもらっていたので、夫が前夜台所の包丁を使ってJack-O’-Lanternを作ってくれました。
キャンドルを灯すと、なかなか不気味でよい感じです。二人満足して床に就きました。
何も知らないパピー。翌朝一番に目を覚まし、いつのまにか目鼻がついていた特大パンプキンを見て、びっくり仰天!
「ままぁーーっ、ぱぱぁーーーっ、かぶちゃん(かぼちゃ)がぁぁぁぁぁぁ、わらってるぅぅぅぅぅぅぅl!」

私はもうここ数日、寝ても覚めてもハロウィンパーティのことで頭がいっぱいでした。
当日スタート1時間前、まだゲームも何も考えてなくて頭が真っ白で「ああ~、どうしよう~皆がもう来るよぉ・・・」と会場に立ち尽くす私。どうすんだよ~パーティー始まるぞぉ~、と背後から声をかけるのは、お化けやモンスターやジャックオーランタン・・・。そんなシャレにもならない夢に、何日かうなされました。

それでもTrick-or-treatの準備の方から固めて、パーティーの方も必要なものの買出し、BGMの選曲、飾りつけ、ゲームなどなんとか流れは見えてきました。あとは、ただただ成功を祈るのみ!

おっと、パピーの仮装を忘れていました。
黒猫の鼻とヒゲをカキカキ…。「く、くすぐったい!」「こら、動かないでっ」
blackcat.jpg

まもなくパーティー!
今年は、集まった子どもが30人。付き添いの親御さんも合わせると、総勢50人近く。
21日土曜日。快晴。午後3時集合。
場所は、公共の施設の1室。(さすがに我が家は諦めた!)

子供たちはみんな仮装です。一人ずつご紹介します。
2-3児の子は、妖精のような白いドレス姿(ベールをかぶっている女の子がいました。花嫁姿を思い出させる様子はパパを泣かせなかった?)が二人、小人ちゃん、パンプキン、ねこのマリーちゃん、男の子は怪傑ゾロリ、ジャンプスーツのライダー(???)。
年中組は、海賊、チャイナ娘、マリーちゃん、ピーターパン、黒猫、羽がきれいな妖精。
年長組は、アメリカの漫画にでてくるみたいな宇宙戦士(?)、マントの悪魔、ミニーマウス風のパンプキン姫(お母さんの手作り!)、忍者に白いドレスのお姫様。
1年生は、魔法使いと、ピンクのドレスのお姫様、
2年生は、海賊、チャイナ娘、小悪魔、忍者
3年生は、トイストーリーのウッディに、海賊が二人、魔法使いに一足早いサンタクロース、極めつけは半分本物(?)ミイラ!
all.jpg
創意工夫をしてくださったお母様方、本当にありがとうございました。

いよいよパーティー!
パーティーはいつものWee Singから♪Halloween, Halloweenの歌でスタート。
準備体操(パーティに準備体操がいるのか?)は、Looby-Looの替え歌♪Spooky-Loo。
そして、子供たちを円陣に座らせ一人ずつ紹介していきました。
お教室の古参モノから、新入りまで。近所の子から県外の子まで。

ゲームターイム!
一人ずつ一片のカードの切れ端を渡しました。3枚で一つの絵ができるので、その仲間を探す、歩くジグソーパズルです。(初めて出会うお友達もいたので、それをミックスアップするつもりのゲームだったけど、2,3歳児の子にはちょっと大変だったかな。反省。)
♪BGMは Adam’s Family
pinata.jpg
そして、毎年恒例だったピニャータを今年はスイカ割りルールでやることに。
ピニャータというのは、お菓子のぎっしり詰まった張子みたいな人形を吊るし、子供たちでワイワイ叩き割り、ぱあっと散らばるお菓子を、わぁーっと取る。という、西洋の子供のパーティーではお馴染みのゲームです。でも何年かやってみて、なかなか割れずに時間が過ぎるのが難点だったのと、室内で(昨年までは屋外のガレージでした)叩き棒を振り回すのは危ないように思えて、フロアにピニャータをゴロンと置くことにしたのです。叩く子供たちは目隠し。特に小学2,3年生の大好きなゲームです。今年も燃えましたよぉ~!

ピニャータからこぼれ落ちたお菓子をピラニアのように子供たちが拾い集めたところで、ゲーム第3弾。
さぁ~ひろったお菓子をチェックしてね。私が、いくつかのお菓子にシールを前もって貼っておいたのです。魔女やモンスター、パンプキンなどのシールを発見した子に、商品をあげました。

お母さん方から、Trick-or-treat paradeの隊長さんを、くじで選出。
Trick-or-treatの注意事項を説明しはじめたら、もう子供たちはそわそわ、です。

でもとりあえずシメに♪Halloween Candyを元気よく歌って、室内パーティーはお開き。
Trick-or-treatのスタート地点となる公園へ向かいました。

Trick or Treat!
2つのグループに分かれた異様な仮装集団、いよいよパレードの開始です。
ピンポンを押すと、お菓子のたくさんはいった、袋やかごを持った方が出てきます。一人ずつ、恥ずかしそうに、Trick or treat!という子供たち。お菓子を受け取ると、本当に嬉しそうに、そして日本語ではっきりと「ありがとう」と言います。15人全員頂いたら、次のおうちへ。次から次へと11軒。
いろんなお菓子を頂いたけれど、ひとりずつ小さな袋詰めにして下さっていたり、袋がそのお宅の子供さんの手作りだったり、袋に手作りのハッピーハロウィンのイラストやシールをつけてくださっていたり、あるいはいろんな御菓子の中から選ばせて下さったり(子供たち、目移りがして真剣に悩みます)と、本当に皆さん、心をこめてご協力してくださったのだと、しみじみと感じました。

二つのグループは1時間後、スタート地点でもあったゴール場所で、無事合流。
5:20 pm―もう夕暮れ時。
お菓子でいっぱいになったパンプキンバケツやバッグを手に、皆帰っていきました。
とてもとても長かった一日がやっと終わりました。

今回のハロウィンパーティ、私自身まだまだ気の利かないところも多く、細かなところでは反省点もたくさんありますが、とりあえず大きな事故もなく無事に終えられてほっとしています。
いっぱい協力してくれた夫と息子にも感謝。

みなさん、ありがとうございました!!!!また来年もやろうねっ!

HPGALLERYにも楽しい写真をアップしてありますので、そちらもご覧下さいね。
それから、関連ブログがこちらにあります。
AUTHOR: 由里子 EMAIL: oakenglish@hotmail.co.jp URL: http://www.geocities.jp/kashiwagienglish/ IP: 219.118.136.213 DATE: 11/06/2006 12:14:08 ★JUNKO先生、遊びに来てくださってありがとうございます。 ハロウィン、子供たちに私の方が楽しませてもらいました。この日ばかりは、私も「企画屋」に徹しお祭りを盛り上げようと頑張りました。子供たちの心に楽しい思い出が残るといいなあ、と思いながら。 これからクリスマスに向けて、また準備が始まりますね。 いつか先生にお会いできる日が来るのを楽しみにしています!
スポンサーサイト

category: お教室日記

tb: --   cm: 5

△top

コメント

 

細かいですが、「ROM」ではなく「RAM」です。
以前PC高速化を自前でやって失敗した経緯があるので、
少し自粛していましたが、やっぱり遅いので、とりあえず
メモリ(RAM)を増やしたのです。
11月に入り、近所でも電飾している家がありました。寒く
なる前にうちも飾り始めないと。
PC&飾付け職人より

職人 #79D/WHSg | URL | 2006/11/03 23:41 | edit

★職人さん、もしくはかぼちゃ担当殿。
アタシ昨夜11時って何してたっけ?確かパピーの寝かせつけをしながら、そのまま気を失っていた(っちゅーか、かーかー寝てた)。ああ、そのときにアナタはまたこんなところにメッセージを…。またやられた。
今朝も、そんなことなーんにも触れず「昨夜ROM増やしといたよ。PCさくっと動くようになったから」と、にこにこ会社へ行きました。
そう、次はクリスマスです。手始めにバルコニーと玄関周りのガーランド飾り、よろしくね~。
妻より。

由里子 #79D/WHSg | URL | 2006/11/02 09:53 | edit

★petitさん、最近更新が滞っていたのに、ちゃんと見てて下さったのですね。本当にありがとうございます。
教室内でやる真似事ハロウィンではなく、「皆で仮装してパンプキンバケツを持って外へ繰り出そう!」それをたくさんの子供たちに経験させてあげたい。―それが長い間の夢でした。たくさんの人の協力があってこそ、実現した夢です。
あの世から魂が帰ってくる日、という意味では日本のお盆と一緒なのでしょうが、ご先祖様を偲んで、とか、静かな気持ちでお迎えするという意味はないですねー。やっぱりハロウィンの主役は、こどもたち、なんです。今参加してくれている子ども達も何歳までやってくれるかなー。
petitさんも、風邪にはご留意下さいね。クリスマスの時期に、また素敵な絵本のお話ができるといいです。

由里子 #79D/WHSg | URL | 2006/11/02 09:43 | edit

今までは様子を聞いていただけでしたが、今回初めて参加して、びっくりしました。
子供達の楽しい仮装、素敵な笑顔とお菓子が待っていたTrick or Treat。皆さん
とても力入れてるなあと感じました。
それから、ユリコ先生の準備も素晴らしかったと思います。ご苦労さまでした。
もうすぐクリスマス。次は何を作ろうかなぁ。
かぼちゃ&カメラ担当より

職人 #79D/WHSg | URL | 2006/11/01 23:01 | edit

無事パーティ終了お疲れさま!
ハロウィンの意味を知ったのは去年のこの時期でした。英語講師の日本のお盆と同じだよ!と言われたとき、あまりの違いに。。。となったのを思い出しました。
かぼちゃのランタン本物見たかったですね。(パーティは、家族や周りの協力があって成り立っているんですね)
次はクリスマスですか?(プレッシャーかけてるわけではないですよ)
ここ数日朝晩は寒くなってきましたので、風など引かないようにしてください。
私はインフルエンザの予防接種に行かねば!ではまた。

petit #79D/WHSg | URL | 2006/11/01 18:17 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。