子供と英語絵本のある暮らし

英語絵本がいっぱいの子供英語教室 Kashiwagi English Roomから~

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

今日旅立つ君達へ 

 

今日は小学校の卒業式。
旅立つ君達へ、たくさんの人が力強い言葉を贈っていることでしょう。
私も、君達への私の思いを、私の言葉でここに残します。

思い起こせば。
-- 続きを読む --

category: お教室日記

thread: 英語教室 - janre: 学校・教育

tb: 0   cm: 6

△top

私が選んだ「クリスマスに読みたい絵本2009」 

 

いよいよホリディシーズンですね。
この時期に読む絵本は格別。
私は1年間ずっとクリスマスに読む絵本を探しています(笑)
そしてこの時期まで温め続けた絵本、いくつか紹介しますね。
別館ブログへどうぞ。
__________________________

さてさて。

私がお教室の子ども達と絵本を読むとき、
まず、次のどちらに入るかを考えます。

A リズムや言い回しを楽しむ絵本
B とにかくストーリーに引き込む絵本
C ひとつひとつ考えながら読み進める絵本

表紙をゆっくり見て、いろいろ話し合う、くらいならいいですが、
ひとたびページを開くと、上記のA,B,Cどれに入るかで、読み進めるスピードが全然違ってきます。

タイプAは歌の絵本、詩の絵本や、お馴染みの昔話などです。
文字通りに読まなければ意味がありません。
だって、英語特有のリズムを楽しむもの。私が作ってはいけない。歌本ならもちろん歌いながら。あればCDもつけて、大いに盛り上がりたいと思います。ライミングをしないと気持ち悪い、と感じるほどの、英語のリズム感は、こういうところで育つもの。(そういえば、こんな記事書いてました)
又、「決まり文句」というのも変えてはいけません。
桃太郎の桃は「どんぶらこ、どんぶらこ」と流れてくるもの、と決まっているように、
白雪姫に出てくるお妃様は"Mirror, mirror on the wall, who is the fairest of them all?"と言うものと決まっている。fairという単語に馴染みがないからといって、most beutifulなどに変えてはいけないと思います。

タイプBの絵本を読むときも、余計な口は挟まず、一気に読むほうがよいと思っています。
絵を指差しながら、
What's this?
What color is his hat?
なんてくだらないクイズで茶々を入れると、せっかくお話の世界に入り込んでいる子ども達
「いーから、先読んでっ」
と怒ってきます。あるいは、確認されることに嫌気が差して、冷めてしまいます。
但し、お話の展開がだれるときや時間の調整がいるときは、文字通りに読まず、勝手にはしょったりすることもあります。
ストーリーが楽しめればよいのです。

タイプCの絵本。これは一ページずつ、場合によっては、一文一語に拘って読む本です。
○○(登場人物)は何を考えて、こんなことしているの?
どういう状況なんだろう?
今、○○はどういう気持ち?
そんなことを問いかけながら、読み進めるのです。
理解度を確認しているのではありません。考えて欲しいのです、深く。
このときは、もう英語には拘りません。何語でも構わない、どんどん考えてくれ!
場合によっては、私も日本語を入れます。
著者が伝えたかったことを、しっかり受け取りたいと思います。

ちょっと話は飛びますが、
私は年に何回か、小口真澄先生に英語ミュージカルの指導を受けています。
真澄先生は、一つの科白の裏にある気持ちや考え、状況などをすごく深く考えさせます。
そのシーン、あなた(=役)の立っている所の気温は?匂いは?空気は?どんな気持ち?疲れてる?お腹が空いてる?興奮してる?
真澄先生の瞳が、いい加減な答えを許さない。だから、みんな必死で考える。
(このワークショップは先生も生徒も英語のみです。)

その経験が、このタイプCの絵本の読み方に繋がっています。
__________________________

さて、今年のクリスマスに読もうと思って選んだ絵本の中に、
サンタやプレゼントは愚か、クリスマスの「ク」の字も出てこない、季節が冬ですらないものが、数冊あります。
それらは、シェアリングや、戦争の悲しさや平和への希望について描かれた絵本。
● Four Feet, Two Sandals
● A Child's Garden
です。
● A New Coat for Anna
● The Best Christmas Present in the World
● The Year of the Perfect Christmas Tree
これらは「クリスマス」が出てくる絵本ですが、やはり戦争と話が絡んでいます。
● Great Joy
これは、一人の小さな女の子の、優しい心と小さな幸せを描いた絵本。

正直、普通に読み聞かせするには、かなり難しいもの、長いものもあります。
そこを噛み砕いて、子ども達に伝えるのが私の仕事。
このクリスマスの時期にこそ、そういったテーマのことをゆっくり話したいと思うのです。
「モノがなくって、店が一軒も開いていない町中ってどんなの?」
「靴を2年も履いていないって、どんなの?」
「雪ふる街角で夜を明かす。想像できる?」
「"Great joy!"の科白がどうしても言えなかった女の子の気持ち、みんなに伝わった?」
「周りは瓦礫だらけ。何の希望もない。ただの雑草に希望を託すって、どんな状況だろう。」
そんな風に。そして、「世界平和」までを考えなくとも、自分の身近にいる人に「シェア」をすることからはじめてみる―
そうなったらいいなと思って。

子ども達、いろんなことを考えてくれるといいな。
-- 続きを読む --

category: お教室日記

tb: --   cm: 3

△top

Happy Halloween 2009 その1 

 

今年のハロウィンパーティは、10月25日(日)でした。

今年は、新型インフルエンザの影響が怖かったです。
どうぞ、中止にだけは追い込まれませんように…!
と祈り続けた、ここ数週間でした。

参加予定だった子供は33人でしたが、結局そのうち3人がご家族の感染、もしくは学級閉鎖で外出禁止という理由で、当日欠席となりました。
仮装の準備もされていたでしょうに…残念でしたね。
では、お休みになってしまった方達にも向けて、今年のハロウィンをレポートします。

お天気上々の日曜日。

第一部(?)屋内パーティーは、昨年と同じ近所の公共施設です。
30人の子供に加え、ご父兄(今年は日曜だったため、お父さんもいらっしゃって下さいました)30名弱。
総勢60人足らず。

3時開始予定。
2時半過ぎから続々と仮装姿の子ども達がやってきました。
黒いウィッチに、オレンジドレスのウィッチ。まるごとパンプキンに、バレリーナ(白鳥の湖みたいなチュチュ!)、ぶち猫、デヴィル、パイレーツ、ジャックスパロウ、スパイダーマン、バイキング、孫悟空、マジシャン、シンケンジャー…
みんな可愛くて、素敵!ご父兄の創意工夫には頭が下がります。
そうそう、アンティーク着物がご趣味のS&Sくんのお母さんは、素敵なお着物のコーデでいらして下さいました。
黒にオレンジ色のドット柄の着物、黒猫柄の半襟、蜘蛛の巣柄の帯揚げ、コウモリと黒猫の帯、そして大きな黒猫のバッグ!うーん、想像していただけますか?

で、私は、黒い中折れ帽に、借り物のエクステンション、全身白黒のコーディネートで、
「なんちゃってマイケルジャクソン?」です。
年に一度、アイシャドーをいれたメイクをする日。
ホントーは、コスプレよろしく、ゴージャスな魔女なんて、一度やってみたいんですけどねっ。

写真の撮影会の後、私が挨拶をし、早速ウォーミングアップ。
小さな子達が大好きな、"Dem Bones"です。
小口真澄先生に教えていただいたダンスなのですが、昨年
「あのダンス、DVDとか出ていないのですか? 子供がもう一度見て憶えたいと言うんです。
You Tubeでも調べたんですけど、先生のと違うって文句言うんです。」
そんなに気にいっていただけたなんて本望!
DVDは、出ておりません。

そして今年のレギュラークラスの子ども達(2年生以上)によるダンスは、
追悼マイケルジャクソン~Medley of "BAD"-"Beat It"-"Thriller"
でした。
私が編集した3曲のメドレーは、トータル3分10秒。振り、かなり難しかったと思うのです。
昨年盛り上がっていた高学年の男の子達は、今年急に「やりたくない」と言い出し、うーん…。練習は暗礁に乗り上げました。
数ヶ月前、嬉々としてやっていたくせにいきなり「そんなことやれるか」に変わってしまう。
成長期って、ホント微妙~。

最終的には、「ま、いいや。私が前で勝手に踊ってるから、適当に真似してて」で、本番を迎えることに。

でも、やっぱMJは文句なしカッコいいんですよっ。
いろんなMJを何度も何度もYou Tubeで研究した私は、一人ですっかり盛り上がっていました。
本番。
中折れ帽が私の目を隠してくれるので、ステージ(と言っても、会場の前半分)でも益々気が大きくなった私は、踊る踊る。
楽しかったです♪
なんだかんだ言いつつ踊ったみんなもそうだったのなら嬉しいし、
ま、最盛期のMJを知らない世代の子ども達が、彼の名曲に触れる一つの機会になったのなら、十分かな、と思うようになりました。

そしてストーリータイム。
今年は素語りをやめて、絵本を読むことにしました。
選んだのは、Lon Po Po。中国の赤頭巾物語、というサブタイトルがついていますが、実際話の筋は、大分違います。
東洋的な絵が美しくて怖い絵本です。
いつもの私の手。恐怖音楽のBGMをつけます。ちょっとだけ、照明も変えました。
雰囲気、雰囲気♪
子ども達は、固唾を呑んで聞いていました。

ゲームの時間。
とにかく2歳から6年生まで年齢幅が広いし、時間もそうないことから、
オーソドックスなビンゴゲームをすることにしました。
私の力作、ハロウィンビンゴカード。 
最初に「ぼく、ビンゴ!」とカードを挙げた子を見て、おもわず
「すいません…なんでうちの子なんですか」

室内パーティは1時間弱で切り上げ、4時、我が家の近所の公園に再集合します。

To Be Continued...

category: お教室日記

tb: --   cm: 0

△top

たこのレッスン 

 

水曜日は、6年生の男の子4人に、3、4年生が一人ずついる、賑やかなクラスです。
今日は、その実況中継をお届けします。

その日のテーマは、海の生き物。
取り上げた動物はタコがメインでした。

If an octopus loses an arm, a new one grows in its place.という文を読みました。
(へ、へえ・・・知らなかった・・私)
Yuくん: 「! いいこと考えた。
生きているタコを一匹(タコって、匹で数えるの?)飼って・・・」
Yoくん: 「あ! たこ焼きにするときに、足を一本切るんだ」
Yuくん: 「そう。少し待って、伸びたら、今度は刺身にしてさ」
Sくん: 「すっげー。永遠にタコが食べられるじゃん」
みんな: 「すっごーい…」全員感心。(含む・私)
Kくん: 「でもね、切り落としたときに変異が起きて、そこから二本生えてくることもあるんだよ」
私: Really? It'll get more and more and more and more arms?
I can’t believe it!
Everybody knows that an octopus has eight arms!
Should be just eight!
Kくん: 「8本って限らないって。オレがテレビで観たタコはすごい年寄りで、約98本(ここに「約」をつける意味が分からない)足があったよ。」
私: 「ええ~。ほんとぉ~?うそでしょぉ~?」
Kくん: 「ホントホント(にやり)」

・・・まったく。それが本当なのか、私が騙されているのか。

The octopus has two large eyes. (本には、本当にグロテスクな目のどアップが~)
3年生くん: 「あ、ボクこんな写真持っているよ!」
と取り出したるは、映画Pirates of the Caribbean - Dead Man’s Chestの絵本。
急いでタコ坊主を探し、私の本と並べてみる。
3年生くん: 「ほらっ!」
鼻を膨らませて得意気です。
6年生がまた、特殊メークがどうたらこうたらと脱線しそうになったので、タコの話に引き戻します。

Octopuses eat crabs, lobsters, clams and snails(この場合はでんでん虫ではなく、巻貝のことだそうです). Many sea animals eat octopuses.
ワークシートに、What do octopuses eat?という質問があったので、カニ、エビ、カイ…と、ある子は英語で、ある子は日本語で書き込みます。そして
「結構グルメだね」 「タコって贅沢~」
そんな会話をする。私は「…?」

The octopus can be big.
The octopus can be small.
The biggest octopus is more than twenty feet across.

20フィート?
私: 「How long is “twenty feet” in meters?
You know one foot is about 30 centimeters. So…
ここで計算タイム。1foot=30cmで計算したら…30cm*20feet=600cm・・・・6メートル。
先生の身長が150センチとするとその4倍ね。
みんな: 「・・・」
なんなの、その沈黙は。
The smallest octopus is less than one inch across.
私: 「One inch across….Maybe….this size.」
と、指を2,3センチほど広げてみせます。
その写真のタコちゃんが、それはそれは可愛らしい♪ そしたら
Sくん: 「あ、そのタコってさあ」
Yoくん: 「あ!タコ焼き!」
Sくん: 「そう!一匹丸ごと一個に入れられる!」
大笑いです。

この日新しく覚えた単語はtentacle(触手)とsucker(吸盤)でした。

そうそう、脱線しているうちにstargfish(ヒトデ)の記事も読むことになりました。
Many starfish have five arms pointing out from their body.
Starfish have rows of tiny tube-shaped feet along their arms. These tube feet help starfish move and get food.

そして頭の中で想像し始めました。
自分が寝転がって、腕が5本、本体から突き出している様を。
腕には小さな足がたくさんついていて、寝転がったまま移動するってこと…?
「なんじゃ、それは~!!!!」
またまたみんな、そこから笑いが止まりません。

読んであげている絵本はもちろんすべて英語。
「意味不明」が続いて彼らのストレスがたまらない程度に、日本語の解説を入れてあげるときもあります。訳ではなく、そのページでどんなことを言っているか、という解説です。
私は出来るだけ英語で話そうとしていますが、彼らの日本語が強くてつられてしまうこともあります。自然に任せています。
彼らが英語で返して来ることは、ほとんどありません。
それからoctopus=タコ、arm=腕、ぐらいの単語を日本語にすることは出来ますが、ifという単語の意味を訳すことは出来ないと思います。

でも、
If an octopus loses an arm, a new one grows in its place.
という英文を聞いて、訳す前に「反応」してくる。
私が"Just eight!"と言えば、
それも訳す前に、即座に反論してくる。
5本の腕にたくさんの足が生えていて・…
そんなわけの分からない世界を、英語で想像して笑う。
これこそが、彼らの力と思っています。
そして、彼らの生き生きしている目が、私は大好きです。

小学1年生の頃から来ている子たちです。
毎週背競べを挑んでくるのですが、二人の子に少し前抜かされました。
ちょっと小柄な子が
「大丈夫。ぼくはまだ先生より小さいから。」
と慰めてくれました。
優しい~。でもキミだって、時間の問題で私を抜いていくのよ、もうすぐ。
-- 続きを読む --

category: お教室日記

tb: --   cm: 7

△top

懲りない面々の"I Have a Dream!" 

 

はい、懲りない面々、又今年もクリスマスパーティーでマジックショーをやると、最初から(去年のクリスマスパーティーの直後から?!)張り切ってました。
クリスマスパーティーのことはこちらでどうぞ。

「先生、水素、ない?」
「はいっ?」
「火をつけると、ぼんっって爆発ロケットするんだよ。そういうマジックやってあげる。」
水素なんぞ、我が家に常備してございませんっ。

「じゃあ、大きなダンボールない?」
「はいっ?」
「先生が入るぐらいの。で、オレが先生を消すの。」
消さないでくれ。

「先生、これ、すごいよ。大噴火が起こるんだ」
家から、全ての道具を完璧に準備してきた彼。
キミはえらい。
正座して、洗面器の中においたコップにコーラを注ぐ。
「ここに、謎の物体を入れると…」
メントス・キャンディをぽとっといれる。
洗面器の中で寂しそうにしている紙コップを、
円座しているみんな(含・私)、頭を突っ込んで黙って見守る。
…ふつうに、しゅわしゅわしゅわしゅわしゅわ…小さな泡が立って、

…終った。

…しーん…

「あ、このコーラね、炭酸抜けたんだよ」
飲んでみると、びっくりするほどまずいコーラだった。

でも、視覚的に訴えるものがなければ、マジックショーにはならなーいっ!

まったく可愛い子たちです。
悪いけど今年はこのマジックショー、前座にさせてもらうわね。

ここからが本題です。

11月に初の黒人大統領の就任が決まり、アフリカン・アメリカンの人たちが受けてきた苦しみの歴史を紐解く機会を持ちました。
こんな本を子供たちに読んであげています。(別館ブログでご紹介しています)
本Henry's Freedom Box
本From Slave Ship to Freedom Road
本Martin's Big Words

子ども達の心の中に、何が残ったでしょう?
深くは追求しません。

そして発表会では、キング牧師の有名な演説”I Have a Dream”の一説を、みんなで暗誦することにしました。

「私には夢がある。
この地、アラバマで、
黒人の男の子と女の子が
白人の男の子、女の子と
きょうだいのように、
しっかりと手を繋ぐ日が
必ずやってくる、と。」

キング牧師が、どんな思いで、この言葉を人々に投げ掛けたかわかるよね。
見栄えを良くするために、きちんと発表するのではないんだよ。
君達の中に、人へ伝えたい思いがあるのなら、
それを伝えるために、精一杯の発表をしなさい。
二本足で、しっかり地面を踏んで。
4人で呼吸を合わせるの。
「せーの」じゃない。仲間のエネルギーと空気を感じて。

私も、心を尽くして、彼らに伝えました。
4人のワンパク坊主達、もうふざけたりはしません。
真剣です。

そして…

THEY DID IT.

私の心に、彼らの言葉が響いてきました。
私は、体が震えるほど、感動しました。
彼らは、二本足でしっかり立てる子ども達です。
(そうでない子どもたちの話を、別の機会にしたいと思います)

発表会本番でも、立派に出来ました。
彼らから私への、ステキなクリスマスプレゼントだった。

ちなみに、この暗誦メソッドは、マーブルスの小口真澄先生からご指導を受けています。
この場を借りて、お礼申し上げます。
-- 続きを読む --

category: お教室日記

tb: --   cm: 0

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。